土偶さん、ツリーハウスよりも面白いもの見~つけた!

9月17日、台風18号襲来前に「トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所 臨戦態勢」ネタを配信してから稿房通信を10日以上も休稿としてしまった。台風被害によって配信不能となったわけではなく、銀行アナリストとしての創作意欲を刺激される「最高の素材(ネタ)」に出会い、そのデータベース構築と分析作業に、この間、熱中していたからだ。

正直なところ、土偶さん、ツリーハウスなどよりも(現時点では)全然面白いと感じる! 2016年前半、FinTechに知的好奇心を刺激され、その深みにドップリと嵌まってしまった時に匹敵する程の興奮を覚えた。その素材は「議決権行使結果の個別開示情報」である。

「議決権行使結果の個別開示情報」は、銀行アナリストとしての知的好奇心を大いに刺激してくれた。「宝の山」であり、ガバナンス構造改革の進展を再認識させられた。

7月下旬からパラパラと始まった2017年6月開催の株主総会に対する議決権行使状況の開示については、その存在を意識はしていたものの講演活動が多忙で分析までに手が回らなかった。銀行に関する新たな公開情報が提供された場合、遅くとも3ヵ月以内にデータベースと分析の枠組を構築し、その後は継続的にメインテナンスしていくというのが弊社(と言うか私)の基本方針である。

「議決権行使結果の個別開示」については、10月末を目途と考えていたのだが、台風18号襲来の日に、ちょうど暇だったので「信託銀行開示分」から着手。某信託はExcelのワークシートでデータを開示してくれたので、それを基本の枠組として活用。丸1日掛けて、独自のデータベースのフォーマットを作成した。

ちなみに2017年3月末の銀行セクター全体の普通株式の保有比率は、第1位が「外国人」の26.6%、第2位が「事業法人・その他の法人」の25.5%、これに次ぐのが第3位「信託銀行」の19.5%だ(信託銀行保有分の内、投資信託が4.6%、年金信託が1.4%、指定単その他が13.5%となっている)。したがって、存在感の大きい信託銀行のデータベース化から着手するのは合理的なのである。そして、データベースフォーマット作成以降は、自然の成り行きでデータの整理・分析に作業に熱中してしまった。

2017年6月開催の株主総会において、上場銀行・持株会社が提案した議案数(会社側提案のみ)は1,171。これに対しての、まずは信託4行(三井住友信託・三菱UFJ信託・みずほ信託・りそな銀行)の議決権行使状況(賛成・反対)を色分けして一覧表にし、特記事項(理由等)を加えた。この段階で、4行合算の反対議案数が434に達した事に驚く(事前には、4行合わせても200に満たないだろうと思っていた)。対象議案数に対する反対票比率は9.8%だ!

こうなると、どんな銀行のどんな議案が「反対(No)票」を投じられたかに興味が湧くのは当然である、そこで、全行の「株主総会招集通知」をダウンロードしてデータベース化。さらに個別議案と信託銀行の議決権行使(賛成 or 反対)の突き合わせ作業を行った。項目別では「取締役選任」に係る反対が圧倒的に多い。個別行では、4行すべてから何らかの反対票を投じられ、総議案の半数近くまでを反対とされた銀行もある。これが「個別開示情報」分析の醍醐味である。

信託銀行の「物言う株主化」は、私の事前の想定を上回っており「ガバナンス構造改革」が着実に進んでいる事を再認識。やはり「個別開示」の意義は極めて大きいと実感した。さらに興味を覚えたので「世の中お騒がせ企業」に対する議決権行使状況にまで手を伸ばしてしまった(こうなると完全に脱線)。

勿論、データの整理・分析は、講演や東京でのお仕事があるので、その隙間時間を使って作業を続けた。そして、昨晩、とりあえずは信託4行を対象とした分析の枠組とプレゼン用資料が完成\(^o^)/ これからは、主要な投資顧問会社や保険会社等の個別開示状況を加えるという「楽な作業」に移行。保険会社は非開示の先が多そうなので、まあノンビリと取り組めばよいと考えている。

