八ヶ岳ライフにおける「ニューノーマル」 — ② 無軌道・無計画な日の大切さを知る

「八ヶ岳ライフ」をスタートさせた30歳代の終盤は、国内外の機関投資家に年間500件以上のプレゼンテーションをこなすという、多忙な日々を送っていた。

当然ながら、徹底した優先順位付けと綿密な計画をベースに効率的に仕事を捌かなければ、隔週末(当時はそうだった)の八ヶ岳ライフを楽しむ事はできない。

「出来ないからやらない」なんてのは私の主義に反するので、兎に角、徹底的に「無駄な仕事」を排除した(切った&断った)。

2013年1月の会社開業後も基本的な方針にブレはまったく無し。

年間の講演数は国内巡業中心の200回程度になって、八ヶ岳滞在日数は1年の内の3分の1程度に増えたが「忙しさ」は変わらなかった。

個人的見解だが、物事を進めるのに「のんびり」と取り組むか「さっさと」進めるかの嗜好は「生来」のものであり「環境」の影響は、ほとんどないように思える。

私も社主さま(家内)も典型的な「さっさと派」であり、動き回っている方が楽しいし、落ち着くのだ。

違いがあるとすれば、私の場合は「計画性」という要素が強い点だと思う。

だが、最近になって、どうせ忙しく動き回るならば、事前に立てた計画に沿うだけでなく、その時の気分や閃きを大切にして「無軌道・無計画」になる事も必要だなと考えるようになった。

With COVID-19時代には、何よりも「しなやかさや柔軟性(flexibility)」が求められると予想しているので、まあ、そのための備えである。

そんなわけで、今年から1週間の内、2~3日位は「無軌道・無計画に動き回る日」にしようと決めた。

今日も、正にそんな日だった。

いつもであれば、常にストックがあるテーブルランドさんの珈琲豆を初めてキャニスターが空になってから買いに行った。

サービスチケットが20枚貯まっていたので「バレンタインデイ・ブレンド」なる定番3ブレンド以外の珈琲豆をサービスで貰った。

テーブルランドさん珈琲豆のストックが尽きてから買いに行くのは初めて。チケットが貯まったサービスとは言え定番3ブレンド以外の豆を試すのも初めて。

テーブルランドさんでの買い物後は、カレーのテイクアウトを昼食にするつもりだったのだが、社主さまと急に「麺屋蔵人のまぜそば」が食べたいねと意見が一致。

「まぜそばと豚飯」をテイクアウトし、まぜそばが伸びちゃうのが嫌なので、急遽、近くの日帰り温泉のパーキングで「車内食」。

急に「麺屋蔵人」さんのテイクアウト「まぜそば」が食べたくなった。社主さまもとの事で意気投合。D4の車内で麺類を食すなどという「お行儀の悪いこと」も初めての体験。
サイドメニュー的位置付けの「豚飯」も美味だった…

帰り掛けに、カントリーキッチンのミニデニッシュが恋しくなって….

カントリーキッチンベーカリーは、鉢巻道路を挟んだだけの「ちょっと距離のあるお向かいさん」。歩いて2~3分の場所なので、いつもは徒歩での買い物だが、今日はD4で麺屋蔵人さんからの帰路の立ち寄り。
カントリーキッチンの外観はやっぱりお洒落だな…
社主さまと私が急に食べたくなったカントリーキッチンベーカリーの「ミニデニッシュ」。ちょうど良いサイズ。美味なのは言うまでもないだろう!
午後2時過ぎからは、数日前に購入した「諏訪の神さまが気になるの」を一気に読んだ。どうも「ミシャグチさま」が何かを語りかけてきているような気がするのだ…

等々、終日、To Do List とは無縁の1日を過ごした。

こういう日って、自分の身体と心が本当に何を欲しているかを知る上で大切だな!

そんな1日の締め括りも、勿論「焚き火」である!

 

「暮らしの場」「仕事の場」としての「八ヶ岳」の魅力をお伝えするため、にほんブログ村 & 人気ブログランキングに登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村


ワークライフバランスランキング