Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所 臨戦態勢2022!

結局、昨日の午後は台風襲来前とは思えない穏やかな状態で終始。正に「嵐の前の静けさ」だった。 そのため、ガーデンファニチャーの固定や収納、庭木の支柱の確認などの台風襲来に備えた「外回り作業」は既に完了。 台風14号の勢力や…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

油断大敵 — 今年は「スーパー台風」の襲来にご用心

この週末は、結局、敷地内から1歩も外に出ずに2日間を過ごした。 我が社独自の「非常事態宣言」発令中である事を考慮しての行動であったが、やる事、やりたい事は山のようにあるので、まったく退屈はしなかった。 その分、平日はアク…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

ブルーベリーの「ストライキ」とぶっき~ちゃんの「失業」

今日で自宅滞在は早6日目。前回八ヶ岳滞在中に気になっていた事があるのを思い出した。 八ヶ岳メインウドッデキの上で育てている「ブルーベリー」さん達である。 元々は、2014年の秋に6本購入して、地植えで育て始めたのだが、度…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

蜂の新たな「天敵」— ジェノサイドだな…

八ヶ岳滞在中は、余程の大雨でもない限り1日数回、敷地内を散策して「自然観察」を楽しむ。 この時期、羽化したばかりのセミの美しい姿に毎日のように出会うことができる。 ここ数日の雨で、敷地西側の三角地エリア(ツリーハウス建設…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

闘いの日々、知恵比べの日々….

八ヶ岳ライフには、「有害生物」との闘いの日々という一面もある。 もっとも、この「有害」であるか否かは、人間側が勝手にそう認識するだけであって、生物側からすれば迷惑千万であるに違いない。 だからと言って、そんな生物に好き放…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

「自慢の嫁」「最強の嫁」— スズメバチ女王達の憐れ

私には、常日頃考えている「八ヶ岳(デュアル)ライフを実り多きものにするために大切な個人的三要素」なるものがある。 ① 好奇心 ② 行動力 ③ バランス感覚(どちらか一方の生活にのめり込まない)だ。 そして、それ以上に大切…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

3週間ぶりのオフィス出社 — み~んな私の「八ヶ岳の友達」さ…

東京での仕事を終えて、昨晩の午後10時過ぎに八ヶ岳オフィスに出社した。 4月25日の「一時撤収(https://triglav-research.com/?p=37193)」以来であるので、ほぼ3週間ぶりの出社である。 …

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

自分の事は自分で守る!— Beretta M93Rで スズメバチの巣 殲滅訓練

ロシアのウクライナ侵攻から約2ヵ月が経過。感じた事、学んだ事は山程あるが、敢えて最も重要な教訓をひとつあげるとすれば、「国家、組織、家族、個人を問わず、結局、自分の事は自分で守るしかないという(当たり前の)事実」である。…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【旅の空から】 【自宅にて】 【自然・生物との闘い】

花粉症完全克服宣言!—「南房総山間部 花を巡る旅2022」を終えて

小学校3~4年生の頃からずっと悩まされてきた重度の「花粉症」が、嘘のように軽くなったのは一昨年(2020年)の事だった。 加齢に伴って徐々に症状が軽くなったのではない。 症状が軽くなる前の2~3年(56~58歳の頃)の状…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自宅にて】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

あ~あ、本当に忙しかったな… Welcome! 「混沌の時代」

あ~あ、本当に忙しかったな。12月中旬からの約3ヶ月半を振り返ると、そう感じる。 お正月休みの1週間程を除くと、結局、例年の3~4割増しのタスクをこなしたように思う。 誰のせいでもなく、(特に2月~3月は)私自身で選択し…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自宅にて】 【自然・生物との闘い】

2022年「仕事始め」—どこに行っても、雪、また雪か…

昨日(6日)が2022年の我が社の「仕事始め」。 と言っても、いつもの東京でのお仕事Dayのように、朝から晩まで予定をぎっしりと組む程には「真面目」でも「勤勉」でも「無粋」でもない。 講演1件と2件の面談のみという、まあ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳「冬の嵐」か?— 騒々しい「師走の初日」

今朝の6時過ぎだっただろうか、自宅寝室に設置してあるJ:COMの防災スピーカーがけたたましいアラート音を発した。 その後の音声で、自宅周辺に「大雨警報」が発令された事を知った。 そう言えば、昨晩は雷鳴が轟いたり、雨が屋根…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

他人の気がしないな…

昨日の「初雪」は、奇襲的に降ったという意味では「底意地が悪い」ものだったが、昼前にはほとんど解けてしまったので「根性無し」でもあった。 あれっ? 「底意地悪くて根性無し」って、誰か身近にいたような気がするぞ……

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

雪 降っとるやないかい!

7時15分過ぎに、朝のマシンウォーキングを終えて、本宅に行こうと思ってオフィスのドアを開けたら (°0°) 雪 降っとるやないかい! 暖冬だ、暖冬だなんて騒いでいるとこれだもんな… 八ヶ岳の気象変化の気紛れさ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

憂鬱な「この時期の雨」—「無駄」と「だらしない」嫌悪感の綱引き

今日の午前中が〆切りだったレポートのドラフトの提出を終えた後、オフィスのデスクの上で軽い昼食を済ませた。 深呼吸をしながら窓越しに庭を見下ろすと、雨が降っている事に気が付いた。 今回の八ヶ岳滞在中、初めての雨である。 う…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

「辺境の地」ではありませんよ —「富士見高原別荘地」はこんなに便利!

