Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【樹の家への途】

今年2回目の八ヶ岳オフィス出社—ツリーハウスブームも来そうな予感

1月15日~18日が、我が社の対外的業務の仕事始めの週となった。2019年版にフルバージョンアップした講演のスタートは1月28日からの週となるが、その試行版で講演を3件程こなして、東京での仕事が完了。昨晩、八ヶ岳オフィスに出社した。今年2回目の出社である。

LPR作業は、業務については「講演体系の見直し」という最も手間の掛かる(かつ最重要)案件が終了したが、プライベートも含めると進捗状況はまだ2合目といったところだ。業務に限定したBPRは、これまでは1月末を目処に仕上げてきたが、今回は対象を Lifestyle全般に拡大し、70歳代を見据えての構想・準備となるので、焦らずに「長期戦」で取り組む事にした。4月には、3週間程の長期休暇をとる予定だし、その後は10連休となるGWも控えている。GW明けの銀行決算の発表までにじっくりと考えて行こうと決めた。

当面は、頭に浮かんだアイデアや興味を覚えた資料を超お気に入りのアプリ「IdeaGrid」に片っ端から放り込んでストックする事にした。暇や閃きがあったら、グループ化したり、パズルのように並び替える。そんな具合にLPRのためのアイデアを熟成するのだ。

ちなみに、IdeaGridのテキスト入力は、ほとんどが Apple pencilによる手書きか音声入力である。アプリによっては、もうほとんど画面上のキーボードにタッチしない時代になった。デジガジェ類の進化は本当に凄まじい。

朝の9時過ぎには定番作業を終え、庭に出た。今年何度呟いたか、もうわからない程だが、兎に角、八ヶ岳西麓標高1,300mの地の冬とは思えない程に穏やかで寒くない。「温かい」という表現を用いても大袈裟ではない気がする。敷地内には「雪の欠片」もない。

今年2回目の出社で迎えた最初の朝。敷地内には雪の欠片も無く、陽射しが強いので寒くない。スチールホイールで作ったファイヤープレイスで焚き火をしようと思ったのだが、寒くないのでやめた。

異常とも言える「陽気」に、もしやと思って、オフィスエントランスの脇の地面にスコップを突き刺してみた。「おおっ、刺さって立ったぞ!」とビックリ。例年だったら表土まで硬く凍ってスコップは弾き返されるのだが… 最近は、日常生活のさり気ない場面で「地球温暖化」を実感する事が多い。さあ、遊んでないで講演資料の構成を考えよう。今日は、休日返上して仕事に取り組む予定なのだ。

オフィスエントランスの脇の地面にスコップを突き立ててみたら簡単に刺さった。例年なら表土までカチカチに凍っているので、こんな事無理なのだ。ちなみに東日本では、シャベルとスコップので大きい方をスコップと呼ぶ。西日本ではその逆である。

午後4時過ぎに予定していた仕事が終了。テーブルランドさんの珈琲(富士見ブレンド)を味わいながら、テレビのスイッチをオン。すると画面にいきなり見慣れた「ツリーハウス」が映し出された。間違いなく茅野の「高過庵(https://triglav-research.com/?p=18772)」である。思わずそのまま見入ってしまった。

SBC信越放送制作の「不思議ジャパン、世界へ!(http://sbc21.co.jp/tv/fushigi-japan/)」という番組で、MCのサンドウィッチマンさん達と高過庵の制作者 藤森先生との対談もあり、超ナイスな番組だった。藤森先生のコーナーは4時25分頃に終了。高過庵や空飛ぶ泥舟に代表される藤森作品が海外でも注目されている事を初めて知った(土偶さんと同じで海外の方が見る目があるんだな..)。

番組に刺激されて、我が社のツリーハウス建築予定地に急に足を運んでみたくなった。残りのコーナーを録画して、オフィスウッドデッキから建築予定地を見おろした。午後4時半を回っているので、夕陽は既に南アルプスの山々の稜線に近付きつつあった。

