夢で逢えたら…

朝方、愛犬「カリン」の「ワンっ」という大きな鳴き声で目が覚めた。

何事かと思って寝ぼけ眼で周囲を見回したが異変はなく、カリンの姿もなかった。

あれっ、変だな?

「ワンっ」「何やってんのよ。起きなさいよ!」って、こんな感じにカリンが枕元で吠えたような気がした。

やや間を置いて、カリンは10年近く前に亡くなっていた事に気が付いた。

ああっ、夢だったのか…

夢と言っても、ストーリーのようなモノは何も覚えていない。

ただ鳴き声だけだったので、余計にリアルに感じた。
——–

今日で自宅の滞在は17日目。

当初は、今日、東京で講演を終えて、明日から八ヶ岳に長期滞在する予定であった。

だが諸々の事情があって、今週になって予定の変更がいくつか生じた。

そのため、もしかすると八ヶ岳出社が1~2日遅れるかもしれない状況になっている。

そんな折のカリンの「夢の中」での登場だった。

私は、子供の頃から、ほとんど夢を見ない(見た事を覚えていない)体質である。

だが、なぜか時々、「土偶さん」と「亡き愛犬 カリン」だけは夢に出てくる

頻度は多くはないが、繰り返し登場するので、どうしてもその理由や背景を探りたくなる。

今朝の「カリン」は何故、夢に出てきたのかな?

すぐに思い当たる事があった。

昨日、『八ヶ岳稿房』で、これまでの「別れ」で最も寂しかったのは「ランクル100」だなんて書いてしまったからだな…

「私じゃないのね!」って、怒ってしまったかな?

カリン、安心しておくれ。

あれは、所詮は「モノとの別れ」の事だよ。

「生き物」との別れで、これまで一番悲しくて、つらかったのは「カリン」を看取った時だよ。

3人の息子達も皆、声を上げて泣いていたよね。

長男のSと次男のCは、カリンの具合が悪いと聞いて、それぞれの赴任先からすぐに戻ってきたんだよ。

私も、親兄弟なんて比べものにならない程ほど、悲しかったんだから(ん? まだ何人か生きてたかな??)

明日から八ヶ岳だけど、今日のタスクリストの一番上は「カリンのお墓掃除」だよ。

そう心の中で呟いて、自宅にある「カリンのお墓」を掃除して、お線香と冷たいお水、それに彼女が大好きだったお菓子を供えた。

カリンちゃんのお墓(墓石)は、新百合ヶ丘自宅の風雨に晒されない場所にある。
お墓を水で綺麗に洗って、カリンの好きなお菓子と冷たい水を供えて、お線香をあげた。カリン、ちょっと早いけれどお盆のお墓参りだよ。

「カリン」の名前は、私の愛読書「銀河英雄伝説」の登場人物から拝借した。

「銀河英雄伝説」を名前の由来とするのは、我が社の社名「トリグラフ(Triglav)」「カリン(Karin)」、そして我が友リスの「ミッターマイヤー(Mittermeier)」だけである。

銀河英雄伝説の「カリン」は、猛将「シェーンコップ(Schonkopf)中将」の娘で「気の強い美人系」キャラだ。

左が旧OVA「銀河英雄伝説」のカリン、右が我が家の「カリン」の在りし日の姿。何となく似ているような気がするのは、私の勘違いだろうか?目と耳は2つ、鼻と口は1つだものな…

我が家の「カリン」も「美犬」だったが、決して他の犬を寄せ付けない(なぜか除くウェルシュ・コーギー・ペンブローク)性格だった。

人間でも動物でも、やたら愛想を振りまくやつは信用できない。

私は、カリンのそんな「孤高の気高さ」が好きだった。

カリンは、雪とテニスボールが大好きだった。でも、他の犬とは仲良く出来ない性格だった。八ヶ岳滞在中は、常にノーリードで敷地内を自由に遊び回っていた。境界を教えたら、そこから外には出なかった。ラブラドールレトリバーは本当にお利口なのだ。

おっとイケない「カリンを偲ぶ会」になってしまうぞ。

そんな辛気くさいのは、お洒落じゃないよな…

まあ何にせよ、カリンが時々「夢」に出てきてくれるのは嬉しい事だ。

ふと、大滝詠一さんの名曲のフレーズが頭に浮かんだ。

夢でもし逢えたら 素敵なことね
あなたに逢えるまで 眠り続けたい…

 

今度こそは、ブログが長続きするように ポチッとしてご協力下さ~い 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

セカンドハウスランキング