Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

ゴミ出しついでのショートドライブ—それでも「八ヶ岳の紅葉」は堪能出来る!

例年であれば、11月初旬は5月の初旬と同様に、銀行の決算発表の本格化を前に、ちょっとノンビリできる時期である。 だが、今年は何故か次から次へと様々な案件が舞い込んで、息抜きする暇がない。 昨日などは、本来であれば、社主さ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

冬への備えがさらに1歩前進—「地震予知精度」にも感動した日

今年も早11月。「光陰矢の如し」とか「烏兎匆匆」って言葉が頭に浮かぶような日々が続いている。 月初は、先月末のデータでアップデートせなばならない資料が山のようにあるので、大袈裟でなく分刻みの予定を組んで仕事に取り組む1日…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

小淵沢駅展望スペースにて—たまに眺める山々…

八ヶ岳の拠点を本社とする自分の会社を設立したのが2012年11月1日だったので、来週の月曜日から早、設立後10年度目を迎える事になる。 会社設立後1~2年は「トリグラフ」という社名について、その由来を問われる事が多かった…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

未だ「初霜」認定ならず—でも、着々と進む「冬への備え」

八ヶ岳で暮らす事の楽しみのひとつは、都会と違って四季折々の自然環境変化を堪能できる事にある。 そして、そのような自然環境変化が、どのような状況の時に起こるかを知るために、我が社の子会社「トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所」が…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】

冷たい雨の八ヶ岳—寒くて痛くて忙しい1日

昨日の快晴がまるで幻であったかのように、今日の八ヶ岳西麓富士見高原は、終日、冷たい雨の1日となった。 オフィスウッドデッキに設置した温湿度モニターの記録をNoteくんで確認したら、寒いわけである。 午前2時前に外気温は4…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳ライフ「秋の終わり」を感じる時—草刈機 エンジン音のラプソディ

東京での講演活動や自宅での所用等、諸々すべてを綺麗さっぱりと終わらせて、昨日の昼過ぎに八ヶ岳オフィスへ出社した。 今回も「ミッション・コンプリートで気分爽快」、本来はちょっと息抜きをしたいタイミングである。 だが、月曜日…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

「飽食」って言葉は大嫌いだ!— 八ヶ岳で始める「新たな食生活」

生まれてからこれまで60年の人生で、自分は一体何冊の本を読んだろうかと、ふと思うことがある。 大まかな推定方法も考えてみたのだが、簡単ではなかったので諦めた。 好きな本を10冊示せと言われれば、2~3分あったら絞り込める…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

秋深まる—この時期「赤色」には要注意!

今朝の冷え込みで、秋が一気に深まったような気がする。 朝7時のオフィスの室温は17.1℃。9月以降で最低だった9月27日の17.6℃を下回った。 う~ん、そろそろ朝晩は暖房が必要な季節が近付きつつあるな… 金…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】

大食漢ではないおデブちゃんの新たな挑戦—まずは「ZEROの季節」復活!

今日は「雨の日曜日」か… ちょうどいいや、会社関係の領収書の整理をしちゃおうか。 領収書と言っても、経費はほとんどが法人クレジットカードでの決済なので、手許にあるレシートはタクシーとガソリン代だけである。 対…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

「辺境の地」ではありませんよ —「富士見高原別荘地」はこんなに便利!

昨日、仕事(講演)の打ち合わせで、メールでやりとりをした際に、先方さんから「Oさん(私の事)、オフィスは、鹿、狐、熊やスズメバチなどが出る、かなりの山奥に構えたんですね…」みたいなメッセージが添えられていた。…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

夜の庭は「動物たちの社交場」—でも「猿」の侵入は許さない!

昨日、一昨日の冴えない天気から一転、今日は朝から終日、素晴らしい八ヶ岳ブルーの空が広がった。 我が家の敷地内の広葉樹は、まだほとんど色付いていないが、風の通り道を流れる風の冷たさが、昨日の雨を経て、秋が一段と深まった事を…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

可愛いあの娘と睨めっこ—不思議な「すずかちゃん」来訪

八ヶ岳西麓富士見高原は、今日は朝から、秋らしいちょっと冷たい感じの雨がほとんど終日、降り続いた。 オフィスでのデスクワークには最高の環境である。 昼過ぎに雨が止んだ時間があったので、メインウッドデッキに出てしばしの休憩。…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

驚愕!「巨大 スズメバチの巣」—エアガンで蜂の巣を蜂の巣にしてみたい

今回の八ヶ岳滞在期間中の前半は私の「単独滞在」である。 社主さま不在だと出歩いても面白くないので、基本的には、八ヶ岳の敷地内で仕事中心の1日になる。 よくよく考えたら「単独滞在」の場合は、コロナ禍の前も後も、八ヶ岳での過…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

復活!「お外ハンモック」 —「月への切符」なる新戦力導入

昨晩は焚き火を楽しんだ後、簡単な夕食を済ませ、鹿の湯通いしたいところをぐっと堪えて本宅で入浴。 午後8時頃から再び講演資料の作成に取り組み、午前2時過ぎに眠りについた。 今朝は、いつもの習慣で6時前には目覚めて、様々な八…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【焚き火道】

焚き火と音楽さえあれば…

今日と明日で急ぎの特別な講演資料をひとつ作り上げねばならない。 そんなわけで、今日は朝の8時過ぎからひたすらデータと睨めっこ。 いつもであれば「庭の散策」を1日に何回かは楽しむのであるが、今日は仕事に集中するため「封印」…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

新たなる戦いの序曲 2021秋—クスサンの侵攻始まる

「昆虫」が好きか嫌いかと問われれば、はっきりと「嫌い」と私は答えるだろう。 八ヶ岳ライフに限定した場合、例外的に「大好き」なのは、毎年、八ヶ岳のブッドレアに大袈裟ではなく「群がってくる蝶々」だ。 八ヶ岳ブルーの空の下、満…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【文房具の深き沼】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】

「八ヶ岳ライフ」ポケットがまたひとつ — 小細工の魔術師は結構忙しい

「趣味」の定義は人によって様々だろう。 私の場合は、「自分の手持ちの材料でパワポ20〜30枚程度のプレゼン資料を作成し、1時間程、講演スタイルで熱く語れるようになる事」という明確な定義がある。 もっともこれは『文化系趣味…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

井戸尻「高嶺ルビー」の秋 — Fujimi is clean !

