Posted in 【縄文土偶探訪記】 【魔都 東京】

【縄文土偶探訪記 Revival season Vol.9】江戸東京博物館(東京都)

探訪博物館: 江戸東京博物館(https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/
探訪日: 2019年6月13日
探訪目的: 「発掘された日本列島2019」の土偶さん達

5月中旬の銀行決算発表後は、本当に「仕事三昧」の日々だった。当然の如く、【縄文土偶探訪記】もお休み期間に… おっとイケナイ。例外がひとつだけあったのを忘れていた! 6月1週と2週は、ほとんどが東京でのお仕事Day。講演、会議、銀行のIR Meeting、これに連日、銀行の役員さん、プレス関係者等とのランチ、ディナーがギッシリ。2週間で体重が2.5kg程増えてしまい、その後の体重コントロールに苦戦し続けている。

6月13日も朝から予定がギッシリだった。決算説明会、プレスさんとのランチ、セミナー講師、面談取材と4件の予定をこなし終えたのが午後4時40分。日本橋での面談取材が、先方さんの都合で30分程繰り上がったので、この日最後の予定までに、ちょっと空き時間が出来た。次の予定は、午後6時半から都市型地銀の頭取さん以下役員さん達との会食で、場所は同じく日本橋。勿論「遅刻厳禁」なので、日本橋界隈で時間を有効活用しようと考えた。はて、どうしたものか?

その時、閃いた。「そうだ。江戸東京博物館で土偶さんも展示される特別展を開催中だった。日本橋から遠いんだっけ?」即座にスマホで、江戸東京博物館へのアクセスを調べた。「やったぞ! タクシーで10分程の場所じゃないか。 閉館時間は5時半なので、すぐに向かえば40分は見学できるぞ。」ちょうど目の前をJapan Taxiが通りかかったので手を上げて乗車。江戸東京博物館のエントランスに向かう広大な階段の前に着いたのは4時50分過ぎだった。

江戸東京博物館の全景。デカいばかりでなく形もユニークだ。SF映画に出てくる宇宙船みたいだな。

建物の第一印象は「兎に角、デカい」。さすがにメジャーな国立博物館には及ばないものの、都道府県立博物館の中ではおそらくトップクラスであろう。あまりにも広いために、入場券(600円)を買って、長~いエスカレーターに乗って、目的の「発掘された日本列島2019」の展示室に辿り着いた時には、もう5時をちょっと回っていた。

入場チケットを購入した後、展示室へと続く長いエスカレーターが私を出迎えてくれた。
博物館到着から「発掘された日本列島2019」展示室に辿り着くまでに10分以上も要してしまった。

そんなわけで大急ぎで見学開始。すぐに土偶さん達の展示コーナーを発見したのだが、土偶さん達がレプリカなのか実物なのか表示がない。また、時間が無かったので写真撮影についても未確認。どうしよう… 幸い女性の学芸員さんが展示室内を巡回していたので、すぐに質問。すると ①すべての土偶さんが最近発掘された遺跡から出土したもので「実物」 ②写真撮影もフラッシュを使わなければOK という「万歳」を叫びたくなるような答えが返ってきた。

時間に余裕が無いので、土偶さんと縄文遺跡の展示コーナーを中心に鑑賞。「白神山地東麓縄文遺跡群」に「エリ穴遺跡」と聞いた事のない遺跡が紹介されており、これまで見た事も無い土偶さん達が並んで展示されていた。厳密に表現すると「実物だけでなく、写真集でも見た事の無い」土偶さん達である。

白神山地東麓縄文遺跡群の解説プレート。「群」なので複数の遺跡の出土物が展示されていた。
白神山地東麓縄文遺跡群出土の土偶さん達。ほとんど全身のパーツが揃っており、造形、サイズ共に迫力が凄かった。
こちらの土偶さんが、「発掘された日本列島2019年」展のパンフレットを飾っていた。今回の看板土偶さんかな?
やっぱり青森と言ったら「遮光器土偶」だよね! 真ん中の土偶さんは「しゃこちゃん」の姉妹かな…
こちらは珍しい「四脚付土偶」さん。どれが四脚で、なんで四脚なのかは不明…
写真左側の大きな脚部に驚愕。全身揃っていたら、これまでご対面した土偶さんの中では1番の大きさとなるだろう。正に「レア物」だな。

「白神山地東麓」の方は青森県と想像がついたが(実際にそうだった)、「エリ穴遺跡」の方は所在地の見当がつかなかった。解説プレートを読むと「長野県松本市」。結局、東北と八ヶ岳(長野・山梨)という2大縄文王国から新たに出土した(ニューフェイス)土偶さん達との出会いの場となった。四脚付土偶さんやこれまで見た事も無い巨大な土偶さんの脚部(もし全身が揃ったら超巨大土偶さんである)等々、レア物さんをじっくりと堪能。あ~、大満足!

エリ穴遺跡の解説プレート。所在地は「長野県松本市」。弊社にとっては準ホームグラウンド的な場所である。
エリ穴遺跡出土の土偶さん。ん?八ヶ岳界隈の土偶さんと言うよりも、北海道・東北系のような雰囲気だな。

気が付けば、時間は5時15分になっていた。急ぎ足で、他の常設展示コースを見て回る。江戸(東京)の町の様子が時代毎に模されており凄い迫力だ。時間に余裕があったら半日はじっくりと見て回りたい博物館である。

江戸東京博物館は兎に角、広くて大きい。時代毎に江戸(東京)の街並みを実物大に復元しており、どれも凄い迫力だ!

