「目」の清涼剤、「心」の清涼剤…

八ヶ岳を離れて今日で早2週間。

と、言う事は「にほんブログ村」と「人気ブログランキング」への再登録から2週間目を迎えた事も意味する。

相変わらず「ブログ村」の「お仕置きシステム」は、私の事を信用していないようだ。

通常の20%(2ポイント)からスタートしたポイント付与率は、3日程度で10%ずつ付与率がアップして、昨日になって漸く60%(6ポイント)にまで回復した。

「信用」というものは築き上げるのは容易ではないが、崩れる時はあっと言う間だな…

そういう「当たり前」の事を実感させてくれるという意味で「お仕置きシステム」は悪くないなと思う。
——-

八ヶ岳を離れて自宅で過ごす期間が「一定の水準」に達すると、元々小さかった自分の「器」が、さらに小さくなって行くような気がする。

細かい事がやたらと気になるようになるのだ。

八ヶ岳滞在中は、樹木(森林)に囲まれ、太陽や月を愛で、焚き火に癒される日々を送るのだが、自宅周辺ではそうは行かない。

八ヶ岳を2週間も離れると「焚き火断ち」の禁断症状が出てくるな…

特に、「森林」と「焚き火」の癒し効果の欠落が、悪影響を及ぼすようだ。
——-

昨日「妙に気になった事」がひとつあった。

私は、常に「目薬」を持ち歩いている。「目薬」がないと落ち着かないのだ。

この「習慣」は、おそらく社会人になってすぐの頃からなので、もう40年近いと思う。

視力は悪くないのだが、どうも目が疲れやすく充血しやすい体質のようで、① 兎に角、清涼感が強くて ②充血を止める効果の強い(おそらく血管収縮成分が含まれているんだろうな)目薬が手放せない。

かなり前から「サンテ FX V+」「ロートZ! PRO」という2種類の目薬を、その日の気分で使い分けるようにしている。

「ロート Z! PRO(左)」と「サンテ FX V+(右)」。この2種類の目薬をその日の気分で使い分けるようになって何年になるだろうか?

この2種類の目薬は「参天製薬」と「ロート製薬」という2大目薬製薬メーカーの目薬ラインアップの中で、おそらく「清涼感(目に染みる)」の「両横綱」と言える存在であろう。

「目薬が切れる(手元の在庫が無い)」なんてのは、私にとって許す事の出来ない事態なので、ちょっとしたついでにドラッグストアによって、「FX V+」と「Z! PRO」を購入し、ストックを確保する。

普段であれば、これら以外の目薬には興味は無いのだが、昨日、他の所用で立ち寄った「ハックドラッグ」で、「FX V+」の隣に気になる目薬を発見。

「サンテ FX AL」という商品で、パッケージは「V+」のゴールドに対して、涼しげなグリーン。

パッケージには「目のかゆみに最強の爽快感」と記されていた。

「最強の爽快感」なんてアピールされて試さなかったら「目薬通」とは言えないよな…

左が長年愛用してきた「V+」で右が初めて購入してみた「AL」。両パッケージ共に左上に「6段階」の清涼度表示がある。「V+」が「1回2~3滴、1日5~6回点眼」に対して、「AL」は「1~2滴、4~6回」となっている。こういう細かな違いが「目薬通」には楽しい!

「V+」 と「AL」を1箱ずつ、買い物カゴに放り込んだ。

ついでに 「Z! PRO」も1箱買っておこうと思い探してみると、お馴染みの通常パッケージ品の隣に、見慣れぬイエローのパッケージが1箱だけあった。

「酷使し疲れた瞳に 全集中の一滴」だって、何これ?

パッケージをよく見たら「鬼滅の刃」のメインキャラの1人である「我妻善逸」が描かれた「限定品」であった。

ロート Z! PROの通常パッケージ(左)の脇のスペースに何故かイエローの「鬼滅の刃」版(右)が1箱だけ並んでいた。人気があって売り切れ状態に近いって事かな?

う~ん、妙にそそられるな…

結局、「Z! PRO」は、通常版と「鬼滅の刃」版を1箱ずつ手に取って、計4箱の目薬を購入。

世の中「物不足の時代」なので、必需品のストックは厚めに持つべきだ!

それに「目薬」なんて腐る物じゃないしな…

「自己正当化」はあっと言う間に完了!

自宅に帰ってから、改めて4つの目薬の箱をじっくりと眺めた。

「どんな順番で使おうかな?」なんて考えながら、改めて「清涼度」の表示部分をチェック。

2種類の「サンテFX」の表記は、0~5までの6段階で「V+」も「AL」も「5+」で最高水準の清涼度であった。

これに対して、2種類の「Z! PRO」は 1~8の8段階で「8+」の同じく最高水準。

「鬼滅の刃」版は、ご丁寧に清涼度を「漢字表記」していた。

Z! PROの清涼度表示は「8段階」。「鬼滅の刃」の清涼度表示は「漢字表記」となっていた。こういう「こだわり」が私は嫌いじゃない。

結構「お洒落なこだわり」だな…

結局、購入した4箱すべてが「清涼感」は最高グレード。

それは OKなのだが、「サンテFX」 と「Zi PRO」の清涼度表示の区分が6段階と8段階に分かれたのが気になる。

「清涼度評価」の業界内の統一基準って無いのかな?

そもそも、何を基準に「清涼度評価(格付)」って決めているのだろうか?

「Z! PRO」の「鬼滅の刃」パッケージに、炭治郎や禰豆子版はあったのかな?

「鬼滅の刃」版は、どうして1箱だけポツンと残っていたのだろうか?

ってな具合に、意味の無い疑問が次から次へ浮かんでくる。

あ~あ、結局パーッケージをすべて開けてしまった。当面は4つのタイプの使い分けの日々が続く…

そうだ、こういう時は「焚き火の動画」を見ればイイんだよな!

メインPCのデスクトップ上に並べてある「お気に入りの焚き火動画ファイル」の一つをクリックした。

勿論、八ヶ岳の「焚き火台」の映像である。

不思議なのだが、些細な事へのこだわりがス~っという感じに消えて行く。

目薬は私にとって「目の清涼剤」なのだが、焚き火の方は「心の清涼剤」とも言い得る存在なのだ。

だが、「焚き火」を新百合ヶ丘の自宅でやったら、すぐに「消防車騒ぎ」になるだろう。

「焚き火」を心置きなく楽しめるという点については「八ヶ岳の完勝」である!

 

今度こそは、ブログが長続きするように ポチッとしてご協力下さ~い 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキング