Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「御柱」に導かれて—そうだ「乙事諏訪神社」に行こう!

今日は軽い昼食を終えた後、久し振りに大好きな「平原綾香」さまのコンサートBlu-rayをBGVに流しながら仕事をしようと思い付いた。 そこで、オフィスロフト書棚の「綾香さまコーナー」に並んでいた1つのケースを手に取った。…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

還暦直前オジさんのお使い—ご褒美は「原村CAFE」でモーニング!

今日は、社主さまは朝から「富士見高原病院」へ。 代表取締役である私は、社命でトウモロコシや新蕎麦の配送業務を担当する事になった。 「配送業務」と言っても、たてしな自由農園の原村店でトウモロコシを買って、昨日購入した新蕎麦…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「葛窪東の出口」でコロナ祓いだ!—どんと来い、ミュー株

我が社は「戒厳令下」と言えども、食材の買い出しやその他の所用等もあるので、敷地内から1歩も外に出ないというわけには行かない。 だが、食材の買い出しであれば売り場が広々としていて、レジ行列が出来ないようなお店と時間帯を選ぶ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

枕木「第二の人生」22年— 八ヶ岳ロマンスグレーか…

今日も昨日に引き続いて「戻りの夏」。八ヶ岳ブルーの空が広がるのは嬉しいが、ちょっと暑かったかな? もっとも、無風状態ではなかったので、昨日よりは過ごしやすかった。 夕方涼しくなってからメインウッドデッキに出てガーデンベッ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「疑念」を消し去る「八ヶ岳ブルー」—モデルナの「異物」って…

八ヶ岳 富士見高原 標高1,300mの地は、朝から八ヶ岳ブルーの空が広がる文句なしの快晴。 去りつつあった夏が、まるで何か忘れ物に気が付いて慌てて戻ってきたかのような1日だ。 見事な位の「無風状態」であったので、今年の短…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

今日の気分は『悪魔のいけにえ』— エンジンチェンソー やっぱりイイな!

我が社(家)の「至宝」、山の民の末裔である「芝草 刈子さま」が、昨日の朝、私が草刈りを始めようと準備をしていた際に「あなたの電動チェンソーを貸してくれる。」と言った。 エンジン草刈機だけでなく、コードレス電動チェンソーも…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】

八ヶ岳ライフにおける運動事情—戒厳令下でも1日14,351歩

ビジネスでのちょっとした会話の際に、八ヶ岳にオフィスを構えている事が話題になると、かなりの頻度で「登山」「ゴルフ」それから冬であれば「スキー」等が「楽しみ放題ですね!」などと羨ましがられる。 ちょっとマニアックな人だと「…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「八ヶ岳キノコ道」—スマホとAIを助っ人に新たな第1歩だ~

人間誰しも、何回かチャレンジしても上手く行かず、どうも自分とは相性が悪いなと感じつつも、でもやっぱり気になる事や物がいくつかあるんじゃないだろうか? 何事にも「諦めが早い」私だが、我が「八ヶ岳ライフ22年」の中で、それに…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

芝草 刈子さま『降臨』!—山の民の末裔かよ…

私は今週も、週前半にオンライン講演の予定がギッシリ埋まっている。 当然ながら「仕事優先」の日々を送らねばならぬ状況にあり、楽しみと言えば「庭の散策」くらいである。 一昨日の「ドローン操縦訓練」、昨日の「エアガン射撃訓練」…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】

八ヶ岳「戒厳令の朝」— 欺瞞と無責任に満ちた世界

チッ、どこが「まんぼう措置」なんだよ?  ふん、何が今更「ブレイクスルー感染」だ! 自分にも厳しいが、他人にはそのさらに数倍厳しい私が、思わず毒づいてしまうような出来事が昨日の午後2回あった。 昨晩、2回目の罵りを口にし…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

今日はなぜか上空からの「お庭観察」—「青いM」のシステム障害に触発されて…

プロ野球にも高校野球にもまったく興味の無い私なのだが「大谷選手」だけは別だ。 毎週土曜日の朝のニュース番組では、彼の1週間の活躍を振り返るコーナーを視聴するのを楽しみにしている。 現代社会における「唯一の明るい(救いの)…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

帰ってきた「八ヶ岳ブルー」と「庭を舞う蝶」—やっぱり「晴れ」がイイ!

この1週間程は、時々、青空が顔を見せるものの長続きはせずに、すぐまた雨が降る。そんな日の繰り返しだった。 仕事を進めるには「悪くない天気」だったが、元々、私は「雨」は大嫌い(正確には傘をさすのが面倒)。さすがに気分的に滅…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

八ヶ岳 2時間14分の「サバイバルファミリー」体験 — SBO再来!

今朝の6時前、オフィスで朝のニュース番組を視聴していたら、突然、画像が消えた。 その直後、PC電源バックアップ装置のアラート音が鳴って、何故か「お掃除くん」が勝手に掃除を始めた。 Googleネストの画像も消えたので、電…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

『八ヶ岳稿房』の不思議 — 「自然災害発生時」に人気化してもな…

今日は午前と午後、オンラインの講演が1件ずつ組まれているので、それなりに慌ただしい。 だが、地方への移動時間を要する「対面講演」と比較すれば、トータルで費やす時間は大幅に減り、効率的ではある。 ふと、飛行機で移動する地方…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳 我が家の庭の新たな客人さん達 — 頑張れ!「ホークアイ」

昨日から、時々雨が降る程度の天気が続いており、八ヶ岳オフィス周辺は「静謐」という表現がピッタリの静かで穏やかな環境にある。 庭の散策には問題はないが、さりとて「焚き火」を楽しむには、時折降る雨が妨げとなる。 そんなわけで…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳 普段よりもさらに「平穏」な朝 — 秋の気配深まる

ビジネス以外では見事に「社会性が欠如」している私でも、ここ数日は「八ヶ岳は大丈夫ですか?」といった感じで、お心遣いのLineやメールを何件かいただいた。 本当にありがたい事である。 だが、社主さまは私の何倍もそんな連絡が…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

雨の日 原村の恵み — 念願の「百白花」さんのお弁当を味わう!