オフィスウッドデッキから我が社のツリーハウスの建築予定地を眺める。財産区林寄り西側の三角地100坪強のスペースを予定している。
今日のお昼過ぎに敷地内を散歩したときの写真。ツリーハウスの建築予定地の隅から本宅とオフィスを眺めるアングルだが、かなり高度差がある事がわかるだろう。

実際に予定地に立って、様々な角度から眺めて見た。「うん、やっぱりここがツリーハウスに最適だな。」と確信。同時に「LPRの中で、ツリーハウス・プロジェクトをどうするか考えていなかったな。」と気が付いた。ああ、また検討事項が増えてしまったな…

支柱とする予定のカラマツを何本か伐採せずに残してある。本当は太い広葉樹が好ましいのだが、残念ながらこのスペースには良い木がなかった。
ツリーハウスの中で珈琲を飲みながら、南アルプスに沈む夕陽を眺めたら最高だろうな…

あとで録画を見たら、藤森先生のコーナーは、間に軽トラック等の小ネタを挟んだ後に、また続いた(本当に世界各地から建築依頼が舞い込んでいるのだ)。私は世の中の「土偶さんブーム」をかなり先取りしたと自負しているが、ツリーハウスブームも来そうな予感がする。

Posted in 【My favorite things】 【八ヶ岳ライフ】 【樹の家への途】

「スークスーク お山の市場 2018」で珍しくまったり — 雑然と悠然の絶妙なブレンド

社主さまとの八ヶ岳休暇滞在2日目午後の部。オオムラサキセンターでの、森林インストラクターとしての失態をカバーすべく、午後の部は「新手のおもてなし企画」を繰り出す事とした。

ランチは、先日、私が単独で訪れた「ドームハウス さとう」さんでの手打ち蕎麦フルコース(https://triglav-research.com/?p=23245)に決定。事前に電話して、営業中である事を確認の上、訪問。

「ドームハウス さとう」さん。6月14日に続いて、早2回目の訪問。私が初めて訪れたお店を短期間で再訪するのは異例中の異例。それだけ「お気に入り」スポットとなったのだ!

社主さまは、お蕎麦と地元野菜の天麩羅の美味しさにご満足の様子。さらに、オーナーご夫妻のドームハウスやツリーハウス建築のお話しを楽しそうに聞いていた。さすが、我がオフィスのセルフビルドの際に、腕、肩、首を傷めて戦線離脱した私に代わって、8月の炎天下、三男と2人で屋根工事をすべて終えてしまっただけの事はある(https://triglav-research.com/?page_id=19452)。

ツリーハウスも2回目の見学。このツリーハウスは本当に素敵だな。中に入れない「芸術品(お飾り系)」ツリーハウスと異なり、味わいがある。温もりが伝わってくる。

食後は、オーナーの奥様とツリーハウスに上って、何か話し込んでいた。弊社がツリーハウスの建築に着手する時期は依然として「未定」であるが「ドームハウス さとう」さん訪問が、社主さまからのゴーサインを得る上で大いにプラスに作用するのは間違いないだろう。

そして、当然の如く、次なる目的地は「むかわの湯(https://triglav-research.com/?p=23264)」となった。こんな時のために、D4には私と社主さまの「日帰り温泉エンジョイセット」を常に積んである。そう、6月14日の「平日休養日」の体験をフル活用したナイスな企画なのだ。

日曜日午後2時前の温泉は、お客さんは男湯で10名程度、社主さまによると女湯はもっと少なかったそうだ。青空の下、広々とした湯船にゆったり浸かる事約1時間。正に「極楽」である。

さらに嬉しい事に、受付前の売店では、真っ赤に熟れたトマトやミニトマトが大きめのビニール袋にギッシリと入って「1袋100円」で販売中だった。「こんな美味しそうなトマトが、これ程安い値段で売っているの見た事ない、信じられない…」とおっしゃって、社主さまは目を輝かせてまとめ買い。でも、誰があんなに食べるんだろう? まっ、イイか…