こんな具合に「世の中の大いなる変化」を実感できると、「飽き気味」であった本業に対する意欲が一気に回復してくる。今年の10月末で弊社は設立から丸5年、12月末には開業丸5年となる。新しいビジネスサイトの立ち上げは多忙ゆえに「放置状態」にあったが、当分は趣味サイトである「稿房通信」の方を手抜きして、本業の方に時間と資源を集中しようかなとも考えている。まあ、明日になればまた気が変わるかもしれないが…

「伊達と酔狂」でやる仕事とは、そういうモノなのである!

トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所 臨戦態勢へ!

昨日からほぼ2週間ぶりに八ヶ岳オフィスに滞在している。ポストは郵便物で半分程埋まっていたが、幸い今回は緊急の郵便物はなかったので一安心。でも2週間オフィスを離れるのは、やっぱりちょっと無謀である。

この滞在期間中は、台風18号の襲来と見事に被りそうなので、トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所をフル稼働させて、様々なデータを収集せねばならない。昨日は、観測機器のWi-Fi接続状況やバッテリーの消耗具合を確認。室外気温・気圧観測計と風速・風向計が少なくなっていたので新しい電池に替えた。これで気象観測に対する備えは万全だ!

これまで稿房通信で何回か、私が川崎自宅や出張先から、スマホで八ヶ岳オフィス周辺の気象状況を確認する画面を紹介してきた(http://triglav-research.com/?p=15627 等)。トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所は『Netatmo』の観測機器ですべてを構築している。

その第1目的は、世界中どこにいても八ヶ岳オフィスの室内・室外の様子を確認出来る状態を確保することにあるのだが、実は、もうひとつ大きな役割がある。インターネットを通じて、世界中に設置されたNetatmo機器が観測している数値をほぼリアルタイムでモニターする事だ。

Netatmo weather stationは、室内の状況をモニターする親機と外気温等をモニターする子機(ワイヤレスモジュール)から構成されている。そして親機の位置情報をもとにweather stationの設置箇所を地図上に表示し、子機が観測する外気温、湿度、気圧を時系列でグラフ表示してくれる。さらに当日を含めて5日間の天気予報も示すのだ。

地図上で興味のある地域のstationをクリックすれば、正に、ピンポイントでこれら3項目の情報を無料で得る事が出来る(必要なのは機器購入代のみ)超スグレモノである。ちなみに、下記は、今日の午前6時頃の関東・中部地区の一部分の気温を示した簡略マップである(マップの縮尺を調整すれば、もっと多くのstationが表示される)。

トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所をセンターにした広域マップ。実際のNetatmo stationの台数はもっと多い(縮尺の関係で簡略表示されている)。IoTの進化と社会生活への定着が進んでいる事を実感。同時に我がオフィスの涼しさ(もう寒さかな?)にも驚く。右下の気温に応じた配色もわかりやすいなぁ….

中央の青い六角形で囲まれたのが(印は私が付した)、トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所のデータである。外気温は12℃。川崎自宅に近い「町田」設置のstationは21℃を示しているので、車で2時間も要しない場所であるにもかかわらず9℃も温度差があるのが確認できる。地図が表示する中には10℃のstationが1カ所あるが、オフィスの所在する八ヶ岳西麓はそこに次いで低気温となっている(今日なんてちょっと肌寒い!)。

北海道や東北と比べたらどうかなと思って、それぞれのエリアのマップを表示してみた。やっぱり北海道は寒い。北部には、既に気温10℃以下のstationがゴロゴロある。役員慰安旅行で訪れたばかりの札幌は? オイオイ、14~15℃で八ヶ岳より暖かいじゃないか…あっ、富良野がちょうど同じ位の気温だ。お花畑周辺は確かに八ヶ岳と似たような気候だったな。函館は17℃とやっぱり暖かいなぁ。

