「春の柔らかな夕陽」と「肉厚グリルパン」に魅了された日

八ヶ岳で過ごしていると「オフィス」というのは、基本的には「仕事」をする場所である事を「稀(rarely)」に忘れてしまうことがある。

どちらかと言うと稀にではなく「しばしば(often)」かもしれない。より正確に表現するならば「頻繁に(frequently)」のような気もする。

今日は朝からこの「基本原則」にしっかりと立ち返って、自分でも驚く程に真面目に新たな講演資料の作成に取り組んだ。

休憩したのは軽いランチタイムの45分間程。いつもなら庭を散策するのだが、今日は「異形のソメイヨシノ」の基準花の様子を見たのみ。それ以外は、午後3時の珈琲タイムだけだった。

昨日に比べてソメイヨシノの蕾の膨らみは明らかに大きくなっていた。

その結果、見事な位に仕事が捗った。この週末は、仕事に一切タッチせずに八ヶ岳ライフを満喫できそうである。

もっとも、我が社独自の第3次非常事態宣言発令中なので、基本的にはあまり出歩くことはせず、敷地内での「遊び」が中心になるだろう。

1日の仕事の締め括りにデスク周りの整理を終えたら、もう午後6時になっていた。オフィスのウッドデッキに出ると、ちょうど夕陽が南アルプスの山々に沈むタイミングだった。

「春の夕陽」か… 真冬の夕陽とは、やはりちょっと雰囲気が違うな。優しい、と言うか、柔らかな感じだ。思わず5分程見入ってしまった。

今日の夕陽は本当に優しかった。焚き火を楽しもうと考えていたのだが、この夕陽で「癒し効果」は十分だった。

1日PCと向き合って疲れた頭と目には、最高の「癒し」の環境である。

その後、ポストを覗いたら郵便物が何通か届いていた。オフィスに戻り、雑誌が入った封筒を開けるとBE-PAL5月号が出てきた。

手に取るとちょっと驚く位に重い。BE-PALお得意の金属(鋳鉄)系の付録に違いない。

オレンジ色の付録の箱には「SHO’S 肉厚グリルパン」とあった。早速、付録を取り出す。おっと、こりゃ「肉厚鉄板mini」の続編だな。

封筒がやけに重いと思ったら、1枚の鉄板を打ち抜きで作った「肉厚グリルパン」が付録だった。

次に、BE-PALの肉厚グリルパンの解説記事を読む。これもソロキャンプブームに見事に対応した付録である。

料理などまったくしない私が、ソロBBQの誘惑に駆られ2019年11月の付録であった肉厚鉄板miniを2枚入手。

3月初旬にシーズニングを漸く終えたものの(https://triglav-research.com/?p=31278)、まだソロBBQを楽しんでいなかった。

エーイ、ついでだからこのグリルパンも合わせてデビューとするか。これも、やはりシーズニングが必要なのかな?

もう1度解説を読むと「2枚そろうと奇跡の始まり」と書かれていた。記事によるとホットサンドメーカーのような使い方が出来るらしい。

解説記事をもう一度読み返したら「2枚そろうと奇跡の始まり」なんて心憎い事が書かれていた。

もうそんなの見ると2枚目が欲しくて堪らなくなった。

AmazonでBE-PALをもう1冊買おうと思ったのだが、4月8日(昨日)発売されたばかりなのに、既に売り切れ。

「肉厚鉄板mini」が付録だった2019年11月号も書店ではあっと言う間に売り切れた事を思いだした。おそらく、今回も同じパターンだな。

ああでも、小淵沢ICのLAWSONでは、発売日からかなり経過していたにもかかわらず、BE-PALを普通に売っていたんだ!

ダメもとで、これからLAWSONに行ってみよう。「たたかうマヌカハニー」のど飴の在庫が無くなっていたから、ちょうどイイや。

すぐにD4でLAWSONに向かった。真っ先に雑誌販売コーナーに進んでBE-PALを探す。あったぞ! 今回も1冊だけ残っていた。

こうして私は、肉厚グリルパンもしっかりとペアで入手。

LAWSONで購入した分と合わせて2枚をゲット。明日はシーズニングだな…
取っ手部分の凹凸を見れば、最初からペアで使うことを想定していたとしか思えない。
取っ手部分の凹凸を組み合わせると2枚の肉厚グリルパンは見事に重なった。これは始めから2枚で使用することを前提とした仕様だな…

ソロBBQの道具だけは、こんな具合にコレクションが着々と増えて行く。

そう、何か始める時はまずは「形から入る(=道具を揃える)」事が重要なのだ!

 

「暮らしの場」「仕事の場」としての「八ヶ岳」の魅力をお伝えするため、にほんブログ村 & 人気ブログランキングに登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村


セカンドハウスランキング