Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

『磐座』に導かれて

元々、子供の頃から、ほとんど「(眠っている間は)夢」を見ない(見ても覚えていない)体質のなのだが、それが加齢と共に、より顕著になってきた。 2022年になってもう3週間が経過したのに「初夢」らしきものを見た記憶がまったく…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

戒厳令下に山と橋と月を愛でる

オミクロン株の爆発的感染拡大や社会情勢、その他諸々の事情を勘案して、昨日(18日)の零時をもって、我が社は2回目の「戒厳令」を発した。 1月3日の「非常事態宣言」発令からわずか2週間程なので、オミちゃんの感染力の強さって…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

今年1番の雪だな— 窓をあけたらキミがいた

今日で八ヶ岳滞在は1週間目。11日に天気が崩れたものの霙のような雪で、積雪は大したことはなかった。 相変わらずの「暖冬」で、昨年の秋以降で氷点下10℃を下回ったのは1回しかない。 そんな事どうしてわかるのかと思うかもしれ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】

八ヶ岳ライフの日常もスタート — 乙事諏訪神社「四の御柱」の謎

松の内が明けるのと、ほぼ時を同じくして八ヶ岳オフィスに出社したので、カレンダー上は3連休とは言え、気分的には「日常生活モード」に移行している。 我が社独自の「非常事態宣言」発令中ではあるが、「SARS-CoV-2」との闘…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

2022年「焚き火初め」も完了!

昨晩、厳密には、今日の零時半過ぎに八ヶ岳オフィスに出社。 途中、道路の凍結や渋滞もまったく無く、極めて快適な今年最初の出社となった。 本宅、オフィス共に凍結等の水廻りトラブルは皆無。お留守番役のIoT機器とメタブルーに感…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自宅にて】 【自然・生物との闘い】

2022年「仕事始め」—どこに行っても、雪、また雪か…

昨日(6日)が2022年の我が社の「仕事始め」。 と言っても、いつもの東京でのお仕事Dayのように、朝から晩まで予定をぎっしりと組む程には「真面目」でも「勤勉」でも「無粋」でもない。 講演1件と2件の面談のみという、まあ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【我が友D4】 【自宅にて】

2022年今日から始動—『八ヶ岳稿房』 今年は「原点回帰」へ

12月中旬から、ここ数年で最も「多忙」という状況が続き、ふと気が付いたら、随分と長く『八ヶ岳稿房』を臨時休稿してしまった。 八ヶ岳オフィスを離れて、もう20日近くになるかな? 東京での講演活動は12月27日が最終日であっ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】

HNY 2022

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

異変! 窓をあけてもキミがいない…

私がこの前の日曜日(12日)に、完全に冬支度を終えた途端に、八ヶ岳西麓 富士見高原に本格的な寒さが襲来した。 昨日の未明には、オフィスウッドデッキに設置した外気温湿度モニターは氷点下4.9℃を記録。 正に「八ヶ岳の冬」の…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

自分で作ったログハウスだから—12月12日 冬支度完全終了\^^/

今日も朝から社主さまは、煉獄さんで落ち葉焚き。 彼女は、途中から、新たな落ち葉の集積スペースを確保。 落ち葉焚きと集積・堆肥化の両面作戦に打って出て、午後2時頃までにはすべての落ち葉処理を終えてしまった。 惚れ惚れするよ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【焚き火道】

2021年冬のルーキー群像(弐)—我が家の「炎柱」煉獄さん デビュー!

我が家の今秋の「ドラフト会議」における社主さまの「第1回選択希望選手」は「薪割り機」であった。 これに対して、私が指名したのは「落ち葉焚き用の焼却機」である。 元々、我が家の歴代の「焚き火台」は、上蓋(カバー付き)の大型…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「鹿のモテ期」到来か? — 鹿との「睨めっこ」なるマイブーム 

八ヶ岳ライフを楽しむようになってから、最も「身近な存在」になったのは「鹿」と「栗鼠(リス)」である。 「野鳥」さん達は、かつては新百合ヶ丘の自宅でもバードフィーダーを冬の間だけ設置していたので、八ヶ岳でお付き合いが始まっ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【八ヶ岳珈琲道】 【森での暮らしの作法】 【焚き火道】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳ライフ「まあ、いつもと変わらないな…」という幸せの「20景」

昨日までの雨空とは打って変わって、今日の八ヶ岳西麓 富士見高原は、朝から八ヶ岳ブルーの空が広がった。 目にする敷地内のありふれた光景をやたら美しく感じて、何の根拠もないのだが「今日は良い日になりそうだな!」という予感がし…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

八ヶ岳「冬靴」に感じる喪失感 —所詮、Que Sera, Sera…

今日は八ヶ岳オフィスで終日、デスクワークの1日。 朝の天気予報で上田地域に「大雪警報」なんて報じられたので、ちょっとビックリ。 「八ヶ岳 富士見高原も今年2回目の積雪か?」と身構えたのだが、午前中、ちょっと雪がパラついた…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】

八ヶ岳ライフ — 小心者の朝、忠犬の昼、小鉢男の夕べ

今日の八ヶ岳西麓 富士見高原は朝から雨。と言うか、昨日、ブロア作業を終えた直後から雨が降り始めたのである。 正に絶妙なタイミングでの「短期決戦勝利」だった。 今日からは、完全な「仕事優先モード」に復帰となる。 仕事柄、毎…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