北海道と東北の簡略マップ。やっぱり北海道の北部は八ヶ岳より気温が低いんだな… 同じような気温は、富良野と青森、そして岩手の北部辺りだ。八ヶ岳オフィスは自宅から車で2時間弱の距離なのに、気温は富良野と同じ。やっぱり標高1,300mってのは特殊な環境なんだな。

あれっ、東北は八ヶ岳西麓より全然気温が高いぞ。でも、青森と岩手北部がちょうど同じ位だ。「土偶さんの宝庫」である北海道・青森・岩手は、やっぱり八ヶ岳と気温が近いんだな…なんて具合に、Netatmoのマップだけで、結構、私の好奇心を満たしてくれるのだ。

さらに、我が気象観測所のように、雨量計、風速・風向計も設置してあるstationは、機器別にそれぞれ別マップで表示され、雨量、風速・風向の時系列変化も観測できる。台風が気になったので、午前8時過ぎに、沖縄と鹿児島に設置されている風速計をいくつかポチッとしてみた。沖縄の1台では風速31m、鹿児島の別の機器ではもう24mが記録されていた。

トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所もフル装備の状況で観測データを送り続けるので、Netatmoユーザーの皆さん、どうぞご活用下さい。最後に、台風18号の被害が大きくならない事を心より祈りたい。

あっ忘れてた。Netatmoは、風速・風向計、雨量計を含めたフル装備状態でも¥43,634(Amazon)で、気象観測ユニットを揃える事が出来る。MEGA DISASTERの脅威が日常化する今日、私は「本当に安い買い物」だと思う!

【オフィス・セルフビルド回顧録】室内 天井・床工事 忍耐編《4~6日目》—配信のお知らせ

2013年9月当時の私のスケジュール表を見てみたら、平日は講演の予定がギッシリで全国を飛び回っていた。そして、週末はTeam Triglavのログビルダーに変身。足繁く八ヶ岳オフィスに通って朝から晩まで作業に没頭。「あの頃はいつ休んでいたのだろうか?」と不思議に思った。

当然、旧銀行業界鳥瞰図の配信を減らしていたはずだと信じて、セルフビルド期間中配信本数を確認。結果は、7月26本→8月15本→9月16本と予想通り8月、9月は急減していた(でも年間配信本数33本の2016年と比べれば立派である)。そして、驚いた事に、その後は、10月33本→11月26本→12月24本と高水準の配信が続くのだ。

「ゴーストライターでもいたのか?(勿論、そんなのはいない)」と思える位、当時は『銀行業界鳥瞰図』配信にも熱心だったようなのだが、もう随分と昔の事なのでよく覚えていない。

さて、Team Triglavが、2013年9月14日~16日の3連休に取り組んだのが「天井板貼り」である。ログ壁立ち上げ作業の最終日に「名誉の指骨折」をしてしまったKちゃんが傷が癒えて復活参戦。私、Tさん、Kちゃん、三男E介の男4人を中心に、これまた「華のない地味な作業」を2日半延々と続けた。

その結果、16日のお昼過ぎに天井板貼り作業はすべて無事に完了!翌週からは「床板貼り」作業に移行できる事となった\(^o^)/

16日の12時半過ぎにすべての天井板貼りが無事に完了。前日の15日に、ロフト部分の半分程を残すところまで一気に作業を進めたため、何とか次の週末まで持ち越さずに済んだのだ!