「むかわの湯」を発つ時点で、私の午前中の汚名を濯ぐ事ができたように思う。そして、この日最後の「おもてなし企画」目的地は、原村「スークスーク お山の市場 2018http://pof.jp/souqsouq/である。

八ヶ岳界隈は、真冬の厳冬期を除けば、様々な観光イベントの宝庫である。ちょっとググれば、その日に開催されているイベントがいくつかヒットする。

「スークスーク」がどんなイベントかはよく知らなかったが、オフィスを発つ際に「この日が3日連続のイベントの最終日。場所は社主さまがシクラメンを購入する栽培農園のすぐ近く」という事だけは確認済みだった。

むかわの湯からナビを設定し、イベントの専用駐車場に着いたのは午後3時半過ぎ。駐車場からはシャトルバンで会場(シクラメン栽培ビニールハウス再興園 )に移動。バンを下りた私の第一印象は「ヤバい。人混みと屋台の雰囲気だ。私の一番苦手な感じだ…」

「スークスーク」の会場入り口。第一印象は「あっ、ここ苦手。雑然としている。人もいっぱいいる。」だったのだが…

社主さまは、1人500円(100円のマーケット内で使える通貨付き)の参加費2人分を払って、嬉しそうにハウスの中に立ち並ぶお店へとどんどん歩いて行く。マーケットへの出店数はかなり多い(あとで50店以上と知った)。ファストフードやアクセサリー、雑貨、衣類のお店等が雑然と並んで、お客さんは私が想像していたよりもはるかに多く、かなりの混雑状態だった。

私は「雑然は苦手で、整然を好む」。「雑然とした人混み(雑踏)」なんて状況に身を置くと、5分もすると逃げ出したくなる。「取り敢えず、足早に一回りして、マーケットの外で待とうか」なんて事を考えながら、社主さまの後を追った。

だが、「スークスーク」は、普通のマーケットとはちょっと様子が違った。お店の人からお客さんに声を掛けるような事(売り込み)は一切ない。それどころか、店員さん(オーナーさん)とお客さんが、世間話でもしているような「のどかでまったりとした感じ」の雰囲気である。

シクラメン栽培用の大きなハウスの中に、50店以上がテント等を設けて出店。お店の境界も曖昧で雑然としているのだが、不思議と居心地が良い。雑踏とも言える空間で、こんな事を感じたのは初めてだ。

「雑然さと悠然さ」が絶妙にブレンドされた空間となっており、妙に居心地が良い。私も思わず、ピリ辛さつま揚げや八ヶ岳ブレンドの特製アイス珈琲を買って、立ち食い(飲み)してしまった。

八ヶ岳ブレンドのアイス珈琲、本当に美味しかった。八ヶ岳珈琲工房テーブルランドさんは、八ヶ岳オフィスから車で5分程の場所にある。

また、まったくの偶然なのだが、前回の八ヶ岳オフィス滞在時に初めてお目にかかったご夫妻が出店なさってるのに遭遇。これにはビックリした(これについては、改めて『稿房通信』で書こうと思う)。こういう偶然には、何らかの意味があるに違いない。

結局、「スークスーク」には約40分滞在。気の短い私にとっては「異例の人混み長時間滞在」である。子供の頃から、お祭り、花火大会、初詣の人混みとか大嫌いだったからな…

オフィスに戻ってから「スーク(Souq)」って何か調べると、「モロッコ等の迷宮都市の中にある市場の名前で、通路も狭く1度この迷路に入ると出られないかと思うような世界に様々なお店がひしめき合っています。」とイベントのHPに記されていた。ほ~ら、やっぱり私が一番苦手な類の場所だ。

