還暦間近の「新しい趣味」かな?—波佐見焼と小石原焼のマグカップが届いた

第1回目のコロナワクチン接種から今日で3日目。

幸い、ワクチンの副反応らしきものはまったく無かったので、このネタはもう「封印」だ。

もっとも、第2回目の摂取の方が重い副反応が現れる傾向が強いようなので、4週間後には封印を解く事になるかもしれない。
——————-

明日までは銀行の「株主総会シーズン」なので、対面もオンラインも講演はなく、今日と明日は八ヶ岳オフィスでノンビリとデスクワークに専念する事になる。

今朝の八ヶ岳 富士見高原は快晴。

出社初日の昨日は、終日曇り空であったが、今日は朝から、オフィス上空は八ヶ岳ブルーの空が広がった。

朝食はオフィスのデスクで簡単に済ませたが、10時過ぎに珈琲が飲みたくなった。

そこで、オフィスのウッドデッキで野鳥の囀りを聞きながら、「富士見高原ブレンド-備前焼」の組み合わせで珈琲タイム。

10時過ぎになると、ちょっと雲が増えてきた。オフィスのウッドデッキで備前焼のカップで富士見高原ブレンドの珈琲を味わった。

先週の東京での仕事の際には、連日「もうCOVID-19前に戻ってしまったのかな?」との思いに駆られる程、人出が多くウンザリした。

同じ仕事の時間でも「東京と八ヶ岳」では時間の流れ方もまったく違う。

20分程珈琲タイムを楽しんだら、ヤマト運輸さんが荷物を届けに来た。午前便である。

小さな箱を2つ受け取った。あれっ? Amazonの箱じゃないな。何だろう?

送り主を見て、注文してあったマグカップである事にすぐに気が付いた。

それぞれ別のショップである。だが、悲しいかな、注文したカップの色や形状は覚えていても、それがショップ名に結び付かない。

最近「老いによる衰え」を感じる事が増えてきたのだが、今日もそんな感じだ。

人の名前が「覚えられない&思い出せない」というのは既に諦めの境地に達しつつあるが、それ以外にも「記憶力の衰退」が顕著になりつつある。

かつては、ネットショップで買い物した場合、別に意識して覚えようとしなくても、注文した際の映像のようなものが頭に蘇って、何となくお店の名前は頭に浮かんだ。

最近は、その映像のようなものがどうも霞みつつあるのだ。

「まあでも、仕方ないか。もうすぐ還暦だし…」と最近頻繁に使うようになったフレーズで、強引にリセットをかけた。
—————————–

ワクワクしながら大きな方の箱を開けく。中には二重に梱包された「波佐見焼の赤いマグカップ」が入っていた。

最初に開いたのは「波佐見焼」の方だった。大きな箱の中に、さらにカップにピッタリの小さなサイズの箱が入った見事な二重梱包。

「八ヶ岳珈琲道」の脇役(添え物)的位置付けで始めた「マグカップ収集」。

当初はネット通販で5~6個揃えたのだが、どうも写真のイメージと実物がやはり微妙に異なった。

その後は講演で訪れた先で、昔懐かしいような商店街の中にある陶器店に立ち寄って、実際に見て手に取ってから「ご当地の焼き物」を購入するスタイルに変えた。

今年の始めまでにはコレクション数は20個程になった。

その内の9個をオフィスの飾り棚に並べて、毎朝の珈琲タイムで順番に使うというのは、今や我が「八ヶ岳珈琲道」の仕来りとなっている。

だが、最近は地方講演を減らし、どんどんオンライン講演にシフトさせてきているので、コレクションの数は半年以上も足踏み状態。

そこで今後のコレクションについては、①ネットで一目見て惹かれたモノ ②これまで購入していない「産地(XXX焼き)・窯元」に限定 ③なるべく貯まったショッピング(或いはキャッシュレス決済)ポイントを使い、④1個5,000~6,000円程度を価格の上限とする という「4つの約束事」を定めた。

「閃き」を重視しながら、ゆっくりと収集を続ける路線である。

この波佐見焼のカップは、特に探して見つけた物ではなく、楽天の「あなたにおすすめの商品」に並んでいた画像のひとつだった。

これも「老い」のためか「色の好み」がまた変わりつつある。

かつての「ブラック至上主義、でも グリーンも好きだな路線」から「ライトグレー選好」へと変化し、最近になって何故か「上品なレッド(もみじ色と言うべきかな)」に心惹かれるようになったのだ。

還暦祝いに「赤いちゃんちゃんこ」を着る(私は死んでも着ないぞ!)のと、何か関係があるのかなと思える程の、かなりの好みの変化であった。

この波佐見焼はど真ん中の好みの「もみじ色」で、しかも器の内側は美しいグリーンの紋様である事が写真でもわかった。

もう、見た瞬間の「お気に入り」だった。しかも波佐見焼は未購入、貯まった楽天ポイントも購入には余裕があり、何とか上限価格までの範囲内。

「4つの約束事」をすべて満たしたので、迷わず購入したのである。

と言う事は、もうひとつは「小石原焼」だな。

こちらは、Web広告で別の小石原焼の青いカップがなぜか表示された。

聞いた事のない産地と窯元だったので検索してみたら、ライトグレーで美しい模様(「飛び鉋」と言うそうだ)の別のカップが画像が表示され、これもほとんど「一目惚れ」。

次に開いた「小石原焼」。こちらもまあ見事に厳重な梱包だった。マグカップをネットで購入する際の楽しみのひとつは、各ショップの梱包の仕方を比べる事にもある。

こちらの方は、au電気のポイントがタップリ貯まっており、価格上限自主規制も余裕でクリア。

こうしてまた、久し振りにマグカップコレクションが2個増えたのである。

それにしても、2個共に、実物はイメージしていた通りの色、大きさ、手触り、そして全体の雰囲気だ(ネット通販でのマグカップ購入では珍しい)。

さあ、どこに並べようかな… オフィスの壁に飾るのは「9個」と決めているので、何か2個を「控え」に回す事になる。

そうだな、「清水焼」と「織部焼」にお休みしてもらおう。

清水焼と織部焼のカップは6ヵ月程「レギュラーポジション」で頑張ってくれた。ちょっと「控え」に回って休んでもらおう。

おっと、波佐見焼と小石原焼のネームプレートを作らなくっちゃ!

マグカップを購入したらすぐに「ネームプレート」を作るのが私の作法。

ついでだから、他のカップの置き場所も移動しよう。

結局、波佐見焼は上段中央、小石原焼は下段中央に配置。

波佐見焼は上段中央のポジションに配置。しかし、この色、美しいな…
小石原焼は下段の中央だ。こんなに明るい色のカップは初めて。何よりも紋様が美しい。

う~ん、これまで黒系、青系が多かったので、もみじ色とライトグレーのカップが加わると艶やかになるな… 

新たな9個のカップの顔ぶれ。上段右のスタバのリザーブマグを除けば、すべて日本の「焼き物」である。

と、こんな感じに、本当に楽しいのだ。

もう「八ヶ岳珈琲道」の脇役・添え物ではなくて、私の趣味のひとつになったと言えるかもしれない。

「使って楽しむ、見て楽しむ」という意味では「筆記具(ローラーボール)コレクション」以来である。

「還暦間近の趣味」としては悪くないだろう…

 

らしの場」「仕事の場」としての「八ヶ岳」の魅力をお伝えするため、にほんブログ村 & 人気ブログランキングに登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ

にほんブログ村


セカンドハウスランキング