Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【我が友D4】 【森での暮らしの作法】

八ヶ岳エリアで「初の車検」にちょっと感動 — 車検費用って一体何なのだろうか?

今回の長~い八ヶ岳滞在期間中に「八ヶ岳で出来る事」がまたひとつ増えた。 これまで、必ず新百合ヶ丘自宅の周辺で対応してきた社用車D4の「車検」である。 Land Roverのディーラーで長野県内で最も近いのは「松本」、通勤…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳 最近の「宅地開発」に対する違和感 —自生する広葉樹は宝物!

鉢巻道路、エコーライン、ズームラインといった八ヶ岳山麓を網の目のように走る道は、私にとって「生活道路」である。 D4でノンビリと優雅に走行していると、住宅(セカンドハウス)建築のために樹木が伐採された土地が多い事にちょっ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳の森が「長い雨」に包まれる前に…

昨日8月11日をもって、3月24日から続いていた我が社独自の「非常事態宣言」を解除した。 継続期間は140日間で過去最長。 途中で、外食や温泉通いなどの自主規制の見直しを繰り返しつつ、なんとか「With COVID-19…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

酷暑の地へ「青と白の時 七景」を捧ぐ!

「台風一過」となれば、その次に待ち受けるのは「フェーン現象」。 今日は、場所によっては日中の最高気温が40℃を超す予想のようだ。 八ヶ岳 富士見高原標高1,300mの地では、40℃なんて暑さは「別世界」の出来事。 だが、…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳「雨の後の森」—特別な力と不思議な力

今日の八ヶ岳 富士見高原標高1,300mの我がオフィスは、台風の影響で朝方、かなり強い雨が降った。 風も強くなることも危惧したのだが、こちらはむしろ心地良い程度。 何となく、早、秋が近付きつつあるような雰囲気だ。 東京オ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳半日ドライブ—「ひまわり畑」と「椎ちゃんのカフェ」を訪れた

八ヶ岳界隈のテニスコートのレンタル料は、ちょっとビックリする程に「安い」のだそうだ。 私は興味ないのだが、テニスが趣味の我が社の社主さまにとっては「大きなメリット」であるらしい。 例えば八ヶ岳オフィスから車で7~8分程の…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳ライフ — ちょっと特別な「土曜日の朝」

平日であろうと、講演や〆切りの迫った仕事がない限りは「朝起きた時の気分次第」で、Holiday化出来るのが「零細企業経営者の特権」である。 そうなってくると、休日・祭日と平日の境界線がどんどん曖昧になってくる。 会社設立…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

う~ん、やっぱり「蓼科」には敵わないな — 標高の効用「涼しさ」を知る

8月第3週までは講演活動はオンラインで対応するので、すべての業務を「八ヶ岳オフィス」で完結できる。 第4週以降には地方講演が何件かあるが、もう「東京」を経由せずに、富士見駅からJR、或いは、直接D4で出向く予定だ。 別に…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「大地の恵み収穫祭 2021」—45分間で4.2kg収穫 その勝者は?

「大地の恵み」という言葉を耳にした時、人が何をイメージするかは百人百様であろう。 私は、何故か真っ先に「ブルーベリー」が頭に浮かぶのだ。 今日は、年に1回の恒例「ブルーベリー摘み取り王者決定戦」の日だ。 参加者は私と社主…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「心の免疫力」強化法— 森林、理不尽、そして黒ニンニク

下界がどんなに「灼熱地獄」であろうとも、富士見高原 標高1,300mの地は、真夏でも早朝はかなり涼しい。 就寝前に、日中は開放していた窓を閉めたり、開けたままにする場合も開放角度を控え目にしないと、大袈裟ではなく「夏風邪…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【焚き火道】

蘇る「昭和のお祭り屋台の味」—焚き火と焼きトウモロコシの日

先日、東京で仕事をした際に、某銀行の役員さんに「Oさん(私の事)、八ヶ岳滞在中は毎晩、焚き火をしているんですか?」と唐突に問われた。 「ええ、そうですね。一般のサラリーマンが暑い中、混雑した電車でコロナのリスクに晒されな…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

ああっ、世の中は斯く変われり…

政府の「緊急事態宣言」などとはまったく無関係に、私の情報収集と判断で決めてきた我が社独自の「非常事態宣言」。 第3次の発令は3月24日であった。あれから早4ヵ月強が経過。 途中、自主規制を強化したり緩和したりを繰り返しつ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

続く「首都圏脱出」、減らぬ「無謀無法運転」、「呪いの呪文」×4

ドライブマナーの悪い「他県ナンバー車」がウンザリする程に多い。 4連休の時のような異常な混雑ぶりではないが、この週末もそこそこ人出は多いように思う。 所謂「首都圏脱出の動き」が続いているのだろう。 4連休とぶつかった前回…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【焚き火道】 【自然・生物との語らい】

西日という「宝物」 焚き火という「贈り物」

今回は社主さまを伴わない「単独出社」なので、トコトン人に接しない生活スタイルを我が儘に貫く事が出来る。 私にとっては最高の環境だな… 昨日は午後5時半過ぎに、積み残しとなっていたブルーベリーさん達へのネット掛…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

快適な八ヶ岳ライフの敵—「連休」という名の「魔物」

COVID-19パンデミックの前から、兎に角、「人混み」「行列待ち」「渋滞」が大嫌いだった。感情的には「嫌悪」と言うよりも「憎悪」に近い。 そんなわけで、今の社会環境は、私にとってある面では実に「好ましい状況」が実現して…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳 夏の朝 そこは「楽園」

今朝は昨日よりはちょっと涼しいかな? 朝食前の定番作業をすべて終えたのは、7時半ちょっと前。 八ヶ岳ライフを送るようになってから、年を追うごとに気温や湿度を中心に、気候の変化全般に敏感になってきたような気がする。 動物本…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

羽飾りの神子さまと白い梟に導かれて—蓮畑と水車小屋に癒やされる

朝方、約1ヵ月ぶりに夢を見た。正確には、夢を見たのを覚えていた。 前回の夢は6月23日の朝だった。 平将門さまの首塚の前で、百鬼夜行の如く行列をなして歩いていた「八ヶ岳縄文土偶さん」を見て、急遽、コロナワクチンの接種をす…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳「野鳥の異常行動(死)」— 「天変地異」の前触れだろうか?

