タグ: 北海道役員慰安旅行

樹の家への途(番外編)@白老ポロトコタン

ツリーハウスへの憧れや想いは日に日に募っている。縄文土偶探訪のように「見て感動する」といった受動的な興味ではなく、八ヶ岳の建設予定地にどんなツリーハウスを自分の手で建てようかという極めて「能動的な欲求」である。

これまで見学した計9軒のツリーハウスは、それらの造形(外見の美)を楽しむだけで、どれも中に入る事は出来なかった。そのため、実際にツリーハウスを建築するための知見を得るという観点からは、ほとんど成果は無し。何事も目的適合性に重きを置く私は「見て楽しむためだけにツリーハウスを訪問するのは意味がない!」という結論に早々と至ったのである。そんなわけで、今回の役員慰安旅行については、ツリーハウス関連の予定はまったく組まなかった。

だが、旅行3日目(9月8日)に「白老ポロトコタン アイヌ民族博物館」を訪れた際に、ちょっと心惹かれる構造物に偶然出会ってしまったのだ。敷地内に建てられていた「プ(食料庫)」「ヘペレセツ(熊檻)」である。遠目に見た時は、「ん? 低い位置にあるツリーハウスか?」と思った。

向かって右側が食料庫の「プ」、左側が熊の檻となる「ヘペレセツ」である。遠目に見た時は、低い位置に2軒のツリーハウスが並んでいるのかと思った。実際は、4本のカットした丸太を足(基礎)とする「高床式構造物」であった。

近付くと、4本の丸太を足とした「高床式構造物」である事がわかった。ツリーハウスの「定義」は様々だが、一般的には「生きた樹木を建築上の基礎として活用する構造物(人用の家屋)」とされている。色々な文献を調べてみると、この「生きた樹木」という部分が重要であるらしい。

「プ」も「ヘペレセツ」も丸太をカットして基礎としているので、この定義に照らし合わせればツリーハウスではない。これまでに見学した中では「空飛ぶ泥舟http://triglav-research.com/?p=18772)」もツリーハウスには該当しない事になる。

でも、私からすれば「定義」なんて実はあまり重要ではない。要は、建設予定地である約100坪の三角地の樹木を上手く活かして、お洒落な小屋を建てる事が出来れば良いのだ。そして、その中でノンビリと読書や昼寝が出来て、ちょっと高い位置から八ヶ岳本宅&オフィス敷地内を珈琲でも飲みながら眺める事が出来れば大満足である。

本宅とオフィスという2軒のログハウスを構えているので、寝泊まりする気などは毛頭ない。「ゲゲゲの鬼太郎の家(ゲゲゲハウス?)をシンプルにした茶室みたいなのがいいなぁ~」なんて事を考えていたので、高床式構造物とは言え、ツリーハウスの趣を漂わせた「プ」と「ヘペレセツ」の清々しいシンプルさにグッときたのである。

「プ」の外観。ゲゲゲの鬼太郎の家をさらにシンプルにしたイメージ。近付いて構造をジックリと観察する事が出来た。

ゲゲゲハウスに似たのは「プ」の方であるが、「ヘペレセツ」の方も単純で力強い造形に心惹かれる。ヘペレセツのように隙間のある外壁を4X4材や2X6材等で六角形に組んで行くとお洒落かなぁ…などと思わずイメージしてしまった。

こちらは熊の檻となる「ヘペレセツ」。武骨で荒々しいが、私はお洒落だと感じた。だが、私がこの中にいたら、社主さまは「性格の悪い熊が檻に閉じ込められている」と言ってからかうに違いない!

ん? 隙間のある外郭。そうか、小諸ツリーハウスプロジェクトのお気に入りである『間』もそんな構造だったな。ヘペレセツの「武骨な荒々しさ」に対して、『間』は「洗練された優雅さ」が魅力だが、建物としての根っこの部分には同じような思想があるように感じる。

こちらは小諸ツリーハウスプロジェクトにおけるお気に入りの『間』である。スマートで洗練された本当に美しい造形だ。ヘベレセツとは対極的なツリーハウスであるが「隙間の美」という意味では、相通ずるモノがある。

トリグラフ・リサーチのツリーハウスも「隙間の美学」に挑戦しようかな… 業務多忙でツリーハウスの建築に時間を割く余裕などないのだが、こんな具合に構想だけは着々と進んで行く。

花畑を見て思う

手塩に掛けて育てた花々が満開となり、初秋の野を鮮やかに彩っている。今日は、文章ではなく、写真を楽しんで欲しい!

ちなみに、花を育てたのは、私ではないし、勿論、花畑も我が家(川崎自宅&八ヶ岳オフィス)とは無関係である。これらは、9月7日(木)、北海道の富良野から美瑛へと通じる「花人街道237」で花畑をハシゴした際に撮影した写真のごく一部だ。

今年は、例年よりもやや早く仕事に飽きてしまった。7月中旬頃から「仕事関連の残りエネルギー」が怪しくなってきたので、恒例のエアラインのマイレージサービスを使った「役員慰安旅行」を9月6日(水)~9日(土)の3泊4日で組んだ。全国各地を講演で巡業して1年間で溜まったマイルの一部を使って、飛行機、ホテル、レンタカー代をすべて賄う「ほとんどゼロコスト」の旅である。

2013年の弊社開業以来、北海道各地を訪問するのが「役員慰安旅行」の基本だったのだが、昨年は、例外的に「鳥取・島根・岡山」の旅とした。メインイベントであった「出雲大社詣」の御利益は抜群で、直後に次男の結婚が決まったのは稿房通信でも紹介済みである。

息子達の結婚については、まだ長男と三男が残っているが、神頼みばかりでは申し訳ない(情けない)ので、社主と相談して、今年は基本路線に戻す事とした。1泊目は札幌、2泊目千歳、3泊目は函館と道央・道南を旅する予定を組み、2日目に訪問したのが、これら「花人街道」の花畑なのだ。

今回はマイルをかなり思いっ切り使ったのだが、それでもまだ40万マイル位残っている。それだけ頻繁に国内出張して、地方でお金を使ったという事だと思う。自分では「地方創生」への貢献と考えている。

外国人観光客ばかりを大切にしないで、私のような「旅芸人稼業」の日本人にもっと優しくしてくれても良いのではないか… 日本人のビジネス出張客が蔑ろにされているような思いが年々高まっていて、インバウンドに頼った地方創生への取り組みに対しては、やや違和感を覚える。

有名な「ラベンダー」の開花期は既に終わっていたが、それは承知の上で、むしろ色とりどりの初秋の花を堪能したいというのが社主のご要望だった。私は、千葉県の最南端、1年中花が咲いているような町で生まれ育ったので、花を見てもあまり感動する事はないのだが、花人街道の花畑の美しさとスケールの大きさには圧倒された。

役員慰安旅行の目的は、リフレッシュして、尽きかけている仕事に対するやる気を再燃させる事にある。だが、今年に関しては「逆効果」だった。美瑛や富良野の広大な花畑や農園を見ていたら、金融という「虚業界」に戻るのがさらに嫌になってきた。

太陽フレアの影響で、帰りの便は欠航になるかと期待したのだが、残念ながら定刻通りに運航した。さすがオフィス・セルフビルドの棟梁Tさんが働くANAである!

ああ、今週から嫌だけど、また仕事だ… 美しい花畑の写真を掲載して、真面目に働く稿房通信読者をイラッとさせて、せめて憂さ晴らししよう!