仕事も身軽に「遊び心」で!— L.L.Bean AmeriBag 再登板へ

元々、仕事の際には「極力身軽」にをモットーとしてきたが、最近はさらにその傾向に拍車が掛かってきた。

冬になってコートを着るようになってからは、講演用のマスクや携帯用の手洗いジェル等も、すべてポケットに放り込めるようになったので、講演用の iPad Pro 12.9inch だけ手に持って仕事に出掛けることが増えてきている。

iPad Pro 12.9inchだけではなく、正確には、Apple Pencil も「仕事のお供」だ。

当初は、名刺入れと老眼鏡の持ち運びに無理が生じるかなと考えた。

だが、名刺は初対面の人が少ないと予想されるケースでは、今はもう出番がほとんどなくなったパス(IDケース)に数枚入れておけば事足りた。

老眼鏡も使用感を損ねない範囲で、可能な限りの小型化と軽量化を追求した結果、まあ何とか違和感なくコートのポケットに収まるようになった。

名刺も早く完全デジタル化の時代が到来すればイイな。老眼鏡と眼鏡ケースはこれ以上小さくすると使用感に支障が出るサイズにまで小型化・計量化した。

「iPad Proだけお供」状態になったら、仕事に行くのも気楽な気分で「遊びの延長」みたいな感覚が芽生えてきた。やはり「装備」とか「外観」って重要なんだな。

とは言っても、常にiPad Proだけでお仕事ってわけにはいかない。モバイルバッテリーや電子化されてない本を持ち歩くこともある。

そんな時でも「遊び心」を味わえる鞄がなかったかな? 自慢のRIMOWAコレクションは、ちょっと路線が違うよな…

ふと閃いた。そうだ、L.L.Beanの AmeriBagがあるじゃないか!

購入から21年が経過しているのだが、レザーの劣化はまったくない。むしろ、イイ感じに柔らかみを増してきた。AmeriBagの使い勝手の良さは、実際に使用してみないとわからないのだ!

実は、上の写真のブラックとブラウンのL.L.Beanのレザーバッグは「八ヶ岳本宅」と同級生。

2000年に本宅を購入した直後のアメリカ出張で、そのユニークな形状がもたらす機能性とレザーの質感に魅了されて、2つまとめて購入した物なのだ。

そうか、購入後21年も経っているんだな…

その後、かなり酷使したのだが「驚異的な耐久性」でファスナー、ポケット等のトラブルやレザーの劣化もまったくなし。

ここ数年は出番が減ってクローゼットの中で登板待ちだったのだが、再び活躍の機会が巡ってきた事になる。

さあ、明日はブラックとiPad Proの組み合わせで、今年最後の対面型の仕事に行こう!

 

「暮らしの場」「仕事の場」としての「八ヶ岳」の魅力をお伝えするため、にほんブログ村に登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村