Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「御柱」に導かれて—そうだ「乙事諏訪神社」に行こう!

今日は軽い昼食を終えた後、久し振りに大好きな「平原綾香」さまのコンサートBlu-rayをBGVに流しながら仕事をしようと思い付いた。 そこで、オフィスロフト書棚の「綾香さまコーナー」に並んでいた1つのケースを手に取った。…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「葛窪東の出口」でコロナ祓いだ!—どんと来い、ミュー株

我が社は「戒厳令下」と言えども、食材の買い出しやその他の所用等もあるので、敷地内から1歩も外に出ないというわけには行かない。 だが、食材の買い出しであれば売り場が広々としていて、レジ行列が出来ないようなお店と時間帯を選ぶ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

枕木「第二の人生」22年— 八ヶ岳ロマンスグレーか…

今日も昨日に引き続いて「戻りの夏」。八ヶ岳ブルーの空が広がるのは嬉しいが、ちょっと暑かったかな? もっとも、無風状態ではなかったので、昨日よりは過ごしやすかった。 夕方涼しくなってからメインウッドデッキに出てガーデンベッ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「疑念」を消し去る「八ヶ岳ブルー」—モデルナの「異物」って…

八ヶ岳 富士見高原 標高1,300mの地は、朝から八ヶ岳ブルーの空が広がる文句なしの快晴。 去りつつあった夏が、まるで何か忘れ物に気が付いて慌てて戻ってきたかのような1日だ。 見事な位の「無風状態」であったので、今年の短…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「八ヶ岳キノコ道」—スマホとAIを助っ人に新たな第1歩だ~

人間誰しも、何回かチャレンジしても上手く行かず、どうも自分とは相性が悪いなと感じつつも、でもやっぱり気になる事や物がいくつかあるんじゃないだろうか? 何事にも「諦めが早い」私だが、我が「八ヶ岳ライフ22年」の中で、それに…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

芝草 刈子さま『降臨』!—山の民の末裔かよ…

私は今週も、週前半にオンライン講演の予定がギッシリ埋まっている。 当然ながら「仕事優先」の日々を送らねばならぬ状況にあり、楽しみと言えば「庭の散策」くらいである。 一昨日の「ドローン操縦訓練」、昨日の「エアガン射撃訓練」…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

帰ってきた「八ヶ岳ブルー」と「庭を舞う蝶」—やっぱり「晴れ」がイイ!

この1週間程は、時々、青空が顔を見せるものの長続きはせずに、すぐまた雨が降る。そんな日の繰り返しだった。 仕事を進めるには「悪くない天気」だったが、元々、私は「雨」は大嫌い(正確には傘をさすのが面倒)。さすがに気分的に滅…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳 我が家の庭の新たな客人さん達 — 頑張れ!「ホークアイ」

昨日から、時々雨が降る程度の天気が続いており、八ヶ岳オフィス周辺は「静謐」という表現がピッタリの静かで穏やかな環境にある。 庭の散策には問題はないが、さりとて「焚き火」を楽しむには、時折降る雨が妨げとなる。 そんなわけで…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳 普段よりもさらに「平穏」な朝 — 秋の気配深まる

ビジネス以外では見事に「社会性が欠如」している私でも、ここ数日は「八ヶ岳は大丈夫ですか?」といった感じで、お心遣いのLineやメールを何件かいただいた。 本当にありがたい事である。 だが、社主さまは私の何倍もそんな連絡が…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳 最近の「宅地開発」に対する違和感 —自生する広葉樹は宝物!

鉢巻道路、エコーライン、ズームラインといった八ヶ岳山麓を網の目のように走る道は、私にとって「生活道路」である。 D4でノンビリと優雅に走行していると、住宅(セカンドハウス)建築のために樹木が伐採された土地が多い事にちょっ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳の森が「長い雨」に包まれる前に…

昨日8月11日をもって、3月24日から続いていた我が社独自の「非常事態宣言」を解除した。 継続期間は140日間で過去最長。 途中で、外食や温泉通いなどの自主規制の見直しを繰り返しつつ、なんとか「With COVID-19…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

酷暑の地へ「青と白の時 七景」を捧ぐ!

「台風一過」となれば、その次に待ち受けるのは「フェーン現象」。 今日は、場所によっては日中の最高気温が40℃を超す予想のようだ。 八ヶ岳 富士見高原標高1,300mの地では、40℃なんて暑さは「別世界」の出来事。 だが、…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳「雨の後の森」—特別な力と不思議な力

今日の八ヶ岳 富士見高原標高1,300mの我がオフィスは、台風の影響で朝方、かなり強い雨が降った。 風も強くなることも危惧したのだが、こちらはむしろ心地良い程度。 何となく、早、秋が近付きつつあるような雰囲気だ。 東京オ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳半日ドライブ—「ひまわり畑」と「椎ちゃんのカフェ」を訪れた

八ヶ岳界隈のテニスコートのレンタル料は、ちょっとビックリする程に「安い」のだそうだ。 私は興味ないのだが、テニスが趣味の我が社の社主さまにとっては「大きなメリット」であるらしい。 例えば八ヶ岳オフィスから車で7~8分程の…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳ライフ — ちょっと特別な「土曜日の朝」

平日であろうと、講演や〆切りの迫った仕事がない限りは「朝起きた時の気分次第」で、Holiday化出来るのが「零細企業経営者の特権」である。 そうなってくると、休日・祭日と平日の境界線がどんどん曖昧になってくる。 会社設立…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

う~ん、やっぱり「蓼科」には敵わないな — 標高の効用「涼しさ」を知る

8月第3週までは講演活動はオンラインで対応するので、すべての業務を「八ヶ岳オフィス」で完結できる。 第4週以降には地方講演が何件かあるが、もう「東京」を経由せずに、富士見駅からJR、或いは、直接D4で出向く予定だ。 別に…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「大地の恵み収穫祭 2021」—45分間で4.2kg収穫 その勝者は?

「大地の恵み」という言葉を耳にした時、人が何をイメージするかは百人百様であろう。 私は、何故か真っ先に「ブルーベリー」が頭に浮かぶのだ。 今日は、年に1回の恒例「ブルーベリー摘み取り王者決定戦」の日だ。 参加者は私と社主…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「心の免疫力」強化法— 森林、理不尽、そして黒ニンニク

下界がどんなに「灼熱地獄」であろうとも、富士見高原 標高1,300mの地は、真夏でも早朝はかなり涼しい。 就寝前に、日中は開放していた窓を閉めたり、開けたままにする場合も開放角度を控え目にしないと、大袈裟ではなく「夏風邪…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【焚き火道】 【自然・生物との語らい】

西日という「宝物」 焚き火という「贈り物」

今回は社主さまを伴わない「単独出社」なので、トコトン人に接しない生活スタイルを我が儘に貫く事が出来る。 私にとっては最高の環境だな… 昨日は午後5時半過ぎに、積み残しとなっていたブルーベリーさん達へのネット掛…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【文房具の深き沼】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳「恵みの雨」の後に訪れた不思議な出来事

今日で今回の八ヶ岳オフィス滞在は6日目だ。 今回の滞在中は「平穏な日々」がひたすら続いていたのだが、ちょっと「変化の兆し」も現れ始めてきた。 昨日の午後5時前から、遠くで雷鳴が鳴り響いているなと思ったら、5時10分頃にな…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳 夏の朝 そこは「楽園」

今朝は昨日よりはちょっと涼しいかな? 朝食前の定番作業をすべて終えたのは、7時半ちょっと前。 八ヶ岳ライフを送るようになってから、年を追うごとに気温や湿度を中心に、気候の変化全般に敏感になってきたような気がする。 動物本…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

羽飾りの神子さまと白い梟に導かれて—蓮畑と水車小屋に癒やされる

朝方、約1ヵ月ぶりに夢を見た。正確には、夢を見たのを覚えていた。 前回の夢は6月23日の朝だった。 平将門さまの首塚の前で、百鬼夜行の如く行列をなして歩いていた「八ヶ岳縄文土偶さん」を見て、急遽、コロナワクチンの接種をす…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳「野鳥の異常行動(死)」— 「天変地異」の前触れだろうか?

昨日の夕方5時頃、八ヶ岳本宅の外部収納スペースに設置している黒ニンニク製造器の温度と残り時間を確認していた際に、私の右上方、本宅ガラスに何かが激突した。 私の右手側1m程、頭部からは1.5m程上のかなり至近の位置だった。…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【八ヶ岳珈琲道】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳「恵みの朝」—生き返るな…

昨日は早朝出勤だったので、今回の滞在では今日が「八ヶ岳で迎える初めての朝」だ。 6時前に起床し、電子メールチェックや資料整理で眠気覚まし。 その後は、マシンウォーキングを済ませ、シャワーを浴びたら7時20分頃になっていた…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】 【自然・生物との語らい】

私を苦しめ悩ます「2つの敵」

「南房総1泊2日の旅」を終え、昨日は朝から終日、自宅書斎でのデスクワーク。 最近は八ヶ岳オフィスで仕事をすることが一段と増えてきたので、自宅書斎で長時間過ごすのは、本当に久し振りだった。 だが、私を苦しめ、悩ます事が2つ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【旅の空から】 【自然・生物との語らい】

東京湾を渡る旅 2日目—「昭和の輝き」を持ち帰る

生まれ故郷の南房総市を訪れている間に「梅雨明け」するものと予想していたのだが、不安定な天気が続き、そんな雰囲気ではない。 元々「南国的」な気候の地であったが、もう「熱帯化」しているような印象である。 今回は、2日目の所用…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

束の間の青空と小さな満足感—「鳥・忌避王」配備完了!

昨日の午前中、八ヶ岳 富士見高原には「久々」の青空が広がった。 「待望」の青空であったが、結果的には「束の間」の青空となった。 八ヶ岳ライフは今年で22年目。 いつの間にか「八ヶ岳ブルーの空が広がり、標高1,300mの高…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

ひたすら平穏で退屈な1日—収穫はアホウドリとモノタロウだけ

しかしまあ、よく降る雨だ。 決して土砂振りにはならず、一方で、長時間途切れる事もなく、だらだらと降り続いている。 メリハリがなくて、どうも「粘着質の雨」って感じで、私の性に合わない。 庭の木々も、梅雨入りの頃は歓迎してい…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

雨の日曜日—小細工と回想と誘惑に浸る

昨日午前の快晴がまるで幻だったように、八ヶ岳 富士見高原は朝から雨。 まあ、こういう日は、懐かしい本を読んだり、「小細工の魔術師」系の作業をしたりと、雑事をこなして些細な喜びに浸るには、最適である。 午前中に資料整理や社…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

それはそれ これはこれ あれはあれ

八ヶ岳 富士見高原は、昨日の深夜からかなり強い雨が降った。雨は今日の早朝まで続いたので、かなり長い降雨時間だったように思う。 今日は「月初」、それも早 2021年後半戦がスタートする節目の日でもあるので、朝から月次統計や…