だが、HP冒頭には、「なんでもあって、迷路みたいで、夜遅くまで食べて呑める屋台があって、今の日本に欠けてる世界を造ってみたい。『SouqSouq(スーク スーク)』は、たくさんの人達が集まりエネルギッシュで温かさに満ち満ちた、どこか懐かしい、だけど新しい市場を、街からではなく私たちの源である山から発信していきます。人と人、そして文化の交流にもなるような市場を目指しています。」とも書かれていた。

主催者さん、結構、イケてるかもしれませんよ! 人込み大嫌いな私が40分も楽しみましたから… これからも頑張って下さいね。

「八ヶ岳」の魅力をお伝えするために、にほんブログ村に登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【樹の家への途】

新コンテンツ【樹の家への途】スタート!

昨日は八ヶ岳オフィスにしては珍しく、1日愚図ついた天気だった。今日は朝から雨も上がり、オフィス周辺は柔らかな陽がさしている。朝から庭を散策。空を見上げて決めた。そうだ、今日から、「稿房通信」の新コンテンツ【樹の家への途】を正式にスタートさせよう!

新コンテンツの根幹は文字通り「樹の家(ツリーハウス)」である。既に、トリグラフ・リサーチの次期DIYプロジェクトとして、正式決定はしているのだが、着工時期は「未定」。業務多忙で時間がないし、「ツリーハウス作り」の基本的知識や技能の蓄積もない。

今後3~4年は、ジックリと、①全国のツリーハウスの実物を見て回る ②その間に、DIYのためのスキルを磨く事 に専念しようと思う。あせらずとも、既にツリーハウスの建設予定地は確保済みである。本宅メインウッドデッキ、オフィスウッドデッキから共に見下ろす事が出来る約100坪の三角地だ。

本宅メインウッドデッキのロッキングチェアから撮影した「ツリーハウス建設予定地」。縁台スペースの奥の一段低い「三角地」スペースであり、かつては、鬱蒼とした手入れの行き届いていない財産区林といった風情であった。

八ヶ岳の敷地の西側に位置し、元々は、松や広葉樹が密生しており、一見すると「手入れのされていない財産区林」といった感じのスペースであった。そこを思い切って大量に木を伐採し、下草を整理し、数年かけて、ツリーハウス向けの土地に仕立て上げてきたのである。

こちらはオフィスウッドデッキから見下ろした「ツリーハウス建設予定地」。写真中央の一段低いスペースだ。樹木の本数は半分以下に伐採。下草等(というか雑木)を根気強く伐採し、ツリーハウス向けの敷地へと仕立て上げた。

そもそも、八ヶ岳オフィスの敷地約600坪は、本宅敷地の300坪を購入した後に、まずは、主に庭(の拡張)となる200坪、次にこの三角地の大半をなす100坪と、2回に分けて追加購入し、現在の姿となっている。最後の100坪の購入は「ツリーハウス」のためと言っても過言ではない。

ツリーハウス建設予定の樹間中央に立って、空を見上げた。周辺の樹木がドームのような雰囲気を形成する中、樹間から青空を垣間見る事が出来る。私は、こういうスペースが欲しいのだ!

建設予定地の樹間から空を見上げたビュー。ツリーハウスでなければこういう雰囲気は楽しめないはずだ。

周辺には、敷地内のこのエリアのシンボルツリーとするために、既に紅葉の美しい「シュガーメイプル」「ニセアカシア」も植えてある。実際は、こんな具合に「ツリーハウス・プロジェクト」は既に動き出しているのである。

新しい事を始める際には「まずは『本』から入って、徹底的に事前リサーチする」というのが、私の嗜みである。これまでツリーハウス関連で精読(精見かな?)した書籍は7冊。どれも素晴らしい造形のツリーハウスの写真が盛り沢山で、憧れは募る一方だ。この中から、着工までに何棟位を見て回る事が出来るだろうか…

ツリーハウス関連の書籍。本当に素晴らしい造形のツリーハウスが沢山掲載されている。国内で見学可能な先は訪れてみたいと思う!