昨日、仕事(講演)の打ち合わせで、メールでやりとりをした際に、先方さんから「Oさん(私の事)、オフィスは、鹿、狐、熊やスズメバチなどが出る、かなりの山奥に構えたんですね…」みたいなメッセージが添えられていた。…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

夜の庭は「動物たちの社交場」—でも「猿」の侵入は許さない!

昨日、一昨日の冴えない天気から一転、今日は朝から終日、素晴らしい八ヶ岳ブルーの空が広がった。 我が家の敷地内の広葉樹は、まだほとんど色付いていないが、風の通り道を流れる風の冷たさが、昨日の雨を経て、秋が一段と深まった事を…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

驚愕!「巨大 スズメバチの巣」—エアガンで蜂の巣を蜂の巣にしてみたい

今回の八ヶ岳滞在期間中の前半は私の「単独滞在」である。 社主さま不在だと出歩いても面白くないので、基本的には、八ヶ岳の敷地内で仕事中心の1日になる。 よくよく考えたら「単独滞在」の場合は、コロナ禍の前も後も、八ヶ岳での過…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

新たなる戦いの序曲 2021秋—クスサンの侵攻始まる

「昆虫」が好きか嫌いかと問われれば、はっきりと「嫌い」と私は答えるだろう。 八ヶ岳ライフに限定した場合、例外的に「大好き」なのは、毎年、八ヶ岳のブッドレアに大袈裟ではなく「群がってくる蝶々」だ。 八ヶ岳ブルーの空の下、満…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

「八ヶ岳の朝」は、やっぱりこうでなくっちゃ….

今日で、八ヶ岳で迎える朝は4日目、そして初めての「快晴の朝」だ。 オフィスのブラインドを開くと、見事な八ヶ岳ブルーの空が広がっていた。 午前8時過ぎのオフィスの室温は20.5℃、一方、外(オフィスウッドデッキ)の気温は1…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

キツツキ、お前らは許さないぞ!— 大家さんは今日も忙しい

8月終わりの頃から、オフィスで仕事をしていると外壁をコツコツ叩くような音が時々、聞こえるようになった。 最初は、山栗の実が落ちて壁にぶつかる音かと思ったがどうも違う。 最近よく遊びに来るカラスのペアやリスのミッターマイヤ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳「脈絡無き1日」—キイロスズメバチ、ハンニバル、半額弁当…

何をやってもチグハグで上手く行かず、時間の経過と共にヤル気が失せていく日というのは、誰にでもあるだろう。 今日は私にとって正に「そんな日」であった。 朝起きた時点ではそんな事はなかったのだが、マシン・ウォーキング後に、朝…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳ライフ「大家さん稼業」はそれなりに忙しい…

「八ヶ岳オフィス」は文字通り「仕事の場」なので、ウィークデイは朝から仕事に没頭するのが常である。 最近は、対面講演からオンライン講演へのシフトを一気に進めているので「情報発信の場」としての役割も高まりつつある。 特に仕事…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

『八ヶ岳稿房』の不思議 — 「自然災害発生時」に人気化してもな…

今日は午前と午後、オンラインの講演が1件ずつ組まれているので、それなりに慌ただしい。 だが、地方への移動時間を要する「対面講演」と比較すれば、トータルで費やす時間は大幅に減り、効率的ではある。 ふと、飛行機で移動する地方…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳 我が家の庭の新たな客人さん達 — 頑張れ!「ホークアイ」

昨日から、時々雨が降る程度の天気が続いており、八ヶ岳オフィス周辺は「静謐」という表現がピッタリの静かで穏やかな環境にある。 庭の散策には問題はないが、さりとて「焚き火」を楽しむには、時折降る雨が妨げとなる。 そんなわけで…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳 普段よりもさらに「平穏」な朝 — 秋の気配深まる

ビジネス以外では見事に「社会性が欠如」している私でも、ここ数日は「八ヶ岳は大丈夫ですか?」といった感じで、お心遣いのLineやメールを何件かいただいた。 本当にありがたい事である。 だが、社主さまは私の何倍もそんな連絡が…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

酷暑の地へ「青と白の時 七景」を捧ぐ!

「台風一過」となれば、その次に待ち受けるのは「フェーン現象」。 今日は、場所によっては日中の最高気温が40℃を超す予想のようだ。 八ヶ岳 富士見高原標高1,300mの地では、40℃なんて暑さは「別世界」の出来事。 だが、…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【文房具の深き沼】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳「恵みの雨」の後に訪れた不思議な出来事

今日で今回の八ヶ岳オフィス滞在は6日目だ。 今回の滞在中は「平穏な日々」がひたすら続いていたのだが、ちょっと「変化の兆し」も現れ始めてきた。 昨日の午後5時前から、遠くで雷鳴が鳴り響いているなと思ったら、5時10分頃にな…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

頼りないけれど「抑止力」、生き物じゃないけど「僕の仲間」

今朝の午前5時ちょうどに新百合ヶ丘の自宅を発って、八ヶ岳オフィスにほぼ1週間ぶりの出社。 異例の早朝出社となった理由は2つ。 ひとつは想定される「中央道の渋滞回避」だ。 待望の梅雨明けと同時に首都圏を襲う猛暑。常識的に考…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

束の間の青空と小さな満足感—「鳥・忌避王」配備完了!

昨日の午前中、八ヶ岳 富士見高原には「久々」の青空が広がった。 「待望」の青空であったが、結果的には「束の間」の青空となった。 八ヶ岳ライフは今年で22年目。 いつの間にか「八ヶ岳ブルーの空が広がり、標高1,300mの高…