例年より遅い冬支度 ①ガーデンファニチャーの冬籠もり作業

今日は、12月の八ヶ岳とは思えない暖かさ。トレーナーの下にTシャツ1枚で外に出ても寒さを感じない。

やはり八ヶ岳の冬が、年々暖かくなっているのは間違いなさそうだ。

今日も典型的な八ヶ岳ブルーの空である。Tシャツの上にトレーナー1枚だけで外で作業したがまったく寒くなかった。
八ヶ岳の庭も冬本番。例年であればこの時期の外の作業は苦行なのだが、今日は庭をじっくりと散策したくなるような穏やかな日だった。

冬支度の準備は、文化の日前後のスタッドレスタイヤ換装から始まって、様々な作業の大まかな日程が例年ほぼ固まっている。

だが、今年は「鹿除け対策の銀マット巻き」まで進んだところでピタッと作業が止まってしまった。

暖冬のためだと思うが、唐松等の落葉がなかなか進まなかったためである。

オフィス屋根の上の唐松は、まだ完全には落葉が終わっていない。例年ならば幹と枝だけになる時期なのだが…

そんな中での11月28日の「初雪」だった。冬支度が整わない内に「厳しい真冬」の到来かと慌てたのだが、昨日、オフィスに出社した時点で雪はすっかり解けており、やや肩透かし。

仕事が予定通り進捗したので、今日は午後1時過ぎからメインウッドデッキで軽作業。

新しい野鳥の給餌台作りに取り組んだのだが、キシラデコールを塗った段階で作業は中断(塗料の乾燥のため)。

続いて、人工ラタン製のガーデンファニチャー類のオフィス地下室への収納作業(冬籠もり作業)を行った。

まずはメインウッドデッキのガーデンベッド、テーブル、チェアをオフィスの地下室に運んだ。
その後は、オフィスウッドデッキのお揃いセットの冬籠もり作業だ。今年はここで何回朝食を食べて、珈琲を味わったかな? 数え切れないな… 本当にお世話になりました。
メインウッドデッキとは比較にならない程に狭いオフィスのウッドデッキだが、ガーデンファニチャーを冬眠させるとそれなりに広さを感じる。

今年も、このファニチャー類でどれだけ寛いだ事か… 感謝の意を込めながら地下室とウッドデッキを数回往復。

実はこの「冬籠もり作業」、例年は勤労感謝の日前後に行うので、今年は10日ほど遅れた事になる。

次に、オフィスのウッドデッキで朝食を楽しむのは4月下旬頃かな…

こうして冬支度がまたひとつ進んだ。

「暮らしの場」「仕事の場」としての「八ヶ岳」の魅力をお伝えするため、にほんブログ村に登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村