Posted in 【My favorite things】 【八ヶ岳ライフ】

雪は無くとも「八ヶ岳の冬」

今朝の八ヶ岳の空は、昨日のどんよりとした雪模様の空とは打って変わって爽快そのもの。誰が使い始めた表現なのかは定かではないが、『The 八ヶ岳ブルー』と言えそうな冬空が広がっている。

午前中はひたすら講演資料の作成に取り組み、正午前に一段落ついたので、小淵沢ICのローソンに買い出しに出掛けた。帰路、富士見高原リゾート入り口手前でふと思い付いた。「こんなに雪が無い中で、スキー場はどうしているんだろうか?」と。

余計なお世話かもしれないが、ちょっと心配になって、オフィスから車で3~4分程の場所にある「富士見高原スキー場」に立ち寄る事とした(小淵沢からの帰路の途中にあるので、ただの寄り道だが…)。

考えてみれば当たり前なのだが、雪は無くとも人工降雪機完備なので、スキー場は普通に営業中だった。スキー場の広々とした駐車場から南アルプスの山並みを遠望。甲斐駒ヶ岳の勇壮な姿は、いつ見ても迫力満点である。

心配するまでも無く「富士見高原スキー場」は、ちゃんと営業中。でも、ゲレンデの外にはまったく雪が無い。
南アルプスの山々は荒々しくて男性的だ。そのシンボル的存在が「甲斐駒ヶ岳」である。

次いで、南アルプスとは反対の方角に位置する八ヶ岳を眺めた。もっとも、八ヶ岳オフィスも富士見高原リゾートも標高1,300m程度の「八ヶ岳中腹」とも言える場所にあるので「山頂を見上げる」という表現が正しい。昨日の降雪のためであろうか、山頂方面は漸く「雪化粧」。この時期、オフィス周辺の山々は本当に美しい!

一方、八ヶ岳は優美で嫋やかだ。富士山に殴られて、こんな姿になったという神話もあるようだが、私には、富士山がコノハナサクヤヒメ、八ケ岳がイワナガヒメという話に違和感を覚える。八ヶ岳も美人だぞ!

スキー場の駐車場を離れ、同じく富士見高原リゾート内にある「鹿の湯」の駐車場にD4を移動。「こんなに暖かいから、もしや鹿の池が凍結していないのでは?」と思ったのだが、やはり「八ヶ岳の冬」であり、池は一面しっかりと凍っていた。

私が八ヶ岳滞在中、ほぼ毎晩通う「鹿の湯」の建物。正式名称は「ホテル八峯苑鹿の湯」だったかな? 私の場合、八ヶ岳本宅のバスルームよりも、間違いなく鹿の湯の方が利用回数は多い。
鹿の湯の前に広がるこの池は「鹿の池」と言う。安易なネーミングがわかりやすくて好きだ。暖冬だが池の表面はしっかりと凍っていた。

鹿の池周辺の木々を眺める。白樺の枝に、まるでデコレーションのように実る「宿り木」に何とも言えない風情が漂う。宿り木は、やはり樹木の葉が落ちた冬が最も美しい。

冬の「宿り木」はいつ見てもいいなぁ~。なんで我が家の白樺には宿ってくれないのだろうか? 外して持ってくるのは駄目だよな…

雪はまったく無いけれど、至るところに「私が愛してやまない八ヶ岳」の冬の景色が広がっている。こんな穏やかな冬も悪くないな…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】

冬の八ヶ岳 公園のお散歩を楽しむ!

朝も八ヶ岳は快晴。6時半過ぎに目覚めると、オフィスウッドデッキに出て大きく深呼吸。八ヶ岳の冷たく澄んだ空気を体内に一気に送り込んだ。

その後、朝の習慣であるマシンでの30分間のウォーキングを済ませて、ローソンのふすまパン(今日はブランのチーズ蒸しケーキ)、低糖ヨーグルト、珈琲、フルーツ(ミカン1個)からなるシンプルな定番メニューを食した。今回は家内(社主)の同行のない単独滞在なので、ずっとこんな朝食が続く。