8月15日は「終戦記念日」。 私には、1945年8月15日正午からの昭和天皇による「玉音放送」をラジオ越しに聞いて、泣き崩れた「生々しい記憶」がある。 だが、今年が還暦の私には、そもそもそんな事は不可能である。 子供の頃…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【我が友D4】 【森での暮らしの作法】

八ヶ岳エリアで「初の車検」にちょっと感動 — 車検費用って一体何なのだろうか?

今回の長~い八ヶ岳滞在期間中に「八ヶ岳で出来る事」がまたひとつ増えた。 これまで、必ず新百合ヶ丘自宅の周辺で対応してきた社用車D4の「車検」である。 Land Roverのディーラーで長野県内で最も近いのは「松本」、通勤…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳 最近の「宅地開発」に対する違和感 —自生する広葉樹は宝物!

鉢巻道路、エコーライン、ズームラインといった八ヶ岳山麓を網の目のように走る道は、私にとって「生活道路」である。 D4でノンビリと優雅に走行していると、住宅(セカンドハウス)建築のために樹木が伐採された土地が多い事にちょっ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳の森が「長い雨」に包まれる前に…

昨日8月11日をもって、3月24日から続いていた我が社独自の「非常事態宣言」を解除した。 継続期間は140日間で過去最長。 途中で、外食や温泉通いなどの自主規制の見直しを繰り返しつつ、なんとか「With COVID-19…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】

「東京2020オリンピック」— 僕の手仕舞い感想文

東京オリンピックが漸く終わったので、コロナとオリンピック以外についても、まともなニュース報道が期待出来るだろうと予想した。 そこで昨日は、朝からデスクトップPC画面の隅に地デジ放送を映しながら仕事をしたのだが、私の期待は…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

酷暑の地へ「青と白の時 七景」を捧ぐ!

「台風一過」となれば、その次に待ち受けるのは「フェーン現象」。 今日は、場所によっては日中の最高気温が40℃を超す予想のようだ。 八ヶ岳 富士見高原標高1,300mの地では、40℃なんて暑さは「別世界」の出来事。 だが、…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳「雨の後の森」—特別な力と不思議な力

今日の八ヶ岳 富士見高原標高1,300mの我がオフィスは、台風の影響で朝方、かなり強い雨が降った。 風も強くなることも危惧したのだが、こちらはむしろ心地良い程度。 何となく、早、秋が近付きつつあるような雰囲気だ。 東京オ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳半日ドライブ—「ひまわり畑」と「椎ちゃんのカフェ」を訪れた

八ヶ岳界隈のテニスコートのレンタル料は、ちょっとビックリする程に「安い」のだそうだ。 私は興味ないのだが、テニスが趣味の我が社の社主さまにとっては「大きなメリット」であるらしい。 例えば八ヶ岳オフィスから車で7~8分程の…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳ライフ — ちょっと特別な「土曜日の朝」

平日であろうと、講演や〆切りの迫った仕事がない限りは「朝起きた時の気分次第」で、Holiday化出来るのが「零細企業経営者の特権」である。 そうなってくると、休日・祭日と平日の境界線がどんどん曖昧になってくる。 会社設立…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

う~ん、やっぱり「蓼科」には敵わないな — 標高の効用「涼しさ」を知る

8月第3週までは講演活動はオンラインで対応するので、すべての業務を「八ヶ岳オフィス」で完結できる。 第4週以降には地方講演が何件かあるが、もう「東京」を経由せずに、富士見駅からJR、或いは、直接D4で出向く予定だ。 別に…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「大地の恵み収穫祭 2021」—45分間で4.2kg収穫 その勝者は?

「大地の恵み」という言葉を耳にした時、人が何をイメージするかは百人百様であろう。 私は、何故か真っ先に「ブルーベリー」が頭に浮かぶのだ。 今日は、年に1回の恒例「ブルーベリー摘み取り王者決定戦」の日だ。 参加者は私と社主…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「心の免疫力」強化法— 森林、理不尽、そして黒ニンニク

下界がどんなに「灼熱地獄」であろうとも、富士見高原 標高1,300mの地は、真夏でも早朝はかなり涼しい。 就寝前に、日中は開放していた窓を閉めたり、開けたままにする場合も開放角度を控え目にしないと、大袈裟ではなく「夏風邪…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【焚き火道】

蘇る「昭和のお祭り屋台の味」—焚き火と焼きトウモロコシの日

先日、東京で仕事をした際に、某銀行の役員さんに「Oさん(私の事)、八ヶ岳滞在中は毎晩、焚き火をしているんですか?」と唐突に問われた。 「ええ、そうですね。一般のサラリーマンが暑い中、混雑した電車でコロナのリスクに晒されな…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

ああっ、世の中は斯く変われり…

政府の「緊急事態宣言」などとはまったく無関係に、私の情報収集と判断で決めてきた我が社独自の「非常事態宣言」。 第3次の発令は3月24日であった。あれから早4ヵ月強が経過。 途中、自主規制を強化したり緩和したりを繰り返しつ…