トリグラフ・リサーチ 稿房主
【樹の家への途】

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【樹の家への途】 【縄文土偶探訪記】

Great synchronicity 増幅—ツリーハウスまで加わった…

東京でのプレゼンを中心とした仕事が続いており、ちょっと疲れ気味だ。7月は逆に、地方&海外でほとんど予定が埋まっている。嫌になる程、多忙である。

To Doリストに従って、締め切りのある仕事や優先順位の高い案件を着実に捌いてきた。だが、『八ヶ岳JOMONライフフェスティバルの平原綾香さまコンサートチケットの確保』という超重要案件がリストのトップに急遽加わった。

そこで、昨晩は帰宅後にチケット早期入手の最善の方法は何かをリサーチした。その結果「茅野市民館 友の会」なるものに、まずは入会する事が近道であるらしい事がわかったのだ。次回、八ヶ岳オフィス出社時に早速対応する事に決めたのは言うまでもない。

こういう時の私は「伊達と酔狂」のアッテンボローではなく、「疾風ウォルフ」に変貌する(こういうネタは、知性と教養が備わっている一部の読者にだけ伝わればよい。中国地区某行の頭取さんはわかっていただけるだろう…)。

「友の会」の情報に辿り着くまでのプロセスで、「縄文アートプロジェクト2017」のWebをあちらこちらクリックした。リーフレットを何気なく眺める… ん? 異様に好奇心がそそられる表紙だ。これはもしかしてツリーハウスの一種か???

縄文アートプロジェクト2017のリーフレット表紙(http://www.chinoshiminkan.jp/jomon/)。中央に浮かぶ小型箱船のような構造物を見て、背筋に電流が走った。「こっ、これはもしかしてツリーハウスか?」

さらに関係ありそうなページをクリックする。ビンゴだ! リーフレットに描かれていたのは「空飛ぶ泥船」、さらにもうひとつ「高過庵」という建物(正にツリーハウス)のある事が判明。共に茅野市出身の建築史家・建築家「藤森照信(東京大学名誉教授)」先生の作品である。

さらに「縄文アートプロジェクト」の関連ページをクリックすると「藤森照信」先生のワークショップ案内ページに辿り着いた(http://www.chinoshiminkan.jp/jomon/hikusugian/)。手前のリーフレットの宙吊り建物は「空飛ぶ泥舟」、後方のツリーハウスは「高過庵」である事が判明。アバンギャルドなネーミングにも感動した。

藤森先生は、今回の縄文アートプロジェクトでは、竪穴式茶室「低過庵」の制作にワークショップ方式で取り組むとの事。「ワークショップに参加したい。でも講演のスケジュールがギッシリ埋まっている。全部参加するなんて到底無理だ。さすがにタイミングが悪すぎる。だが、スケジュール調整すれば何とかなるかもしれない…」苦悩と葛藤の波が押し寄せた。

昨年9月のオフィスウッドデッキ工事完工後(https://triglav-research.com/?page_id=18197)、すぐに次なる「ツリーハウス・プロジェクト」に向けて研究を開始。既に、ツリーハウス関連の書籍を5~6冊読み終えている。縄文土偶の探訪に加え、全国各地の有名ツリーハウスも、将来のセルフビルドのために見学して回ろうかなと考えていた矢先の「空飛ぶ泥舟」&「高過庵」との衝撃的出会いである。

「八ヶ岳JOMONライフフェスティバル」に「平原綾香さまのライブ公演」が重なっただけでも驚きだったのに、これにさらに「ツリーハウス」まで加わってしまった。どうやら既に「Great synchronicity」の増幅が始まっているようだ。

これは「もうそろそろ銀行関連の仕事を卒業して、趣味(の仕事?)に専念しなさい」という啓示にも思えてきた。とりあえずは、7月から『稿房通信』のコンテンツを見直す事から始めよう!

トリグラフ・リサーチ 稿房主
【鳥と樹の家】