モデルナ3回目接種の副反応かな? — 妖怪は要介護

来週の金曜日までは、滅茶苦茶忙しい事は覚悟していたのだが、対面にオンライン、加えて〆切りの波状攻撃でさすがに疲れてきた。

でも、そんな中でも時間を無駄にしたくなかったので、夕方にちょこっとだけ出来た隙間時間を使って、社主さまとコロナワクチンの第4回目の接種に行ってきた。

第3回目の接種は3月12日だったので6ヵ月位のブランクがあった。

実は4回目はもうイイかなという思いもあったのだが、「北海道役員慰安旅行」を安心&快適にしたかったので、旅行の1週間以上前に済ませてしまう事に決めたのだ。

私は、モデルナ⇒モデルナ⇒ファイザーと接種し、今回は再びモデルナ

これまで3回の接種では、腕の痛みすらない「完全な副反応なし状態」。

仕事が忙しいので、今回も副反応無しだと助かるな。

そんな事を考えながら自宅に戻って、今日が〆切りの講演資料の最終チェックを始めたら、ベースとなる重要なデータにエラーを発見。

大慌てで11枚の資料を作成し直す事になった。

ヒエ~、こりゃ本当にキツいな。

なんとか修正を終えてファイルを送信し終えたのは午後7時前。

まあでも、事前に気が付いて良かった。結果オーライだな。

漸く落ち着いたのが午後8時前。

Amazon からちょっと厚めの荷物が届いていたのを思い出した。

梱包パッケージを開いたら中から分厚い(4cm位かな)文庫本が出てきた。

タイトルは『決定版 日本妖怪大全』。勿論、水木しげる先生の著書である。

百鬼夜行展で購入した「図録」がお洒落で気に入ったので、思わず Amazon で妖怪本をポチっ。紙の文庫本を購入するのは実に13年ぶりだった。

先日、六本木ヒルズの「妖怪 百鬼夜行展」で購入した『図録』が素晴らしく「妖怪の勉強」を本気でしたくなった。

片っ端から妖怪の事を知ろう(覚えよう)と思って気楽に注文したのだが、まさかこんなに厚いとは…

文庫本という事で気楽に購入したのだが本の厚さは約4cm。届いて(°0°) 値段は2,200円だったことも今日、気が付いた。

届いた本をパラパラめくってみると「1ページに1匹の妖怪」がイラストと解説文で紹介されていた。

1ページに1匹の妖怪がイラストと解説で紹介されていた。これって「図鑑」じゃないか!

エッ、最終ページは? 923ページもあるぞ (°0°)

何も調べずに気軽にポチッとした事をちょっと後悔。

そもそも「紙の文庫本」なんて、最近、購入した記憶がないよな。

Amazonで購入履歴を確認したら「紙の文庫本」だと 2009年の9月以来だった。13年ぶりか…

Kindle版あったら最高に便利なのに、どうしてこういう「図鑑」のような本が「紙版」オンリーなんだろうか?

「時代の流れ」に逆行した気分だな
———-

早速、何ページか目を通して思った。

自然環境の破壊が続いて、日本古来の妖怪もきっと苦しんでいる事だろう。

妖怪の状態はどうだい?

要介(ようかい)護状態のようです… なんてね。

ああっ、本当に疲れているな…

そうか、モデルナワクチン接種すると、くだらない駄洒落を口走ってしまうんだ(https://triglav-research.com/?p=33903)。

早くも「私固有の副反応」が現れた。

 

今度こそは、ブログが長続きするように ポチッとしてご協力下さ~い 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村