エース達の休養を見守り、ローストビーフ丼に圧倒された日

決算分析の山籠もり(バトルモード)期間中は、フラフラと出歩く事はせずに、基本はオフィスで早朝から夜までデスクワークが続く。

別に、COVID-19の影響などではなく、これは八ヶ岳にオフィスを構えて以来の習慣である。だが、1日の「息抜き時間」の設定は毎回、異なる。

今回については「食事と温泉の時間抜きで2時間。午後7時以降は基本的には仕事はしない。」と決めた。おそらく「過去最高のマッタリ度」だと思う。

DX化進展の効果もあるが、根を詰めて分析作業をしたからと言って、地域銀行業界が蘇るわけではないし、良い分析資料が出来上がるわけでもない。

社会構造に「パラダイム・チェンジ」が起きているような時に本当大切なのは、個人的には「鳥瞰(bird’s-eye view)」だと考えている。

まあそんなわけで、庭の木々で囀る様々な野鳥さん達を見習って、なるべく自然の中で、世の中をちょっと上から(オフィスは標高1,300m)ノンビリと見渡して行こうと決めた。

さて、今日の2時間は何に使おうか? やっぱり、ホスタさん以外の庭の木々の巡回チェックだよな。

ノートくんと剪定鋏、それに化成肥料の袋を携えて、じっくりと敷地内の木々の様子を観察。

ブッドレアとブルーベリーの生長が一気に加速しているのを実感。ブルーベリーに関しては、既に開花しているモノもある。

鹿から守ってメインウッドデッキの上に専用コーナーを設けたブルーベリーさん達が凄い勢いで生長している。
ブルーベリーの中には、もうこんな具合に花を咲かせている株もある。
対鹿軍団の優等生集団「ブッドレア」も一気に生長が加速。

だが残念な事に、ブッドレアもブルーベリーも「エース的存在」の2本がまったく元気が無い。

常にブルーベリーの中でエース的存在だった木に今年は新芽が出てこない(写真手前中央)。
ブッドレアの中で最も大きく育ち、毎年、最も多くの花を咲かせるエースがまったく元気が無い。葉が見えるのは、ブッドレアの後ろに位置する「ヤマボウシ」だ。

どちらの木も、それぞれの「植樹第1期生」であり、他の同期をリードする形でグングン大きく育ち、ブルーベリーの方は最初に実を付け、ブッドレアの方は開花第1号であった。

放っておいても育ってくれる生命力が強い木で、手間が掛からないという意味では、正に「優等生」。

だが、なぜか今年は新芽がなかなか出てこないので、私も社主さまも2本のエースさん達の「異変」を気にしていたのである。

両エースとも「不振」なんて甘いモノではなく、もう枯れてしまったのだろうか? だとしたら「引退」だな…

だが、注意深く観察すると、ほんのわずかではあるが根元の近くに「新芽」を発見。やった、2本共、まだ生きているぞ!

もう枯れてしまったのかと心配したのだが、根本から別れた幹に、本当に小さな新芽を見つけた。良かった。まだ生きているぞ!
こちらの「エース・ブッドレア」も根元近くに小さな新芽が出始めていた。

私には「これまで頑張り過ぎたんで、今年は他の木に任せて、ちょっと休むからヨロシク!」と両エースが語りかけてきたように思えた。

そうだよな。時には休む事も大切なんだ…

明らかに枯れたと思える茎や枝を剪定し根元に施肥して、今年は2本の「休養」を優しく見守る事にした。

ふと気が付けば、2時間の息抜き時間の内、約1時間半を使っていた。

さあ、今日も「鹿の湯通い」だ!  昨日同様、午後5時半前に鹿の湯へ。

今日も入浴客は4~5名。最初に外の露天風呂で20分程寛いだが、この間、私1人の「貸し切り状態」がずっと続いた。こりゃ最高だな!

約50分の入浴を終えた後、「モンテ チェルボ カフェ(イタリア語でモンテは山、チェルボは鹿の意味)」に直行。お店自慢の珈琲をテイクアウトで楽しむためだ。

カフェのマスター(鹿の湯の副支配人さんじゃないかな?)に「ご自慢の珈琲の中でアイス系で1番のオススメは何ですか?」と質問すると、即座に「カフェラテですね!」との返事。

アドバイスに忠実に従って、チケット販売機でアイスカフェラテのLサイズ(480円)をテイクアウトで注文した。

すると「ローストビーフ丼弁当が残り1つとなっているので、いかがですか。880円ですが700円(共に税込み)で結構です。マカロンも1個(100円)サービスさせていただきますよ。」とのオファーがあった。

今日の夕食の食材は調達済みだったが、別に明日に回しても何の問題もない。それに元々、ローストビーフ丼をチラシで見て、いつかは食べたいと思っていたので「渡りに船」。迷わず追加でオーダーした。

さあ、オフィスに帰ろう!

まずは、メインウッドデッキのガーデンベッド寝転んで、庭を眺めながらアイスカフェラテを味わう。

うん、やっぱりコンビニのカフェラテとは違うな! (どう違うかは上手く表現できないが…)

うん、やっぱり「本物」は美味しいな!うまく表現できないけれど…
息抜き時間の残り30分間は、メインウッドデッキで夕方の庭を眺めながら、モンテチェルボのアイスカフェラテを味わう事にした。

約30分間、暮れ泥む八ヶ岳の風情を楽しんで、2時間の「息抜き時間」は完了。

続いて「ローストビーフ丼弁当」の夕食だ。

ローストビーフ丼弁当の通常価格は990円。現在は期間限定で880円。これを最後の1個という事でマカロン1個付きで700円で購入。とってもお得なのは間違いない!
オイオイ、ローストビーフは重なっているじゃないか… その圧倒的ボリュームに(°0°)

ローストビーフは2枚重ねとなっており、そのボリュームに圧倒された。これ、本当に豪華だな。

味に関しても五重丸!まあ「レストランなでしこ」の美味しさを考えれば当然の結果かな…

決算分析バトルモード中でも、こんな感じに「八ヶ岳ライフ」は十分に楽しめるのである!

 

「暮らしの場」「仕事の場」としての「八ヶ岳」の魅力をお伝えするため、にほんブログ村 & 人気ブログランキングに登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ

にほんブログ村


セカンドハウスランキング