Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との語らい】

アライグマ夫婦の山籠もり日記(五)焚き火台で焼き芋

1日のほとんどを八ヶ岳の敷地内で過ごす生活が続いている。 今日もD4で郵便ポストにレターパックを投函に行っただけだ。おそらく社主さま(家内)以外の人間と最後に会話してから100時間以上が経過しているように思う。 元々、人…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との語らい】

対COVID-19 — 結局、最善の対策とは…

『八ヶ岳稿房』でCOVID-19パンデミックについて初めて書いたのは、1月15日(https://triglav-research.com/?p=26358)だったので、世間一般よりはかなり早い時期にその脅威を認識してい…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】

八ヶ岳で「穏やかな自粛生活」

昨日(26日)朝8時過ぎに新百合ヶ丘の自宅を発って、社主さまと八ヶ岳オフィスへ出勤。 こんなご時世に10日間続けた在宅勤務から、わざわざオフィスでの仕事に切り替えるのは不謹慎とそしられるかもしれないが、私の場合はどう考え…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【八ヶ岳平日温泉三昧】

仕事三昧の中「温泉と焚き火」を楽しむ — これぞ「八ヶ岳ライフ」

人混みが兎に角嫌いだ。 満員電車なんてのは正に最悪だし、オフィスだろうが、レストランだろうが、人口密度が増すに連れて、不快度が二次関数的に高まるような気がする。 最近になって、私は「東京」が嫌いなのではなく、あの「雑然と…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】

急速に変わりつつある趣味趣向 ② — 焚き火編

9月の中旬に50数回目の誕生日を迎えた。1の位を四捨五入したら「還暦」、10の位ですれば「紀寿」となった。もう間違いなく「人生の終盤戦」に突入している。 最近、明らかに「趣向」が変わってきたと実感する事のひとつに「焚き火…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】

「特別に静謐な1日」の締め括り —山栗からの贈り物で楽しむ「焚き火」

私が1番好きな映画は、デヴィッド・リーン監督、ピーター・オトゥール主演の『アラビアのロレンス』である。1962年製作のイギリス映画で、モーリス・ジャールの音楽も素晴らしい。映画の中で、主人公のT.E.ロレンスが、新聞記者…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】

朝、気が付けば『初雪』

トリグラフ流ダイエットの根幹のひとつをなすのは「Walking」である。今朝も、オフィスに置いてある電動ウォーカーで、朝イチ30分、約2.3kmの軽い歩行を終えた。その後、ブラインドを開けてビックリ。オフィス周辺の景色が…