閉館までの残り時間が5分を切ったところで、恒例のミュージアムショップでのお買い物。土偶さんを鑑賞した際に『発掘された日本列島2019 新発見考古速報』なる書籍が販売中である事を確認していたので、迷わず購入。価格は税込み1,944円。ページをパラパラ捲ってみると、ご対面した土偶さん達の解説もしっかりと記されていた。文化庁「編」の共同通信社「出版」で、2017年からの3年分が並んでいた。シリーズ物として毎年出版されているようだ。何年分からあるのかな?

ミュージアムショップには、2017年から3年分の「新発見考古速報」が並んでいた。とりあえず、右側の2019版を購入。

予定外の行動で慌ただしくはあったものの、こうして【縄文土偶探訪記】江戸東京博物館編は無事に終了。満足度は90点以上だな。これで前回の大しくじり(川崎市岡本太郎美術館編)から、気分的にはかなりリカバリー出来たぞ!

Posted in 【八ヶ岳ライフ】

ここ数日は、久し振りに八ヶ岳でまったり…

5月中旬に銀行の決算発表が本格化して以降は、本当に真面目に、そして楽しく(かつ珍しく)仕事に集中してきた。零細企業経営者の特権で、4月初旬からGW明けまでの6週間の内、ほぼ5週間は「銀行業界の調査・分析」と距離を置いた生活(要は、休暇と遊び)を送ったのが功を奏したようだ。とても新鮮な気持ちで銀行の決算データに接する事が出来たのである。

業務の効率化をさらに進めた結果、5月28日からは2019年3月期決算の内容を反映した講演を早々と開始。翌29日には、恒例の「地域銀行 東京支店長の会(今回も40行以上が参加)」も終えて、そのままの勢いで6月を迎えた。長期休暇後の反動のためか「創作意欲」は極めて旺盛で、情報収集と新たな講演資料の作成に明け暮れた。そして、当然の結果であるが、八ヶ岳ライフはお預け状態が続くことになる。

5月最終週から3週間以上も八ヶ岳オフィスには出社せず、その後、数日ショートステイしたものの朝から晩まで仕事三昧。決算発表後2回目の「山籠もり作業」に突入したのは6月21日だった。だが、6月初旬に舞い込んだ予定外の仕事への対応もあり、結局25日までは、仕事に没頭。日常生活を楽しむゆとりのようなものが復活してきたのは、ここ数日の事である。もっとも、これは例年の事で、ちょうどこの時期が ①銀行の株主総会シーズンなので基本的に講演活動はしない ②分析対象を決算短信から有価証券報告書に切り替える端境期 であるからだ。

そんなわけで、6月26日から1週間程は、仕事のペースをちょっと落として「まったり系」の日々をエンジョイしようと決めた。社主さまがオフィスにお越しになるまでの前半3日間(26日~28日)は、ふらふらと出歩く事はせずに、軽作業と読書にかなりの時間を割いた。仕事に割り当てた時間は、5月中旬以降と比較すると4割弱に減らしたイメージである。敷地内の草刈りとか、ガーデンファニチャの補修・塗装、本宅ホビールームの整理とかやっていたら、あっと言う間に前半の3日間は終わってしまった。特に何か変わった事をするわけではなく、のんびりと定番作業をこなしていく事もまた「八ヶ岳ライフの楽しみ」なのだ。

前回ショートステイ時の庭の様子。仕事三昧だったので草刈りはせずに撤収した。
社主さまはテニスやガーデニング、リース作りが得意なだけではなく、「草刈り」の達人でもある。そのため、エンジン式の草刈機も私と社主さま用の2台がある。社主さまは前回の滞在時に一人で敷地内の6割程の草刈りを済ませてしまった。
26日の午前中で八ヶ岳敷地内のすべての草刈りが終了。もっとも、前回社主さま滞在時に未了だった部分を約2時間半の作業しただけだが… 600坪の敷地すべての草刈りを終えようとすると、社主さまと2人で丸1日は必要かな? かなりの重労働であるのは確かだ。
八ヶ岳オフィス建設時に移植した「ヤマボウシ」は今年も元気に満開。オフィスエントランス付近に植えた2本目も、今年初めて開花した。
今年になって中型サイズのガーデンテーブルの塗装が急に剥がれてきた。キシラデコールのエボニー色が残っていたので、色を塗り直す事にした。
サンダーを丁寧にかけたあとにキシラデコールで塗装。前のグリーンの塗料が残っていて、鉄錆のようにちょっとお洒落な感じになったかな。
ガーデンチェアも座面が傷んだものは、2X4材をすべて交換する事にした。まずは塗装から…
ホスタさん達は今年も順調に育って大きなものは既に直径80cm位になっている。
いや~、ホスタさん達はそれぞれに特徴があって、本当に愛らしいな! 結界石(改)の効果で、今年もホスタさん達は「すべて無事」と完勝宣言したい気分なのだが、実は私のミスで甚大なる被害を被ったホスタさんが1株あったのだ… これについては別の機会に書こうと思う。

時代が平成から「令和」に変わって早2ヵ月が経過しようとしている。実感しているのは「時代(元号)」が変わる事の意味(影響)の大きさだ。上手く表現できないが、日本という国の「枠組(土台かな?)」が色々な意味で大きく変わり始めているような気がする。「そんな時代の変わり目に、私(我が社)は、どう対応すべきか?」なんて事を考えながら、この2ヵ月程を過ごしてきた。

浮かび上がったキーワードが『断捨離』だった。4月~6月は、前半と後半で真逆とも言えるような、それなりに楽しい日々を送ったので、7月~9月は、公私共に、断行・捨行・離行に取り組もうと思う。勿論、「片付け術」とか、そんな小さな話ではなく、「長期航海後に軍艦の船底にこびり付いた牡蠣殻を削ぎ落とす作業」のような感じかな?「坂の上の雲」で秋山真之が語った言葉だったと思うのだが…