食材が完全に尽きたので、8時40分過ぎに富士見の西友に買い出しに出掛けた。ふすまパンは西友では買えないので、その後、ローソン富士見店へと向かう。買い出しが完了したのは9時20分。あまりにも良い天気なので、そのまま「八ヶ岳自然文化園」を散歩する事に決めた。

自然文化園は、八ヶ岳オフィスから6km程の場所にあり、公園内に、八ヶ岳、南アルプス、北アルプス、そして蓼科・霧ヶ峰の山々の遠景を写真撮影できるスポットが分散して存在する。私のお気に入りの場所のひとつである。

自然文化園の駐車場に着いたのは9時半ちょっと過ぎ。この時期、D4には、ダウンジャケットとベストが積みっぱなしにしてあるが、外気温計がマイナス3℃を示していたので、躊躇なくジャケットの方を選んで、カメラを持ってお散歩を開始した。

駐車場に近いセミナーハウス&レストランの展望スペースに直行。ここからは、蓼科・霧ヶ峰方面の美しい山並みが見渡せる。今日は、霧ヶ峰方面は雲ひとつ無く本当に美しい。

ストラン&セミナーハウスの展望スペースから眺めた蓼科・霧ヶ峰方面の山々。雲ひとつ無く本当に美しい青空だ。

写真を撮影した後、北アルプスや南アルプスの撮影スポットに移動したが、何故か山々は雲に覆われていたので写真撮影は諦めた。その後、公園内の散歩を本格的に開始。園内の「まるやち湖」は湖面が完全に凍っている。

よく見ると湖面に足跡が複数残っていた。物好きな人が歩いたんだなと…オッと、さらによく見るとオジさんが1人、正に湖面を歩いているではないか。あのオジさんが万が一氷が割れて湖に落ちたら、救助の要請など面倒事に巻き込まれる事になる。そうなると今日の予定が狂ってしまうので、足早にまるやち湖を離れた。

湖面が完全に凍結した「まるやち湖」。湖面には複数の足跡が…よく見たら、対面の湖面を歩いているオジさんがいた。氷割れても知~らない!

園内は愛犬と散歩する人が2~3名いるのみで、私の「貸し切り状態」に近い。冬の朝の公園ならではの「贅沢な時間」を堪能する。

冬の寒い朝、公園内を散歩するのは数名の愛犬家のみだった。私の「貸し切り状態」に近く、本当に「贅沢な時間」を楽しめた。

その後、「野鳥の森 遊歩道」など、定番のコースを散策したが、結局、誰にも会わなかった。

定番の散策コース「野鳥の森 遊歩道」を歩いたが、散策者は私のみ。野鳥もほとんど見かけなかった。八ヶ岳オフィス給餌台の繁盛とは対照的な静けさだ。それがまたイイ!

園内の広葉樹は白樺を中心に、至るところに「宿り木」が寄生している。落葉した冬になると宿り木は、その存在感を主張する。(ペーパー)森林インストラクターでもある私は、宿り木をジックリと観察。冬の公園散策の楽しみのひとつである。

園内の広葉樹には至るところで「宿り木」が観察できる。写真は白樺に寄生したもの。宿り木の観察は「冬の公園の特権」である。

30分ほど園内を歩いた後、駐車場へ向かう緩い上りのスロープをゆっくりと歩く。このスロープの途中に、八ヶ岳撮影の絶好のスポットがあるのだが、残念ながら雲がかかっていた。今日は100点満点で40点程度の見映えである。

この位置からもう少し歩くと、八ヶ岳連峰撮影の絶好のスポットに至るのだが、予想していたよりも雲が多かった。これじゃあ良い写真は撮れないな…朝起きた時は、八ヶ岳方面も快晴だったのだが残念だ。

八ヶ岳オフィスに戻ったのは、10時10分ちょっと前だった。買い出しと散歩を合わせて約1時間半のショート・トリップとなった。右手首に付けたアクティビティ・トラッカーを覗くと、既に今日の歩数は7.4K(7,400歩)と表示された。午後のマシン・ウォーキングだけで、今日も1日の目標歩数10,000歩を軽く超すのは確実だ。

こんな「健康的な生活」を気楽に楽しめる環境も「働き方改革」のひとつの重要な要素であるように思う。