アルバトロス飛来—-10羽の「銀の野鳥」が勢揃い!

「草津トリップ」中に、「鳥・忌避王」以外にも八ヶ岳オフィスに届いていた物がもうひとつあった。

日本野鳥の会のシーバーブローチ寄付の新作「アホウドリ」である。

鳥を忌避させる天然ヒトデの成分を含んだ粉材を購入する一方で、日本野鳥の会へ寄付するなんて節操がないと思う人がいるかもしれない。

まあでも人間(少なくとも私は)、そんなものである。それはそれ、これはこれ、あれはあれなのだ。

草津トリップ中に日本野鳥の会シルバーブローチ寄付の新作が届いていた。さあ、アホウドリはどんな感じだろうか?

早速、新作ブローチの入った袋を開けた。

中からで出てきたのは、私独自の基準では「光沢系」「飛翔系」に分類されるスマートなブローチだった。

うん、これは「ツバメ」と同じで、紺系のスーツに似合いそうだな…

「アホウドリ」はスマートで美しい。予想していたよりもサイズは少し大きいかな? 個人的には「アルバトロス」と呼ぶことに決めた!

しかし「アホウドリ」という呼称はお洒落じゃないな。私は「アルバトロス」と呼ぼう。

「バードメイト寄付(1口1,000)」のカラフルなブローチはオフィスの壁に飾り、シルバーブローチ(1口5,000円)は、ビジネススーツのお供にするというのが私の仕来りだ(https://triglav-research.com/?p=21192)。

だが、With COVID-19時代に対応する形で、講演活動のオンライン化を進めているため、ビジネススーツを着用する機会が激減している。

対面活動の場合のドレスコードは、真夏でもスーツ&ネクタイ着用の方針を貫いているのだが、さすがにオンラインの場合は、ノーネクタイでスーツも着用しないのである(オンライン講演であろうと、極端にラフな格好になる)。

ところで、アルバトロスで「銀の野鳥さん」は何羽目になったかな?

数えてみたら、ちょうど10羽目だった。この他にも「ハットピン」が1個(羽)あるのだが、それはビジネスで使ったことはない。

ビジネスでの使用が減った分、ちょうど良い機会なので『八ヶ岳稿房』で10羽の銀の野鳥さん達を紹介する事にしよう!

「ツバメ(左)」と新作「アルバトロス(右)」。「飛翔系の光沢タイプ」という意味で同系列に分類。ツバメは一番のお気に入りで、累計のお供回数はダントツの1位だと思う。写真で初めて気が付いたが、お供の多さゆえに、かなり表面に傷が付いている。
「シマフクロウ(左)」と「フクロウ(右)」は「リアル系の艶消しタイプ」。最近、ぶっき~ちゃんの影響か、なぜか「フクロウ」に心惹かれるようになってきた。この2つのブローチのお供回数は「ツバメ」に次ぐと思う…
「スズメ(左)」「エナガ(中央)」「カワセミ(右)」は「愛らしい系艶消しタイプ」。エナガとカワセミは「在庫切れ」。昨年だけならば、お供の回数が一番多かったのは「エナガ」だったと思う。
「マガン(左)」「タンチョウ(中央)」「コアジサシ(右)」は「飛翔系の艶消し」タイプ。タンチョウは、JALで出張する際のお供だったが、昨年から出番は無し。

シルバーブローチは、すべてが「GINZA TANAKA特製」である。

既に「エナガ」と「カワセミ」は在庫切れ(売り切れ)のようだが、最新の「アルバトロス」を含めて他の8羽は現在でも寄付(購入)可能だ。

『八ヶ岳稿房』読者諸氏の中でご興味がある方は、是非、日本野鳥の会の「寄付ページ」を訪れてみて欲しい ↓

https://www.wbsj.org/join/donation-and-fundraising/donation/

 

らしの場」「仕事の場」としての「八ヶ岳」の魅力をお伝えするため、にほんブログ村 & 人気ブログランキングに登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ

にほんブログ村


セカンドハウスランキング