Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

『磐座』に導かれて

元々、子供の頃から、ほとんど「(眠っている間は)夢」を見ない(見ても覚えていない)体質のなのだが、それが加齢と共に、より顕著になってきた。 2022年になってもう3週間が経過したのに「初夢」らしきものを見た記憶がまったく…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

戒厳令下に山と橋と月を愛でる

オミクロン株の爆発的感染拡大や社会情勢、その他諸々の事情を勘案して、昨日(18日)の零時をもって、我が社は2回目の「戒厳令」を発した。 1月3日の「非常事態宣言」発令からわずか2週間程なので、オミちゃんの感染力の強さって…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

今年1番の雪だな— 窓をあけたらキミがいた

今日で八ヶ岳滞在は1週間目。11日に天気が崩れたものの霙のような雪で、積雪は大したことはなかった。 相変わらずの「暖冬」で、昨年の秋以降で氷点下10℃を下回ったのは1回しかない。 そんな事どうしてわかるのかと思うかもしれ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

2022年「焚き火初め」も完了!

昨晩、厳密には、今日の零時半過ぎに八ヶ岳オフィスに出社。 途中、道路の凍結や渋滞もまったく無く、極めて快適な今年最初の出社となった。 本宅、オフィス共に凍結等の水廻りトラブルは皆無。お留守番役のIoT機器とメタブルーに感…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

異変! 窓をあけてもキミがいない…

私がこの前の日曜日(12日)に、完全に冬支度を終えた途端に、八ヶ岳西麓 富士見高原に本格的な寒さが襲来した。 昨日の未明には、オフィスウッドデッキに設置した外気温湿度モニターは氷点下4.9℃を記録。 正に「八ヶ岳の冬」の…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

自分で作ったログハウスだから—12月12日 冬支度完全終了\^^/

今日も朝から社主さまは、煉獄さんで落ち葉焚き。 彼女は、途中から、新たな落ち葉の集積スペースを確保。 落ち葉焚きと集積・堆肥化の両面作戦に打って出て、午後2時頃までにはすべての落ち葉処理を終えてしまった。 惚れ惚れするよ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「鹿のモテ期」到来か? — 鹿との「睨めっこ」なるマイブーム 

八ヶ岳ライフを楽しむようになってから、最も「身近な存在」になったのは「鹿」と「栗鼠(リス)」である。 「野鳥」さん達は、かつては新百合ヶ丘の自宅でもバードフィーダーを冬の間だけ設置していたので、八ヶ岳でお付き合いが始まっ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【八ヶ岳珈琲道】 【森での暮らしの作法】 【焚き火道】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳ライフ「まあ、いつもと変わらないな…」という幸せの「20景」

昨日までの雨空とは打って変わって、今日の八ヶ岳西麓 富士見高原は、朝から八ヶ岳ブルーの空が広がった。 目にする敷地内のありふれた光景をやたら美しく感じて、何の根拠もないのだが「今日は良い日になりそうだな!」という予感がし…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

ブロアですべてを吹っ飛ばせ~ — 決算分析山籠もり期間 後半戦スタート

昨日の午後3時過ぎに八ヶ岳オフィスに出社。今日は久々に迎える「八ヶ岳の朝」だった。 マシンウォーキングを終えて、午前7時過ぎに庭を散策。 あっ、昨日は1個だけ残っていた「カリンの実」がなくなっている。 カリンの木の完全落…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳「冬の嵐」か?— 騒々しい「師走の初日」

今朝の6時過ぎだっただろうか、自宅寝室に設置してあるJ:COMの防災スピーカーがけたたましいアラート音を発した。 その後の音声で、自宅周辺に「大雨警報」が発令された事を知った。 そう言えば、昨晩は雷鳴が轟いたり、雨が屋根…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳効果かな? 還暦を迎えて「視力」回復

我が家には3人の息子がいる。 この内、三男は新百合ヶ丘の自宅から歩いて5~6分の場所に、お嫁さんと暮らしている。 先日、我が家に遊びに来た時に面白い話をしてくれた。 「運転免許更新時のあるある話」のひとつだった。 ご高齢…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「八ヶ岳レストラン事業部門」経営危機!

我が社の八ヶ岳におけるレストラン事業部門が、開業20年目にして「最大の経営危機」に直面している。 食材価格上昇が、経営を大きく圧迫しているのだ。 —————- …

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

他人の気がしないな…

昨日の「初雪」は、奇襲的に降ったという意味では「底意地が悪い」ものだったが、昼前にはほとんど解けてしまったので「根性無し」でもあった。 あれっ? 「底意地悪くて根性無し」って、誰か身近にいたような気がするぞ……

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

雪 降っとるやないかい!

