憂鬱な「この時期の雨」—「無駄」と「だらしない」嫌悪感の綱引き

今日の午前中が〆切りだったレポートのドラフトの提出を終えた後、オフィスのデスクの上で軽い昼食を済ませた。

深呼吸をしながら窓越しに庭を見下ろすと、雨が降っている事に気が付いた。

オフィスの窓から庭を見下ろしたら、かなり強い雨が降っていてちょっと驚いた。今朝は〆切を抱えていて、庭を散策する余裕が無かったのだ。

今回の八ヶ岳滞在中、初めての雨である。

う~ん、ちょっと面倒な事になったな…

この時期の雨は、我が八ヶ岳ライフにおいては「特別な意味」を持つのである。

子供の頃から「無駄」とか「非効率」が大嫌いな性格だった。

年齢を重ねれば、そんな性格も少しは和らぐかと思っていたのだが、逆だった。

ここ数年で「行列待ち」とか「渋滞」とか「時間の浪費」としか思えない状況に陥ると、思わず暴動を煽りたくなる衝動を覚えるようになった。

もっとも、煽るだけで、決して自分は暴動に参加しない(手を汚さない)という基本姿勢に関しては変わりはない。

「だらしない」というのも大嫌いだが、では「無駄」と「だらしない」のどちらが嫌いかというと「無駄」が勝る。

何でこんなわけのわからない事を書いているかというと、例年11月下旬が「無駄」と「だらしなさ」に対する嫌悪感が綱引きを開始する時期だからだ。

この時期、舞い落ちた広葉樹や唐松の葉が、敷地内を埋め尽くす。

庭の上に積もった分はまだ許せるが、枕木テラスやウッドデッキに積もった物は、だらしなくて不快極まりない。

掃いたり、ブロアで吹き飛ばせばよいのだが、広葉樹等の葉が落ち切る前であれば、すぐにまた新しい葉が積もる。

そんな「不毛な作業」は「無駄」以外の何物でもないので、不快感を堪えて我慢するのだ。

そう「無駄」に対する嫌悪感が、「だらしない」の嫌悪感に勝つのである。

社主さまは、そんな不毛な作業を平気でする。

私が「葉が落ち切るまでは意味が無いからやめなよ!」と言うと、「だって、みっともないでしょ!」という言葉が強い口調で返ってくる。

「個人の価値観の違い」を感じる瞬間だ。

最悪のパターンは、落葉が終わる時期を読み間違えて、ブロア作業を終えない内に、雪が積もったり、雨が降って葉がそのまま凍り付いてしまうパターンである。

そうなると、エンジンブロアを使っても、落ち葉を集めたり、吹き飛ばす事が簡単には出来なくなる。

八ヶ岳で迎える冬は今年で22回目だが、過去に2~3回失敗して、落ち葉が十分に処理できないままに冬を越した事がある。

春になって雪が解けて、未処理の落ち葉が、敷地内にそのまま現れるのを見た時の気分は「最悪」である。

正に「だらしなさ」の極致なのだ。

今年は、『八ヶ岳稿房』で繰り返し書いてきたように、これまでは「異例の暖冬」である。

昨日の午後、落葉状況を確認するために敷地内をノンビリと散策した。

昨日の午後、敷地内の落葉状況を確認するために敷地内をノンビリと散策した。落葉は「後半戦」にちょうど入った頃だろうか…
コナラの落葉はほぼ終わったが、唐松の葉はまだまだ残っている。本格的な唐松の落葉はこれからだな(昨日午後の写真)。

唐松の葉は、まだ落ち切らないでタップリと残っているし、それ以外にも、まだ落葉五~六合目といった感じの広葉樹も数本あった。

例年、敷地内の広葉樹の中で、落葉時期の最も遅い「花梨」の落葉完了が「ブロア作業」開始のシグナルとなる。

だが、昨日の段階では、まだほとんど葉が残っていたのである。

「花梨」の木の落葉時期は、例年、敷地内の広葉樹の中では最も遅い。写真は昨日午後の状況。葉はまだほとんど残っていた。
6個だと思っていたカリンの実だが、なぜか7個目が残っている事に気が付いた。

そんなわけで、ブロア作業は「時期尚早」と判断した。

そんな中での「今日の雨」なのだ。

そう言えば、昨年も暖冬だったが、11月28日にいきなり「初雪」が降って、大慌てした事を思い出した。

昨年は暖冬の中、自宅滞在中にいきなり11月28日に初雪が降って大慌てしたな…

幸い、その後は再び暖冬に戻って、ブロア作業は12月中旬に社主さまによって無事に完了した。

まあ、今年も大丈夫だろうと思うのだが、そんな油断が裏目に出る事もあるのが「八ヶ岳の自然」の気難しさなのである。

午後3時前に、庭の状況が気になったので、雨の中、ウッドデッキから様子を眺めた。

雨だけではなく、風も強くなってきたようで、財産区林の唐松が揺れていた。

これで、唐松の落葉は一気に早まったな。

メインウッドデッキの上には、昨日まではほとんど無かった唐松の落葉が、雨で貼り付いて一面を覆っていた。

今日の雨と風で唐松の落葉が一気に加速したようだ。ウッドデッキの上に唐松の葉が雨に濡れて貼り付いているのは、私が最も嫌いな光景のひとつだ。

あ~、一番嫌いな光景だな。

あれっ、昨日まではほとんど残っていた花梨の葉が、半分位に減っているぞ!

昨日は、ほとんど葉が残っていた「花梨」だったが、今日の風と雨で半分程は散ってしまった。ブロア作業開始のシグナルとなる木なので、こりゃ面倒な事になったな…

これでブロア作業のタイミング決定が、一段と難しくなってしまった。

庭に積もった広葉樹は、雨に打たれてまるで「薄汚い茶色のカーペット」のようだ。

こんな状態で落葉が凍ってしまったら、ブロア作業は手間が掛かるな… お願いだから、すぐに暖冬に戻って欲しい!

お願いだから、このまま凍るのだけは勘弁して欲しい。

ちっ、雨量計のデータがおかしいと思ったら、落葉した葉が雨受け部分に貼り付いているじゃないか!

トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所の雨量計データがおかしいと思ったら、落葉した葉が機器に貼り付いて、雨受けの穴を唐松の葉が塞いでいた。そろそろ雨量計は「冬眠」の時期だな。

この時期の雨は「憂鬱」だな…

 

「暮らしの場」「仕事の場」としての「八ヶ岳」の魅力をお伝えするため、にほんブログ村 & 人気ブログランキングに登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村


セカンドハウスランキング