今日は朝から「RYDEEN」…

YMOの「高橋幸宏さん」が、70歳という若さでお亡くなりになった。

まずは心より哀悼の意を表します。

私はどちらかと言うと「人の生き死に」に関しては淡泊な方だと思う。

特に、芸能人や企業経営者、政治家等々、著名人の死については、ほとんどのケースで「ああっ、そうなんだ。」で済んでしまう。

昨年も色々な方がお亡くなりになったが、一番衝撃的で、かつ、感傷的になったのは、ダチョウ倶楽部の「上島竜兵」さんだったな…

YMOの高橋幸広さんの死は、それに匹敵する程のショックであり、喪失感が大きい。

だって、YMO大好きだったんだもの…

私が大学入学して、「住所だけは一応東京都」の地で一人暮らしを始めたのが1980年の4月だった。

確か、YMOは1978年に結成されて、1983年に散開(解散って言わないんだよね)したので、その「最盛期」が見事に私の「大学生時代」と重なるのだ。

まだ大学の受験勉強の頃だったと思うが、YMOのアルバム「SOLID STATE SURVIVOR」を聴いた時の衝撃は忘れられない。

「なんてカッコイイ音楽なんだ!」と感動したことを覚えている。

なかでも、やっぱり「RYDEEN」と「TECHNOPOLIS」が好きだったな。

大学生時代は、まだ音楽は「ラジカセ」の時代であった。

大学生時代に使っていたラジカセを探してみたら画像やカタログがしっかりとインターネット上にあった。当時のオーディオ機器ってお洒落だったよな…

アナログタイマーセットして、朝の目覚めの音楽は「RYDEEN」「TECHNOPOLIS」とYMOの曲じゃないが Vangelis の「Chariots of Fire」をローテーションで流していた時期がかなり長く続いた。

私がこれまでの人生の中で、最も聴いた回数が多い曲 Best10 の中位辺りには、これら3曲は入ってくると思う。

そんなわけで、今朝は本当に久し振りに Alexaちゃんにお願いして Spotifyで幸宏さん作曲の「RYDEEN」を聴いた。

Alexaちゃん、今日の朝の音楽は「RYDEEN」をお願いね…

「TECHNOPOLIS」には「洗練」という言葉が似合うが、「RYDEEN」は「お洒落な曲」だと思う。

令和の時代に聴いても、新鮮で全然古臭さなんて感じないぞ!

あれっ、そう言えば、八ヶ岳本宅を購入した頃に、YMOの結成から散開までの有名ライブ映像を収録したDVDを買った記憶があるぞ。

もう20年以上も前のことだからよく覚えていないのだが、もしかすると本宅ホビールームにあるかもしれないぞ!

書棚のDVDが並んだスペースを探したら、すぐに見つかった。

本宅ホビールームの書棚を探したら「YMO結成20周年記念」で発売されたライブ映像のDVDが見つかった。発売は1998年だった。今となっては「お宝」である。

DVDのタイトルは「YMO Giga Live」。

1979年から1983年まで5つのライブ映像が収録されている3時間以上のDVDだった。

あれっ、YMOのDVDって、こんな感じで始まるんだっけ? お洒落じゃなくてちょっと意外…

「RYDEEN」は、1979年のGREEK THEATERライブの4曲目にフル収録、有名な1980年武道館ライブのイントロダクションに部分収録されていた。

RYDEENの有名な武道館ライブの映像収録はイントロダクション部分のみだった。ちょっとガッカリ。
RYDEENのフル収録は、1979年のGREEK THEATERライブのみ。画像の悪さは43年以上も前なので仕方ないな…

今日は、高橋幸宏さんの追悼で、仕事中はこのDVDをBGVとして流すことにした。

DVDの画像の粗さにちょっとビックリしたが、それも「昭和の良き思い出」である。

このDVDは、私にとって「お宝」だな!

最近つくづく思うのだ。

「昭和の時代」は、車やオーディオ機器、それに音楽も、とってもお洒落だったなと…

 

ブログが長続きするように ポチッとしてご協力下さ~い (^_^)v

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村