7時15分過ぎに、朝のマシンウォーキングを終えて、本宅に行こうと思ってオフィスのドアを開けたら (°0°) 雪 降っとるやないかい! 暖冬だ、暖冬だなんて騒いでいるとこれだもんな… 八ヶ岳の気象変化の気紛れさ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

憂鬱な「この時期の雨」—「無駄」と「だらしない」嫌悪感の綱引き

今日の午前中が〆切りだったレポートのドラフトの提出を終えた後、オフィスのデスクの上で軽い昼食を済ませた。 深呼吸をしながら窓越しに庭を見下ろすと、雨が降っている事に気が付いた。 今回の八ヶ岳滞在中、初めての雨である。 う…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

「樅の木」への感謝と「メタブルー」の日

3日間のリフレッシュ休暇を終え、昨日から本格的な「第1次決算分析山籠もり期間」がスタートした。 当分の間は「Excel と Adobe Acrobat DC が我が友」といった感じの日が続く事になる。 さすがに朝から晩ま…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【焚き火道】 【自然・生物との語らい】

2021年 薪ストープ「焚き始めの日」

会う人会う人がまるで枕詞であるかのように「今年は本当に暖かいですね…」という言葉を口にする。 そして、実際に暖かい。 少なくとも私の八ヶ岳滞在中には、まだ一度も霜は降っていない。 今日の午前11時過ぎに本宅の…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳ライフを楽しむための諸原則—「動ける嫁 最強の原則」

今でも時々、「田舎暮らしのスローライフ」なんて類のタイトルを付した本や雑誌をAmazonで見かける。 その度に「嘘臭い、薄っぺらな内容」だろうなと予測する。 私の八ヶ岳ライフなんて、20年以上前にスタートした時点から「ス…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

我が家も紅葉真っ盛り—ウラジロモミの「孤高の矜持」

例年、この時期になると、ついつい広葉樹や、針葉樹のくせに紅(黄)葉して落葉する「唐松」を愛でてしまう。 まあ、これは私だけではなく、日本人全般が「紅葉好き」であるのは間違いなさそうだ。 かつて、八ヶ岳の敷地内には樹高20…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

ゴミ出しついでのショートドライブ—それでも「八ヶ岳の紅葉」は堪能出来る!

例年であれば、11月初旬は5月の初旬と同様に、銀行の決算発表の本格化を前に、ちょっとノンビリできる時期である。 だが、今年は何故か次から次へと様々な案件が舞い込んで、息抜きする暇がない。 昨日などは、本来であれば、社主さ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

冬への備えがさらに1歩前進—「地震予知精度」にも感動した日

今年も早11月。「光陰矢の如し」とか「烏兎匆匆」って言葉が頭に浮かぶような日々が続いている。 月初は、先月末のデータでアップデートせなばならない資料が山のようにあるので、大袈裟でなく分刻みの予定を組んで仕事に取り組む1日…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

小淵沢駅展望スペースにて—たまに眺める山々…

八ヶ岳の拠点を本社とする自分の会社を設立したのが2012年11月1日だったので、来週の月曜日から早、設立後10年度目を迎える事になる。 会社設立後1~2年は「トリグラフ」という社名について、その由来を問われる事が多かった…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

未だ「初霜」認定ならず—でも、着々と進む「冬への備え」

八ヶ岳で暮らす事の楽しみのひとつは、都会と違って四季折々の自然環境変化を堪能できる事にある。 そして、そのような自然環境変化が、どのような状況の時に起こるかを知るために、我が社の子会社「トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所」が…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

八ヶ岳ライフ「秋の終わり」を感じる時—草刈機 エンジン音のラプソディ

東京での講演活動や自宅での所用等、諸々すべてを綺麗さっぱりと終わらせて、昨日の昼過ぎに八ヶ岳オフィスへ出社した。 今回も「ミッション・コンプリートで気分爽快」、本来はちょっと息抜きをしたいタイミングである。 だが、月曜日…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

秋深まる—この時期「赤色」には要注意!

今朝の冷え込みで、秋が一気に深まったような気がする。 朝7時のオフィスの室温は17.1℃。9月以降で最低だった9月27日の17.6℃を下回った。 う~ん、そろそろ朝晩は暖房が必要な季節が近付きつつあるな… 金…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

「辺境の地」ではありませんよ —「富士見高原別荘地」はこんなに便利!

昨日、仕事(講演)の打ち合わせで、メールでやりとりをした際に、先方さんから「Oさん(私の事)、オフィスは、鹿、狐、熊やスズメバチなどが出る、かなりの山奥に構えたんですね…」みたいなメッセージが添えられていた。…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

夜の庭は「動物たちの社交場」—でも「猿」の侵入は許さない!

昨日、一昨日の冴えない天気から一転、今日は朝から終日、素晴らしい八ヶ岳ブルーの空が広がった。 我が家の敷地内の広葉樹は、まだほとんど色付いていないが、風の通り道を流れる風の冷たさが、昨日の雨を経て、秋が一段と深まった事を…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

可愛いあの娘と睨めっこ—不思議な「すずかちゃん」来訪

八ヶ岳西麓富士見高原は、今日は朝から、秋らしいちょっと冷たい感じの雨がほとんど終日、降り続いた。 オフィスでのデスクワークには最高の環境である。 昼過ぎに雨が止んだ時間があったので、メインウッドデッキに出てしばしの休憩。…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】

復活!「お外ハンモック」 —「月への切符」なる新戦力導入

昨晩は焚き火を楽しんだ後、簡単な夕食を済ませ、鹿の湯通いしたいところをぐっと堪えて本宅で入浴。 午後8時頃から再び講演資料の作成に取り組み、午前2時過ぎに眠りについた。 今朝は、いつもの習慣で6時前には目覚めて、様々な八…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自然・生物との語らい】

富士見町ミステリーゾーン—稗之底村址、クーナの墓場、謎の49番トンネルとカラス、そして旧立場川橋梁…

当初、八ヶ岳~南房総往復600kmの旅は1泊2日で終えるプランを組んでいた。 南房総からの帰路は、自宅で色々と所用のある社主さまを新百合ヶ丘に送り届けて、私はそのまま八ヶ岳オフィスに出社するつもりだったのだが、さすがにち…