今更ながらのWOWOWドラマ「ペンション メッツァ」—富士見と原村の雰囲気満載!

私は、八ヶ岳オフィスでのマシン・ウォーキングの際には、目の前の書棚に iPad Pro の 11inchを置いてTVやビデオを見ながら歩くのが常である。

朝の1回目の時は、テレ東BIZでモーサテのライブや追っかけ再生を視聴する事がほとんどだ。

午後の2回目の場合は、Netflix、Amazon prime、WOWOWなどで映画やドラマを楽しみながら歩く。

最近は、Netflix がメインになりつつあり、WOWOWの視聴が減る傾向にあった。

今日から9月なので、ちょっと気分転換に WOWOWオリジナルドラマで見逃しがないか探してみる事にした。

すぐにいくつか見つかったのだが、その内のひとつに「ペンション メッツァ」なるドラマがあった。

主演は「小林聡美」さん。まったく知らないドラマである。

1本当たりの放送時間は24分。WOWOWドラマとしては珍しい設定だが、1セット30分のウォーキングにはちょうど良いので、早速第1話を再生した。

小林聡美さん演じる主人公は、ペンションを一人で切り盛りしている。

舞台は、とてもお洒落なペンションです。でも、私には思い当たる場所がない…
簡潔なストーリー紹介で、第1話の役所広司さんは実は「キツネ」だった事を示唆する設定だ。

小林さんと毎回異なるゲストが登場し、所謂「二人芝居」を演じる。第1話のゲストは「役所広司」さん。

騒がしくもなく、私が大嫌いなベタベタ感もなく、美しい森の中のペンションを舞台に、淡々と味わいのある会話や不思議なやりとりが続く。

このドラマお洒落だな!  それに何故か、妙に懐かしい気がする。

正確には、懐かしいと言うよりも「身近な場所での出来事」のような気がしたのだ。

第1話が終わって、エンディング・クレジットが流れ始めた。

第1話のエンディング・クレジットに「乙事区」「原村」「富士見町」という文字を見つけた時にはさすがに驚いた。

撮影協力を見てビックリ。

「乙事区」「原村」「富士見町」「諏訪園フィルムコミッション」なんて文字が並んでいるではないか。

「乙事区(昨日配信した『乙事諏訪神社』の乙事である)」なんて、車で数分の場所である。

気のせいではなく、本当に「身近な場所」で撮影されたドラマだったのだ。

第2話以下はどうなのだろうか?

インターネットで調べると「全6話すべてが、富士見町と原村で撮影された」事が判明。

そんなの全然聞いてないぞ!

当然ではあるが、これから大切に「毎日1話ずつ」鑑賞する事に決めた。

しかし不思議である。自宅ではWOWOWオリジナルドラマのほとんどを自動で録画しているので、どうしてこのドラマに気が付かなかったのだろうか?

放送された時期を調べると、今年の1月16日から毎週土曜0時開始だった。

この時間帯は録画予約していないので、ノーマーク状態となったようだ。

まあでも、少なくとも第1話の内容は「夏場」が舞台だったので、この時期に観た方が「親近感(リアル感)」が高まるような気がする。

残り5話の内容をちょっとだけ知るために、You Tubeでドラマ紹介の動画をチェック。

何となくこの撮影場所はわかるような気がするぞ… ベンチは撮影のために置いたのかな?
う~ん、この光景もいくつか候補地が頭に浮かぶな…
八ヶ岳ライフと言えば「焚き火」は定番である。枕木と煉瓦の組み合わせの『炉』も悪くないな…

どうやら「富士見と原村の雰囲気満載」のようだ。

こりゃあ、本当に楽しみだな!

こういった光景、財産区林を歩けばすぐに出会える。
こんな雰囲気の道、身近にあるよな…

富士見ご当地撮影のドラマとしては「ゴーイング マイ ホーム」が有名だ。

当『八ヶ岳稿房』でも関連した投稿がいくつかあるのだが、何故か、かなり息の長いPVの増加が続いている。↓
https://triglav-research.com/?p=22233

https://triglav-research.com/?p=30845
あのドラマは、放送時の視聴率は今ひとつだったようだが、私は大好きだ。

富士見町が撮影場所となったドラマは「森の雰囲気」が漂っていて、視聴しているだけで「森林浴効果」も得られるように思う…

 

「暮らしの場」「仕事の場」としての「八ヶ岳」の魅力をお伝えするため、にほんブログ村 & 人気ブログランキングに登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ

にほんブログ村


セカンドハウスランキング