Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

異変! 窓をあけてもキミがいない…

私がこの前の日曜日(12日)に、完全に冬支度を終えた途端に、八ヶ岳西麓 富士見高原に本格的な寒さが襲来した。 昨日の未明には、オフィスウッドデッキに設置した外気温湿度モニターは氷点下4.9℃を記録。 正に「八ヶ岳の冬」の…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

八ヶ岳「冬靴」に感じる喪失感 —所詮、Que Sera, Sera…

今日は八ヶ岳オフィスで終日、デスクワークの1日。 朝の天気予報で上田地域に「大雪警報」なんて報じられたので、ちょっとビックリ。 「八ヶ岳 富士見高原も今年2回目の積雪か?」と身構えたのだが、午前中、ちょっと雪がパラついた…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】

八ヶ岳ライフ — 小心者の朝、忠犬の昼、小鉢男の夕べ

今日の八ヶ岳西麓 富士見高原は朝から雨。と言うか、昨日、ブロア作業を終えた直後から雨が降り始めたのである。 正に絶妙なタイミングでの「短期決戦勝利」だった。 今日からは、完全な「仕事優先モード」に復帰となる。 仕事柄、毎…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自宅にて】

珍しく「父親目線」の日 — 大地震が近いのかもしれないな…

自宅&東京での「慌ただしい1週間」を終えて、今日は八ヶ岳オフィスへの出社日である。 この1週間は、木曜日と金曜日に予定していなかった至急対応案件が舞い込んで、結果的に週後半は自宅書斎でのデスクワークに終始した。 そして昨…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自宅にて】

徒歩3分の風景変化 — 変わる「自宅周辺」と 変わらない「八ヶ岳」

最近、無意識の内に「コロナ禍」前と現在で、何が変わったかを比較している事が多い。 これが結構有意義で、その結果、「社会構造の変化」のようなものを実感する事も少なくない。 また、その変化が「不可逆的」であるか否かを予想する…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【焚き火道】 【自宅にて】

自宅でも『焚き火』に癒やされる — 『魂のタキ火』の映像美に酔う!

「焚き火」は、私と社主さま(家内)にとって欠かす事の出来ない「八ヶ岳でしか出来ない楽しみ」である。 冬場になるとこれに「薪ストーブ」が加わる。 「八ヶ岳ライフ」における「インプリンティング」の典型だと思うが「テラスで焚き…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【我が友D4】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】

「デュアル・ライフ」を楽しむ2つのコツ—「TWIN LAND」と「うさぎ」の日

例年、6月と12月の月初は、決算分析山籠もり期間の「折り返し地点」である。 今シーズンは、入力を終えたデータを自宅で分析するという作業を進めつつ、東京での講演等に対応する日々が続いている。 10日には、金融誌と握ってしま…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】

八ヶ岳界隈市町村の「財政健全度」を知る! — RESAS活用のススメ

私は仕事柄、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局が運営・提供する「RESAS(地域経済分析システム)」を頻繁に利用する。 我が社のお客様である「地域銀行」の分析をする際に、経営地盤である地元経済に関する様々なデータを…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自宅にて】

「金バッジ」の誘惑—オミクロンとシマフクロウの与太話

今度は「オミクロン株」か… 改めて、コロナ(SARS-CoV-2)って本当にしたたかで手強いなと感じる。 私は、10月下旬からの「ミュー株」の感染拡大を予想していたので、今回は読みが見事にハズレた。 もっとも…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】

人とモノ「耐用年数」って何だろう?

八ヶ岳オフィスの広さは40㎡(約24畳)、これに対して自宅書斎は10㎡弱(約6畳)なので、仕事をする際の開放感には雲泥の差がある。 デスクの長さ(幅)もオフィスが約4mあるのに対して、書斎は2m弱なので、デスクワークの機…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳効果かな? 還暦を迎えて「視力」回復

我が家には3人の息子がいる。 この内、三男は新百合ヶ丘の自宅から歩いて5~6分の場所に、お嫁さんと暮らしている。 先日、我が家に遊びに来た時に面白い話をしてくれた。 「運転免許更新時のあるある話」のひとつだった。 ご高齢…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳ライフを楽しむための諸原則—「動ける嫁 最強の原則」

今でも時々、「田舎暮らしのスローライフ」なんて類のタイトルを付した本や雑誌をAmazonで見かける。 その度に「嘘臭い、薄っぺらな内容」だろうなと予測する。 私の八ヶ岳ライフなんて、20年以上前にスタートした時点から「ス…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【我が友D4】 【森での暮らしの作法】

いつもと違う「八ヶ岳出社風景」— クロカン4WD好きな夫婦の2台の車

今日は10日ぶりの八ヶ岳オフィス出社日であると同時に、「決算分析山籠もり期間」の初日である。 1年の内、5月と11月の中旬からの1ヵ月程の間は、ひたすら決算分析作業に集中する最も多忙な時期となる。 週末の中央道の渋滞に巻…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自宅にて】

亡き愛犬を思う日

う~ん、仕事が一段と忙しくなって、さすがに『八ヶ岳稿房』にまで手が回らなくなってきたぞ! 中間決算発表をした銀行の数は、一昨日が12行、昨日は11行、今日は1.2.3… エッ、36行もあるじゃないか (°0°…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自宅にて】

勝負の日

今日は「人間ドック」の日だ。 今年はコロナ禍の関係で2回のリスケを当方都合でお願いしたために、昨年6月の前回から1年5ヵ月も間隔が空いてしまった。 その点、ちょっと気掛かりだった。 通常は2日間のコースなのだが、今年の大…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】

苦行の日

八ヶ岳オフィスであろうが、自宅であろうが、忙しくて慌ただしい事には変わりはない。 朝イチの〆切りであった金融誌の原稿を9時前にメールで送って、ちょっと一息。 別に、忙しい事は嫌いではなく、何もせずにノンビリと時間を浪費し…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

「たかがゴミ出し、されどゴミ出し」—富士見町「ゴミ分別収集てびき改訂版」を楽しく読む!