室内 天井・床工事 忍耐編《4~6日目》の詳細は、こちらをご覧下さい → http://triglav-research.com/?page_id=19628

樹の家への途(番外編)@白老ポロトコタン

ツリーハウスへの憧れや想いは日に日に募っている。縄文土偶探訪のように「見て感動する」といった受動的な興味ではなく、八ヶ岳の建設予定地にどんなツリーハウスを自分の手で建てようかという極めて「能動的な欲求」である。

これまで見学した計9軒のツリーハウスは、それらの造形(外見の美)を楽しむだけで、どれも中に入る事は出来なかった。そのため、実際にツリーハウスを建築するための知見を得るという観点からは、ほとんど成果は無し。何事も目的適合性に重きを置く私は「見て楽しむためだけにツリーハウスを訪問するのは意味がない!」という結論に早々と至ったのである。そんなわけで、今回の役員慰安旅行については、ツリーハウス関連の予定はまったく組まなかった。

だが、旅行3日目(9月8日)に「白老ポロトコタン アイヌ民族博物館」を訪れた際に、ちょっと心惹かれる構造物に偶然出会ってしまったのだ。敷地内に建てられていた「プ(食料庫)」「ヘペレセツ(熊檻)」である。遠目に見た時は、「ん? 低い位置にあるツリーハウスか?」と思った。

向かって右側が食料庫の「プ」、左側が熊の檻となる「ヘペレセツ」である。遠目に見た時は、低い位置に2軒のツリーハウスが並んでいるのかと思った。実際は、4本のカットした丸太を足(基礎)とする「高床式構造物」であった。

近付くと、4本の丸太を足とした「高床式構造物」である事がわかった。ツリーハウスの「定義」は様々だが、一般的には「生きた樹木を建築上の基礎として活用する構造物(人用の家屋)」とされている。色々な文献を調べてみると、この「生きた樹木」という部分が重要であるらしい。

「プ」も「ヘペレセツ」も丸太をカットして基礎としているので、この定義に照らし合わせればツリーハウスではない。これまでに見学した中では「空飛ぶ泥舟http://triglav-research.com/?p=18772)」もツリーハウスには該当しない事になる。

でも、私からすれば「定義」なんて実はあまり重要ではない。要は、建設予定地である約100坪の三角地の樹木を上手く活かして、お洒落な小屋を建てる事が出来れば良いのだ。そして、その中でノンビリと読書や昼寝が出来て、ちょっと高い位置から八ヶ岳本宅&オフィス敷地内を珈琲でも飲みながら眺める事が出来れば大満足である。

本宅とオフィスという2軒のログハウスを構えているので、寝泊まりする気などは毛頭ない。「ゲゲゲの鬼太郎の家(ゲゲゲハウス?)をシンプルにした茶室みたいなのがいいなぁ~」なんて事を考えていたので、高床式構造物とは言え、ツリーハウスの趣を漂わせた「プ」と「ヘペレセツ」の清々しいシンプルさにグッときたのである。

「プ」の外観。ゲゲゲの鬼太郎の家をさらにシンプルにしたイメージ。近付いて構造をジックリと観察する事が出来た。

ゲゲゲハウスに似たのは「プ」の方であるが、「ヘペレセツ」の方も単純で力強い造形に心惹かれる。ヘペレセツのように隙間のある外壁を4X4材や2X6材等で六角形に組んで行くとお洒落かなぁ…などと思わずイメージしてしまった。

こちらは熊の檻となる「ヘペレセツ」。武骨で荒々しいが、私はお洒落だと感じた。だが、私がこの中にいたら、社主さまは「性格の悪い熊が檻に閉じ込められている」と言ってからかうに違いない!

ん? 隙間のある外郭。そうか、小諸ツリーハウスプロジェクトのお気に入りである『間』もそんな構造だったな。ヘペレセツの「武骨な荒々しさ」に対して、『間』は「洗練された優雅さ」が魅力だが、建物としての根っこの部分には同じような思想があるように感じる。

こちらは小諸ツリーハウスプロジェクトにおけるお気に入りの『間』である。スマートで洗練された本当に美しい造形だ。ヘベレセツとは対極的なツリーハウスであるが「隙間の美」という意味では、相通ずるモノがある。

トリグラフ・リサーチのツリーハウスも「隙間の美学」に挑戦しようかな… 業務多忙でツリーハウスの建築に時間を割く余裕などないのだが、こんな具合に構想だけは着々と進んで行く。

