SX(スプリング・トランスフォーメーション)

今朝の7時40分に自宅を発ち、いつも通りに約1時間50分の通勤時間で八ヶ岳オフィスに到着。

出社初日なので、ふらふら出歩く事はせずに、終日、本宅とオフィスで雑事諸々を楽しむ。まあこれも「恒例」である。

とは言っても、今回の出社は、今年も八ヶ岳とは思えない程に穏やかだった(過酷さが感じられなかった)冬に区切りを付けて、春に移行するための大切な「節目」の時期である。

最近流行のDX(デジタル・トランスフォーメーション)になぞらえると、SX(スプリング・トランスフォーメーション)って感じだろうか…

午前中は、仕事関連の資料のスキャン作業をして、午後からは庭仕事の準備だ。

まずは「異形のソメイヨシノ」の様子をチェック。勿論、まだ開花には至っていないが、予想していた以上に蕾の膨らみが早い。

この調子だと今年はGW前には散ってしまうんじゃないかな?

「異形のソメイヨシノ」の蕾は予想していたよりもかなり膨らんでいた。これじゃあGW前に散ってしまうかな? 取り敢えず、この蕾を観察基準花にすることに決めた。

取り敢えず、これから毎日状態を観察する「基準蕾(花)」を決めてプレートを取り付けた。

その後、TBGF(Triglav Black Garlic Factory)の工場長として黒ニンニク製造をスタート。

第3の子会社「TBGF」はフル稼働。工場長である私は、今日は新たな黒ニンニク製造工程をスタート。
これから288時間(12日)を要する黒ニンニク熟成の日々が始まる。

続いて、オフィス地下室からガーデンファニチャー類を引っ張り出してウッドデッキに並べたりと、正に「雑事」の連続だ。

オフィスウッドデッキに何もガーデンファニチャーを置かない状態は今日の午前中で終わりだな…
明日からは早速、オフィスのウッドデッキで朝の珈琲を楽しむことにしよう!
木製のロッキングチェアが冬の間は占有していたスペースに、メインウッドデッキ用のガーデンファニチャーを置いた。庭全体を見下ろすのはここがベストポジションなのだ。

最後に、ゆっくりと庭を散策し、木々や草花の芽吹きの状況を丹念に確認。

特にホスタさん達に時間を掛けたのだが、さすがに土の上に頭を出している芽はなかった。まだ、対鹿軍団対策を準備する必要はないな…

今年の開花トップバッターは何だろうか? おっと、屋久島馬酔木の内の1本が鈴生りの小さな白い花を咲かせているじゃないか。これで決まりだな。

鹿が見向きもしない「屋久島馬酔木」の内の1本が、悠然と白い鈴生りの花を咲かせていた。今年の開花トップバッターだ。
財産区林の中も歩いてみたが、まだ春の気配はほとんど感じられなかった。

1時間程、庭と財産区林を観察して回ったが、富士見高原標高1,300mの地には、まだまだ春の訪れを告げる兆候は稀であった。

「まだ冬の方が優勢だな…」なんて事を考えつつ、最後にオフィス周辺を見回したら、フキノトウが色々な場所で顔を出し始めていた。

オフィスの周りにはフキノトウが色々な場所で顔を出し始めていた。やはりスプリング・トランスフォーメーションのタイミングだな

やっぱり春は確実に訪れているのだ!

 

「暮らしの場」「仕事の場」としての「八ヶ岳」の魅力をお伝えするため、にほんブログ村 & 人気ブログランキングに登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村


セカンドハウスランキング