コロナ禍関連のマスコミ報道が減りつつある中、それに代わって「環境・資源関連」の様々なテーマが脚光を浴びつつある。 NHKが2016年秋から放送した「MEGA CRISIS」は「異常気象」⇒「スーパー台風」⇒「未知のウィル…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

冬への備えがさらに1歩前進—「地震予知精度」にも感動した日

今年も早11月。「光陰矢の如し」とか「烏兎匆匆」って言葉が頭に浮かぶような日々が続いている。 月初は、先月末のデータでアップデートせなばならない資料が山のようにあるので、大袈裟でなく分刻みの予定を組んで仕事に取り組む1日…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】

『官度の差』も知る!—私を苛つかせる「ある場所(鬼門)」

私は自分に対して厳しいし、おそらくはその4~5倍は他人に対して厳しい性格であるが、狂犬が如く、何から何まで噛みついて、不平不満を叫ぶような事は決してしない。 ルールを守らない人間やだらしない人間は大嫌いだが、そんな人達と…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

小淵沢駅展望スペースにて—たまに眺める山々…

八ヶ岳の拠点を本社とする自分の会社を設立したのが2012年11月1日だったので、来週の月曜日から早、設立後10年度目を迎える事になる。 会社設立後1~2年は「トリグラフ」という社名について、その由来を問われる事が多かった…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】

八ヶ岳の食生活—おデブちゃんの新しい仲間達

子供の頃から何事にも「凝り性」なので、何か新しい事を始める場合には、徹底的な事前調査をする。 その上で「形」から入って行く。 前回、旧トリグラフ流ダイエットを始める際には、体組成や運動量をライフログ的に記録できる様々なグ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】

八ヶ岳 今日もとっても良い日—「黄泉がえり」と「80kg割れ達成」

朝の7時過ぎにオフィスのデスク前のブラインドを上げたら、そこには、漸く紅葉が始まりかけた庭の木々と八ヶ岳ブルーの空が広がっていた。 しかしまあ、昨日とは見事な位の変わり様だな… 仕事が忙しい事は今日も変わりは…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】

冷たい雨の八ヶ岳—寒くて痛くて忙しい1日

昨日の快晴がまるで幻であったかのように、今日の八ヶ岳西麓富士見高原は、終日、冷たい雨の1日となった。 オフィスウッドデッキに設置した温湿度モニターの記録をNoteくんで確認したら、寒いわけである。 午前2時前に外気温は4…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自宅にて】

『民度の差』を知る—長野県が6年連続でダントツの日本一となったある統計

私にとって、新百合ヶ丘の「自宅」ではないと出来ない事は、まだまだ少なくない。 「整体」と「床屋」通いなんてのは、その最たる例で、東京での講演活動がある際には、その隙間時間を上手く使って、事前にしっかり予約を入れておく。 …

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】

「富士山」に願いを…

日本の南「小笠原諸島」で火山の噴火が相次いでいる中、今日になって今度は「阿蘇山」の噴火か… 地震だけでなく、TVドラマ「日本沈没」の放送に合わせるかのように、日本列島が鳴動し始めている気がするのは、私だけだろ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

「飽食」って言葉は大嫌いだ!— 八ヶ岳で始める「新たな食生活」

生まれてからこれまで60年の人生で、自分は一体何冊の本を読んだろうかと、ふと思うことがある。 大まかな推定方法も考えてみたのだが、簡単ではなかったので諦めた。 好きな本を10冊示せと言われれば、2~3分あったら絞り込める…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】

大食漢ではないおデブちゃんの新たな挑戦—まずは「ZEROの季節」復活!

今日は「雨の日曜日」か… ちょうどいいや、会社関係の領収書の整理をしちゃおうか。 領収書と言っても、経費はほとんどが法人クレジットカードでの決済なので、手許にあるレシートはタクシーとガソリン代だけである。 対…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】

富士見高原を選んだ邪な理由—「日本沈没」に学ぶ

私は、放送前からTVドラマを楽しみにする事なんて滅多に無いのだが、昨日からSBC信越放送(自宅だったらTBS)で放送の始まった『日本沈没 希望の人』を本当に心待ちにしていた。 尊敬する故「小松左京」先生の原作は勿論の事、…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自然・生物との語らい】

富士見町ミステリーゾーン—稗之底村址、クーナの墓場、謎の49番トンネルとカラス、そして旧立場川橋梁…

当初、八ヶ岳~南房総往復600kmの旅は1泊2日で終えるプランを組んでいた。 南房総からの帰路は、自宅で色々と所用のある社主さまを新百合ヶ丘に送り届けて、私はそのまま八ヶ岳オフィスに出社するつもりだったのだが、さすがにち…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】

2週間ぶりの「八ヶ岳の朝」— 自宅での Mission complete!

昨晩の午後10時過ぎに、ちょうど2週間となった自宅滞在を終えて八ヶ岳オフィスに出社した。 昨日の午後3時前には、今回の自宅滞在期間中のために作成したタスクリストの全項目の消し込み作業を完了。 気分は爽快だった。 実際は、…