ブロアですべてを吹っ飛ばせ~ — 決算分析山籠もり期間 後半戦スタート

昨日の午後3時過ぎに八ヶ岳オフィスに出社。今日は久々に迎える「八ヶ岳の朝」だった。 マシンウォーキングを終えて、午前7時過ぎに庭を散策。 あっ、昨日は1個だけ残っていた「カリンの実」がなくなっている。 カリンの木の完全落…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自宅にて】

珍しく「父親目線」の日 — 大地震が近いのかもしれないな…

自宅&東京での「慌ただしい1週間」を終えて、今日は八ヶ岳オフィスへの出社日である。 この1週間は、木曜日と金曜日に予定していなかった至急対応案件が舞い込んで、結果的に週後半は自宅書斎でのデスクワークに終始した。 そして昨…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自宅にて】

徒歩3分の風景変化 — 変わる「自宅周辺」と 変わらない「八ヶ岳」

最近、無意識の内に「コロナ禍」前と現在で、何が変わったかを比較している事が多い。 これが結構有意義で、その結果、「社会構造の変化」のようなものを実感する事も少なくない。 また、その変化が「不可逆的」であるか否かを予想する…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【焚き火道】 【自宅にて】

自宅でも『焚き火』に癒やされる — 『魂のタキ火』の映像美に酔う!

「焚き火」は、私と社主さま(家内)にとって欠かす事の出来ない「八ヶ岳でしか出来ない楽しみ」である。 冬場になるとこれに「薪ストーブ」が加わる。 「八ヶ岳ライフ」における「インプリンティング」の典型だと思うが「テラスで焚き…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【我が友D4】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】

「デュアル・ライフ」を楽しむ2つのコツ—「TWIN LAND」と「うさぎ」の日

例年、6月と12月の月初は、決算分析山籠もり期間の「折り返し地点」である。 今シーズンは、入力を終えたデータを自宅で分析するという作業を進めつつ、東京での講演等に対応する日々が続いている。 10日には、金融誌と握ってしま…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳「冬の嵐」か?— 騒々しい「師走の初日」

今朝の6時過ぎだっただろうか、自宅寝室に設置してあるJ:COMの防災スピーカーがけたたましいアラート音を発した。 その後の音声で、自宅周辺に「大雨警報」が発令された事を知った。 そう言えば、昨晩は雷鳴が轟いたり、雨が屋根…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】

八ヶ岳界隈市町村の「財政健全度」を知る! — RESAS活用のススメ

私は仕事柄、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局が運営・提供する「RESAS(地域経済分析システム)」を頻繁に利用する。 我が社のお客様である「地域銀行」の分析をする際に、経営地盤である地元経済に関する様々なデータを…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自宅にて】

「金バッジ」の誘惑—オミクロンとシマフクロウの与太話

今度は「オミクロン株」か… 改めて、コロナ(SARS-CoV-2)って本当にしたたかで手強いなと感じる。 私は、10月下旬からの「ミュー株」の感染拡大を予想していたので、今回は読みが見事にハズレた。 もっとも…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】

人とモノ「耐用年数」って何だろう?

八ヶ岳オフィスの広さは40㎡(約24畳)、これに対して自宅書斎は10㎡弱(約6畳)なので、仕事をする際の開放感には雲泥の差がある。 デスクの長さ(幅)もオフィスが約4mあるのに対して、書斎は2m弱なので、デスクワークの機…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳効果かな? 還暦を迎えて「視力」回復

我が家には3人の息子がいる。 この内、三男は新百合ヶ丘の自宅から歩いて5~6分の場所に、お嫁さんと暮らしている。 先日、我が家に遊びに来た時に面白い話をしてくれた。 「運転免許更新時のあるある話」のひとつだった。 ご高齢…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「八ヶ岳レストラン事業部門」経営危機!

我が社の八ヶ岳におけるレストラン事業部門が、開業20年目にして「最大の経営危機」に直面している。 食材価格上昇が、経営を大きく圧迫しているのだ。 —————- …

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

他人の気がしないな…

昨日の「初雪」は、奇襲的に降ったという意味では「底意地が悪い」ものだったが、昼前にはほとんど解けてしまったので「根性無し」でもあった。 あれっ? 「底意地悪くて根性無し」って、誰か身近にいたような気がするぞ……

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

雪 降っとるやないかい!

7時15分過ぎに、朝のマシンウォーキングを終えて、本宅に行こうと思ってオフィスのドアを開けたら (°0°) 雪 降っとるやないかい! 暖冬だ、暖冬だなんて騒いでいるとこれだもんな… 八ヶ岳の気象変化の気紛れさ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】

「モンテチェルボのローストビーフ」が私をいざなふ…

「食」にまったくこだわりのない私でも、なぜか無性に食べたくなる物がある。 とは言っても、稀にであり、わざわざ食べに(或いは買い)行こうと思う先なんて数は限られている。 近場であれば、徒歩2~3分の「カントリーキッチン」の…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

憂鬱な「この時期の雨」—「無駄」と「だらしない」嫌悪感の綱引き

今日の午前中が〆切りだったレポートのドラフトの提出を終えた後、オフィスのデスクの上で軽い昼食を済ませた。 深呼吸をしながら窓越しに庭を見下ろすと、雨が降っている事に気が付いた。 今回の八ヶ岳滞在中、初めての雨である。 う…