昨日の夕方5時頃、八ヶ岳本宅の外部収納スペースに設置している黒ニンニク製造器の温度と残り時間を確認していた際に、私の右上方、本宅ガラスに何かが激突した。 私の右手側1m程、頭部からは1.5m程上のかなり至近の位置だった。…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【八ヶ岳珈琲道】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳「恵みの朝」—生き返るな…

昨日は早朝出勤だったので、今回の滞在では今日が「八ヶ岳で迎える初めての朝」だ。 6時前に起床し、電子メールチェックや資料整理で眠気覚まし。 その後は、マシンウォーキングを済ませ、シャワーを浴びたら7時20分頃になっていた…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

頼りないけれど「抑止力」、生き物じゃないけど「僕の仲間」

今朝の午前5時ちょうどに新百合ヶ丘の自宅を発って、八ヶ岳オフィスにほぼ1週間ぶりの出社。 異例の早朝出社となった理由は2つ。 ひとつは想定される「中央道の渋滞回避」だ。 待望の梅雨明けと同時に首都圏を襲う猛暑。常識的に考…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】 【自然・生物との語らい】

私を苦しめ悩ます「2つの敵」

「南房総1泊2日の旅」を終え、昨日は朝から終日、自宅書斎でのデスクワーク。 最近は八ヶ岳オフィスで仕事をすることが一段と増えてきたので、自宅書斎で長時間過ごすのは、本当に久し振りだった。 だが、私を苦しめ、悩ます事が2つ…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】

アルバトロス飛来—-10羽の「銀の野鳥」が勢揃い!

「草津トリップ」中に、「鳥・忌避王」以外にも八ヶ岳オフィスに届いていた物がもうひとつあった。 日本野鳥の会のシーバーブローチ寄付の新作「アホウドリ」である。 鳥を忌避させる天然ヒトデの成分を含んだ粉材を購入する一方で、日…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

束の間の青空と小さな満足感—「鳥・忌避王」配備完了!

昨日の午前中、八ヶ岳 富士見高原には「久々」の青空が広がった。 「待望」の青空であったが、結果的には「束の間」の青空となった。 八ヶ岳ライフは今年で22年目。 いつの間にか「八ヶ岳ブルーの空が広がり、標高1,300mの高…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

「器が小さく慎重で臆病、そして性悪説な私」の切なる願い

自分は「器が小さく慎重で臆病な人間」であるという事を十分に認識している。 また、人間に対する基本観は、荀子の「性悪説」に近い。 「人間の本性は悪。だがまあ、弛まない努力や修業によって善の状態に転化出来る(出来ない事はない…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【八ヶ岳珈琲道】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【焚き火道】

八ヶ岳はいつも優しい—雨でも焚き火、意地でもお外BBQランチ

今日で今回の八ヶ岳滞在は早10日目。 例年にない「ガチの梅雨空」が続いているため仕事は順調に進んでいるが、八ヶ岳ライフの「代表的お楽しみ」とも言える「焚き火」と「お外ランチ」が、昨日まで1回も出来ていなかった。 厳冬期を…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

ひたすら平穏で退屈な1日—収穫はアホウドリとモノタロウだけ

しかしまあ、よく降る雨だ。 決して土砂振りにはならず、一方で、長時間途切れる事もなく、だらだらと降り続いている。 メリハリがなくて、どうも「粘着質の雨」って感じで、私の性に合わない。 庭の木々も、梅雨入りの頃は歓迎してい…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

雨の日曜日—小細工と回想と誘惑に浸る

昨日午前の快晴がまるで幻だったように、八ヶ岳 富士見高原は朝から雨。 まあ、こういう日は、懐かしい本を読んだり、「小細工の魔術師」系の作業をしたりと、雑事をこなして些細な喜びに浸るには、最適である。 午前中に資料整理や社…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

朝から快晴! でも色々と「油断大敵」

b今日の八ヶ岳 富士見高原は朝から快晴。 午前7時過ぎにオフィスデスク前の窓のブラインドを上げると、待望の八ヶ岳ブルーの空が広がっていた。 やっぱり、八ヶ岳ライフはこうでなくっちゃ! 8時からは、土曜日の朝のルーティンで…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

それはそれ これはこれ あれはあれ

八ヶ岳 富士見高原は、昨日の深夜からかなり強い雨が降った。雨は今日の早朝まで続いたので、かなり長い降雨時間だったように思う。 今日は「月初」、それも早 2021年後半戦がスタートする節目の日でもあるので、朝から月次統計や…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】

何故か「昭和の時代」に惹かれる日々

毎週楽しみにしている「ウルトラセブン」と「ウルトラQ」の4Kデジタルリマスター版の再放送がそれぞれ第14話まで終了した。 セブンの方は全48話なのでまだ3合目、Qの方は確か全27話のはずなので、早、折り返し地点である。 …