今年1番の雪だな— 窓をあけたらキミがいた

今日で八ヶ岳滞在は1週間目。11日に天気が崩れたものの霙のような雪で、積雪は大したことはなかった。

相変わらずの「暖冬」で、昨年の秋以降で氷点下10℃を下回ったのは1回しかない。

そんな事どうしてわかるのかと思うかもしれないが、オフィスのウッドデッキに設置した外気温センサーが、氷点下10℃以下になるとNoteくんやGalaxy Watchに通知(アラート)を送る設定にしてある。

今年のオフィス周辺の最低気温は1月2日午前5時のマイナス11.4℃で、アラートが届いたのはこの時だけなのだ。

昨年の秋以降で、氷点下10℃を下回ったのは1月2日の早朝のみ。やはり「暖冬」である。今朝は2回目の氷点下10℃割れかなと感じたのだが、結局、マイナス9.7℃が最低気温だった。

7時過ぎにオフィスのデスク前のブラインドを開けると、眼下の庭は一面の雪景色。どうやら昨晩の内に雪がかなり降ったようだ。

敷地内がすっぽりと雪に覆われたのは、今回の滞在中で初めて。

ウッドデッキの手摺りに積もった雪は3~4cmといった感じである。

午前7時過ぎにオフィスの窓のブラインドを上げたら、庭は一面の雪景色だった。ウッドデッキの手摺りに積もった雪は3~4cmかな? 今年1番の積雪量であった事は間違いない。

「今年1番の積雪」だな! 枕木テラスに出ると、とても寒かった。

これは、もしかして今年2回目の氷点下10℃以下だろうか?

Noteくんで確認したら、マイナス9.6℃。やっぱり「マイナス10℃の壁」が、年々、厚くなっている事を実感。

2000年に八ヶ岳ライフを始めた頃には、「氷点下20℃近い朝」を何回か経験したのだが、最近はそんな「記録」も「記憶」もない。

もっとも当時は、アナログ型の外気温計を窓の外に貼っての「時代遅れの観測方法」であったので、精度は当てにならない。

4~5年程前からは、IoT化された高精度の各種センサーが1年中敷地内の様子をモニターし、必要とあれば通知、対応(ヒーターの稼働等)をしてくれるようになった。

先行して進めた会社業務のDX化にやや遅れたものの、ここ数年でプライベートにおけるDX化もかなり進んだのである。

使い方に慣れてしまえば、物わかりの悪い面倒な人間を相手にするよりも、AlexaちゃんやGoogle嬢の方を信頼して、IoT機器の運用を委ねてしまった方がはるかに快適だ。

With コロナ(個人的には With 新型ウィルス)時代の特性の一つは「普通に人に会うことがリスク・テイクとなった事」だと、私は考えている。

「元々、これからの時代に自分が向いた性格で良かったな…」なんて思うことが一段と増えてきた。

氷点下10℃手前の敷地内を歩いてみた。

オフィスも本宅も周辺は完全な雪景色。
焚き火台とBBQ台も雪に覆われた。
D4とパジェロミニの上にも雪が積もっていた。今回の滞在中で初めて見る「冬の八ヶ岳」特有の光景である。

雪はサラサラのパウダースノーで美しいが、やっぱり寒いな…

枕木スロープも完全に雪に覆われて見えない。
当然ではあるがお庭の芝生スペースは「雪原」状態になった。

5分程でオフィスに戻って、朝の珈琲を味わった(今日は「富士見高原ブレンド」)。

外で何かが動く気配を感じて、窓の外を見たら、コナラやブナの枝で野鳥さん達が動き回っているのが見えた。

おやっ、これは「レストランの順番待ち」かな?

すぐに大幅リニューアルした「ティエル」に目を移すと、野鳥さん達が、積もった雪を掻き分けてヒマワリの種を啄んでいた。

大幅リニューアル後の「ティエル」が繁盛しているのは今朝が初めてだった。

正に「窓をあけたらキミがいた」状態。そう「人気店復活」の瞬間であった。

やっぱり雪が積もると、餌に困った野鳥さん達は、我が家のレストランを頼りにしてくれるんだな。

本宅に移って観察するとメイン店舗である「プルミエール」も大繁盛。

両店共に、今冬初めての「満員御礼」である\^^/

メイン店舗である「プルミエール」は千客万来状態。
こういう変わり者は、どんな世界にもいるんだな。雪は冷たくないのだろうか?
こちらは見事な「擬態」である。コナラの幹と見事に一体化しているな…

「困った時に頼りにされる」というのが、野鳥さんとの関係においては、ちょうど良い立ち位置かもしれないな… そんな風に思えた。

何事も「サラッとした関係」が心地良い。
——

『八ヶ岳稿房』読者の皆様へのお知らせ —

1月11日より、1年間休稿していたメイン・ビジネス・サイト『銀行業界鳥瞰図(https://triglav-research.biz/)』の配信を再開致しました。

そんなわけで、『八ヶ岳稿房』の配信頻度は今後は「週3回程度」を目途とします。

引き続きご愛読の程、よろしくお願い申し上げます。