八ヶ岳撤収日の外食ランチ—あの「鉄鍋ラーメン」を味わう!

今日が今回の八ヶ岳滞在期間の14日目、そして最終日でもある。

人類が新型コロナの脅威に翻弄されるようになって、ほぼ丸3年が経過。

この間、会社業務のオンライン化を中心としたBPRを進めてきて、今年がその「総仕上げ」の年と考えている。

結局、浮かび上がってきたのは、どれだけオンライン化を進めても「東京」と「対面」という要素がかかわる業務の「核(コア)」の部分はしっかり残るという(想定内の)事実である。

明日からは、東京での講演や長男の結婚式等、新百合ヶ丘自宅で対応すべき事が山積しているので、今日の夜、八ヶ岳オフィスから撤収(帰宅)する予定だ。

ここ数日、ちょっと天気が崩れたものの、今回の2週間の八ヶ岳滞在中は、そのほとんどが「快晴」で、かつ、八ヶ岳の1月とは思えない程、暖かい日が続いた。

朝の珈琲を終えた後、敷地内を散策。

メインウッドデッキに降りた霜が美しい。

メインウッドデッキには霜が降りていた。霜が朝陽に照らされて白く輝き美しかった。

本宅とオフィスの上空には、素晴らしい八ヶ岳ブルーの空が広がる。

今日が今回の八ヶ岳滞在最終日。ここ数日は天気が崩れたが、今朝は素晴らしい八ヶ岳ブルーの空が早朝から広がっていた。

一昨日、ちょっと雪が降ったが、ほとんどすぐに解けてしまい、庭にわずかに残った雪は、霜との区別がつかなかった。

お庭のフラットスペースには一昨日降った雪がうっすらと残っていた。
あれっ? よく見ると、雪と言うよりは「霜」かな?

地球温暖化が一段と進んでいるな…

1999年に本宅を購入した際には「将来的にも夏場はエアコン無しで快適に過ごせること」も極めて重視したのだが、昨年も最高気温が30℃を超えた日が2日あった。

う~ん、もうちょっと標高(八ヶ岳オフィスは1,300m)が高くても良かったかな?

夏場は「蓼科」周辺が一番快適に過ごせるだろう。

最近、そう思うようになってきた。

でも、蓼科は「自宅から車で2時間以内」という絶対必要条件を残念ながら満たさなかったのだ。

結局「富士見高原」が、24年前も現在も、私の「譲れなかった諸条件」を満たしてくれる地なんだろうな…

八ヶ岳ライフを楽しむ上で、どのような要素を重視(優先順位付け)して「土地選び」をするかは極めて重要だ。

近年、地球温暖化が加速度的に進む中で「標高」というファクターの重要性が一段と高まってきたように思う。
————

午後はオンライン講演の予定が1件入っているため、社主さまと早めの「撤収日外食ランチ」を楽しむことにした。

私は、どうしても行きたいお店があったのだが、念のため社主さまに食べたい物があるか問うてみた。

すると即座に「麺屋 蔵人がイイわ!」との言葉が返ってきた。

夫婦は似るものなのか、似た者同士が夫婦になったのかは定かではないが、実は私も「麺屋 蔵人」さんの『鉄鍋ラーメン』が食べたかったのである。

結局、「開店と同時に入店し、サラッと食べて、スマートに撤収」という外食ルールを今日も貫くことにした。

11時半の開店と同時に4組目として入店し、私は「味噌とんこつチャーシュー麵(大盛り)」、社主さまは「焼き味噌チャーシュー麵」をそれぞれオーダー。

11時半の開店5分前に「麺屋 蔵人」さん着。私達は待ち4組目だった。
私が注文した「味噌とんこつチャーシュー麵」。とんこつ特有の臭みはまったくなく、とってもマイルドな味わいである。
これが「鉄鍋ラーメン」の鉄鍋なのである。
社主さまオーダーの「焼き味噌チャーシュー麵」。チャーシューがド迫力で、とっても美味しいのだ。
社主さまのオーダーした「焼き味噌ラーメン」が麺屋蔵人さんの「看板商品」なのである。

「この味はここでしか楽しめないよね!」と2人で頷き合いながら、撤収日の外食ランチを楽しんだ。

店内滞在時間は33分間。迅速な撤収であった。
————

その後、ミニパジェくんの給油のために八ヶ岳滞在中の茅野の「ご贔屓GS」のひとつに立ち寄った。

D4と違い、ミニパジェはレギュラーガソリンでもOK。

でも「リッター 160円」だった。

ミニパジェくんに給油。EneKeyでもレギュラー160円か…やっぱり八ヶ岳界隈はガソリン価格が高いな!

う~ん、新百合ヶ丘自宅界隈のハイオクと同じ水準だな。

八ヶ岳ライフにおける「ガソリン価格の高さ」を改めて実感。

まあでも、それぞれの拠点の長所・短所を確認しながら楽しむのが「デュアル・ライフ」の醍醐味なんだよな…

 

ブログが長続きするように ポチッとしてご協力下さ~い (^_^)v

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村