【縄文土偶探訪記 Season 5 Vol.5】 函館市縄文文化交流センター(北海道)[再訪]配信のお知らせ

バーゼル規制ではないが、物事を「3つの柱」みたいな感じでまとめるのはお洒落である。そもそも弊社の社名の由来である「トリグラフ(Triglav)」は3つの山(或いは神)をその由来としている。

私が2回、合わせて11年以上勤務した野村證券には「これから3つのポイントを話します!」なんて歯切れの良い事を言っておきながら、後で数えたら4つあったなんて類の超テキトーなオッサンが、かつてはゴロゴロしていた(現在の事は知らない)。でも私の場合は、3つと言えば必ず3つだ(自慢するほどのことではないが…)。

今回の役員慰安旅行に関して言えば「3つの目的」があった。①仕事にすっかり飽きてしまった社長のリフレッシュ ②アイヌ文化について学ぶ そして、③国宝土偶「かっくうちゃん」との2回目のご対面を果たす–である。役員慰安旅行の3日目となる9月8日は、この2つめと3つめの目的を成就するために、午前中には「白老ポロトコタン アイヌ民族博物館」、午後には『函館市縄文文化交流センター』を訪問。

縄文文化交流センターでは、予期せぬ『縄文土偶サミット』が開催中であり、レプリカではあったものの「国宝土偶さん5体」が同じ展示スペースに1列に並ぶお姿を堪能する事が出来たのだ。正に「嬉しい誤算」であった。

かっくうちゃんのアップ写真。胸から頭部に掛けて、細やかな装飾が施されており、全体の神々しい雰囲気に圧倒された後、細部の造形の美しさも堪能できる。やはり「国宝土偶」さんの美しさは圧倒的だ!

かっくうちゃんの厳かで神々しいお姿満載の【縄文土偶探訪記 Season 5 Vol.5】 函館市縄文文化交流センター(北海道)[再訪]は、こちらをご覧下さい→ http://triglav-research.com/?page_id=19675

それにしても、今回の役員慰安旅行は天候を含めて色々な意味で「ツキがあった」。最初に訪問した「札幌市埋蔵文化財センター」は閉館中だったものの、その代わりに急遽訪問する事となった「北海道博物館」で得た収穫は、アイヌ文化と縄文土偶さんの新たな情報を得るという意味で極めて大きかった。

宿泊した3つのホテルの内、2つのホテルは無償で部屋をアップグレード。さらに、レンタカーも普通のガソリン車のリッターカーを予約したにもかかわらず、追加料金一切無しで「日産ノートのe-Power」を手配してくれたのだ。ホテルもレンタカーも、こちらからは一切要望しないアップグレードだったので、ちょっと無気味な位だった…

そして、改めて驚いたのがノート e-Powerの燃費である。今回の総走向距離は806km、返却前の給油量はレギュラーで36.56ℓだったので、リッター当たり実に22km以上走行した事になる。

今回の役員慰安旅行のレンタカー「日産ノート e-Power」。これまで燃費にこだわって車を選んだ事など無かったが、さすがに リッター22km以上で走ったのには驚いた。

弊社の社用車(社長専用車)は、お馴染み Land Rover Discovery 4(D4)で、社主さまは個人で 三菱 PAJERO MINIを愛車としている。そう、社主、社長共に「4駆RV」派である。自分の好み(趣味)の車に乗る事をモットーとしているので、これまで燃費など気にした事はなかった(特に排気量5,000cc、車重2.5t超のD4のJAGUAR製V8エンジンはハイオクをガブ飲みする)。

だが、さすがに今回のノート e-Powerの燃費を目の当たりにすると、ちょっと複雑な心境になった。折りしも、世の中は「HVを通り越してEVシフト」が一気に鮮明になっている。次に購入するのは「EVのRVかな…」なんて事を思わず考えてしまった。