八ヶ岳本宅とオフィスの所在地は、長野県諏訪郡富士見町である。 その町の中の八ヶ岳南西麓に「富士見高原」が広がり、この高原を貫く「鉢巻道路」に沿って「富士見高原別荘地」が展開する。 我が家の敷地は、この別荘地のほぼ中央に位…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

「八ヶ岳の朝」は、やっぱりこうでなくっちゃ….

今日で、八ヶ岳で迎える朝は4日目、そして初めての「快晴の朝」だ。 オフィスのブラインドを開くと、見事な八ヶ岳ブルーの空が広がっていた。 午前8時過ぎのオフィスの室温は20.5℃、一方、外(オフィスウッドデッキ)の気温は1…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳「森の恵み」との付き合い方

今日は10月1日。今年も残すところわずか3ヵ月か… 台風16号が私の生まれ故郷の南房総に接近しつつあるが、八ヶ岳オフィス周辺は、朝から風も無く曇り空が広がっている。 雨は時折降るものの小雨程度。大型台風が近付…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【焚き火道】

「戒厳令」解除後の八ヶ岳ライフ — 束の間の平穏を楽しむ

昨日(9月29日)の午前零時に、8月22日午前零時をもって発令した我が社独自の「戒厳令(Martial law)」を解除した。 結局、戒厳令の期間は38日間。この間、コロナ感染者数は信じられない位に激減した。 専門家諸氏…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】

2週間ぶりの「八ヶ岳の朝」— 自宅での Mission complete!

昨晩の午後10時過ぎに、ちょうど2週間となった自宅滞在を終えて八ヶ岳オフィスに出社した。 昨日の午後3時前には、今回の自宅滞在期間中のために作成したタスクリストの全項目の消し込み作業を完了。 気分は爽快だった。 実際は、…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】

これも「デュアルライフの愉しみ」 — 八ヶ岳と自宅 歩いて3分 美味しいパン屋さん達

「八ヶ岳界隈には美味しいパン屋さんが多い」なんて、私が使い慣れぬ言葉を発するようになったのは、ここ数年の事である。 元々、食には何のこだわりもなく、自身の味覚にはまったく自信がなかったので、パン屋さんにもあまり興味は無か…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】

八ヶ岳オフィス vs. 自宅書斎—「自然」と「虚構」の仕事環境

10日程前だっただろうか、テレビの娯楽番組で、画像の状況を的確に示す4文字の「オノマトペ(擬音語・擬態語)」を当てろみたいな他愛のないクイズをやっていた。 解答者の芸能人さん達はスラスラと答えて、そのほとんどが正解だった…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】

八ヶ岳47日間連続滞在を終えて—「週末は森に棲んで」に酔う!

今週水曜日の夕方に八ヶ岳オフィスを発って、社主さまと新百合ヶ丘自宅に戻った。 7月下旬のコロナワクチン接種のための帰宅(https://triglav-research.com/?p=33903)後に、八ヶ岳オフィスに出…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】

「21,915分の1」の日—「還暦」になったんだけど…

私は、XX記念(日)とか、それにかかわる催し(セレモニー)については、子供の頃から見事に「無頓着」である。 同窓会やら歓送迎会、XXを祝う会の類などは「ほぼ自動的に欠席」を若い頃から続けて来たので、最近は「案内」すら来な…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

今日の気分は「町の電器屋さん」— 八ヶ岳ライフの「効能」だな…

昨日は平日であったにもかかわらず、社主さまとふらふら出歩いてしまったので、今日は朝から仕事に没頭。 パッとしない天気だったので、むしろ仕事に集中できたように思う。 庭の散策も今日はお昼前の1回だけ。 10日程前に追い撒き…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】

「嫌な予感」には即対応!— ログハウス 大地震対策を実行

人間誰しも「嫌な予感」みたいなものを感じることが年に数回はあるだろう。 それが的中した場合は「あれが虫の知らせだったのだね…」と、後々語られる事になる。 私の場合は「嫌な予感」は、かなり頻繁に起こり、それが杞…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【文房具の深き沼】 【森での暮らしの作法】 【樹の家への途】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳初秋 ガーデンベッドでの些細な楽しみ — 頑張れ! 「紙版」雑誌達

長年購読していた「趣味系」の雑誌を一気にデジタル購読に切り替えてから、早5年以上が経過した。 現在、デジタル版が発行されているにもかかわらず、依然として紙版の購読を続けているのは、小学館の『BE-PAL』とヘリテージの『…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳ライフ 私の不満 ① —なんで「松茸」は生えないんだ?

庭を散策していると、ナナカマドの実が真っ赤に色付き、ヤマハギが可憐な紅紫色の花を咲かせ始めたことに気が付く。 例年、秋の訪れが一気に加速したことを実感させるシグナルだ。 この時期は、1年の内で最も多くの種類のキノコが敷地…