タグ: 異常気象

それにしても気味が悪いなぁ~

今週後半には東京での仕事があるため、八ヶ岳オフィスを午前8時過ぎに発ち、10時ちょっと前に新百合ヶ丘の自宅に戻った。往路と同じくほぼ2時間の通勤時間。今年初めての八ヶ岳オフィスでの勤務は、4日からのほぼ丸5日で完了した。

昨日の雪は、夕方になっても降り続け、午後8時過ぎに鹿の湯に入りに行った際には、積雪量4cm程度になっていた。鹿の湯からの戻りの頃には小降りになっていたが、兎に角、寒かった。「明日の朝は鉢巻道路は凍結するな。運転は十分に注意しよう…」と思いながらD4を駐車スペースに駐めた。

夜半に雪は雨に変わったようだ。ログハウスの屋根に雨音が控えめに、そして、しっとりと響いた。「小林麻美の『雨音はショパンの調べ』って本当に良かったな。あれは新入社員の年(昭和59年)に流行ったんだっけ?」なんて事を考えながら12時前に眠りについた。

今朝は6時過ぎに目覚め、新聞チェックや自宅に帰る準備やらを済ませた後、7時過ぎに所用のため八ヶ岳本宅に行こうとオフィスのドアを開けた。一瞬、呆気に取られた。「ゆっ、雪が無い…」

1月の厳寒の八ヶ岳で、一夜にして雪が消えて(解けて)しまった。昨日配信の写真と比較して欲しい。「冬の八ヶ岳」の本格到来なんて書かなきゃよかった…

八ヶ岳で冬を過ごすのは今年で18回(年)目。極寒期を迎えつつある1月に、前夜4cm程度あった積雪が、日中ではなく、夜の内に解けてしまうなんて、間違いなく初めての体験である。この逆の現象(一夜にして雪景色)は、2016年の11月下旬に経験しているが、1月という時期を考えると、雪が夜の内に解けてしまう事の方が明らかに「異常」と言える。

八ヶ岳本宅に入って外気温計を確認すると5℃(零下ではない)と表示されていた。ナルホド、一夜で雪が解けてしまうわけだ! それにしても気味が悪い天気だなぁ~

オフィス周辺だけでなく敷地内すべてで一晩で雪が消えた。八ヶ岳で過ごす冬は、今年で18回目だが、こんな経験は初めてだ!

8時前、八ヶ岳オフィスを発つ直前に、恒例の「野鳥への給餌」を済ませる事にした。給餌のタイミングは、八ヶ岳オフィスの「出社時」と「退社時」と決めている。出社時に給餌台に山盛りにしたヒマワリの種や果物(ミカンやリンゴ)は、遅くとも翌日には跡形も無く野鳥さん達に「お持ち帰り」されるのが通例である。

今回4日の初出勤日の際も、昨年12月28日の退社時にたっぷりと置いていったヒマワリの種はまったく残っていなかった。そこで、ヒマワリの種を山盛りにして、後から半切りにしたミカンをサービスしたのだ。私がヒマワリの種を置いて10分もするとヤマガラが代わる代わる給餌台を訪れていたのも確認している(少なくともこの時はいつもと同じ光景だった)。

今朝も給餌台は、当然の如く空(から)の状態と予想していたのだが、枕木テラスに置いた給餌台には、ヒマワリの種が、4日に与えた量の3分の2程残されていたのだ。後から置いたミカンは、ほぼ手付かずの状態だった。怪訝に思いながらメインウッドデッキの給餌台に向かうと、こちらもヒマワリの種が半分以上残っていた。ミカンもそのままだ。

一体全体、野鳥さん達に何が起きたのだろうか??? それにしても気味が悪いなぁ~ そう言えば、今回の滞在時には、いつもは敷地内を我が物顔で荒らす「鹿さん達」を1頭も見ていない。これも気味が悪いなぁ~

招かれざるもの ① 『ススメバチ』の当たり年かな??

スズメバチの養殖を始めた。

スズメバチ数匹が「黄色いのプラスチック製容器」の中で暴れている。私を威嚇しているのだ。容器を隔てて私との距離は20cm位だ。「獰猛」という言葉は、スズメバチのためにあるように思える。やつらを見ている内に背筋に悪寒が走った。正に「招かれざるもの」の筆頭だ。

ペンネアラビアータにオリーブオイル揚げしたスズメバチを絡めると、香ばしくて「超美味」であるという。試してみたいのだが、スズメバチを捕まえるのは容易ではない。そこで研究を重ね、金魚鉢状のプラスチックの特殊容器でスズメバチを育てる事に成功した。勿論、冗談である… そんな危険な事を決して行ってはならない! 

昨日紹介した「ブッドレア」の周囲を乱舞する蝶は、八ヶ岳ライフの夏の大きな楽しみのひとつとなっている。一方で、八ヶ岳ライフには「招かれざるもの」も少なからず存在し、そのほとんどが「脅威」となる。

私のススメバチの巣撃退の記録については、これまで稿房通信で2回でお伝えしてきた。http://triglav-research.com/?p=15653http://triglav-research.com/?p=18788 である。

だが、所詮、前者は「コガタスズメバチ」、後者は「クロスズメバチ」の巣の退治劇である。獰猛危険な「オオスズメバチ」や「キイロスズメバチ」を退治しようなんて無謀な考えは微塵もない。あいつらは、本当に怖い。

幸い、私はまだ刺された事はないが、2006年から2015年までの10年間で、我が国ではスズメバチを中心としたハチ刺傷により186名が死亡している。そう「死をもたらす脅威」なのである。

スズメバチは、例年8月~9月に掛けて攻撃性が高まる。こちらは、あいつらを刺激する気は毛頭無いのだが、草刈り作業中や枕木テラスでのBBQ中に、まるで急降下爆撃機のように突然の襲来を受けた事がこれまでに数回あった。

本当に怖いので、ささやかな抵抗ではあるが、ここ数年「ハチ激取れ」なる駆除器を8月になると八ヶ岳の敷地内に2個置くようにしている。

今年は、8月5日のブルーベリー摘みの滞在日に、枕木テラスの野鳥給餌台の下とオフィスウッドデッキの手摺り部分に吊した。お盆前後の滞在期間中には、まだスズメバチは「激取れ」の中にはいなかったように思う。

だが、今回(19日~)八ヶ岳にショートステイした際に驚いた。野鳥給餌台の下部に吊した方の「激取れ」の中で、ススメバチ数匹が暴れていたのである。近づいて観察。「獰猛」という表現は、ススメバチのためにあるなと改めて実感。眺めている内に、背筋に寒気が走った。

例年、10月の半ば頃までには「激取れ」容器はスズメバチで一杯になる。そして、スズメバチがすべて死んでいるのを確認した上で、恐る恐る「焚き火台(ファイヤーピット)」に放り込んで焼却処分にするのだ。だが、今年はまだ8月下旬なのに、既に容器の半分近くにまでススメバチが入って(埋まって)いる。

8月5日に枕木テラスの野鳥給餌台下に「ハチ激取れ」を吊した。そして、わずか2週間で容器の半分近くまでがスズメバチで埋まったのである。例年8月の初旬に「激取れ」を吊すのだが、こんなに早くスズメバチで埋まったのは初めてだと思う。スズメバチの「当たり年」ってあるのかな?

「ススメバチの当たり年ってあるのだろうか?」— 思わずそんな事を考えてしまった。

異常気象に、スズメバチの当たり年(?)、加えて気のせいか「今年は蝉の鳴き声が異常に少ない」ように思えるなんか嫌な感じだな… そう危惧するのは、私だけだろうか??