Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

新たなる脅威を感知・撃退—5月9日午前3時36分36秒「いぶき」始動!

2系統8台の監視カメラと赤外線感知式ライトのネットワーク、結界石&結界チップ、さらには新たに配備した「いぶき」からなる防衛力をもって「ホスタさん達」を中心とした庭の花卉類を「鹿軍団」や「謎の害獣」から守る日々が続いている…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳の庭を巡るラビリンス—名曲「八ヶ岳に立つ野うさぎ」を知る

私が溺愛するホスタさん達の新芽を壊滅状態にした「犯人捜し」を続けている(https://triglav-research.com/?p=32350)。 今回の犯人について、光学迷彩技術を活用した「ステルス鹿」の存在を疑っ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

悲報・悔恨! ホスタ壊滅 —「空白の一夜」の謎

今日も八ヶ岳は快晴。朝の8時過ぎから、対鹿軍団の新防御対策を配備するための準備を始めた。 第1の新装備は《結界チップ》。「結界石《改》」のクレオソート臭に慣れが出てきたと考えられる鹿軍団の「嗅覚」を刺激するもので、木酢液…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

対鹿軍団「反転攻勢の日」近し!

「新緑の候」となり、我が宿敵『鹿軍団』は食料に困る事はなくなったはずである。だが、奴らの我が家の敷地内への侵入が止む気配はまったくない。 これは気のせいではない。実は、今回の八ヶ岳滞在期間中は、野生動物監視用の移動型カメ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

対鹿軍団防衛戦略構想2021—木酢液、狼の尿?音と光か…

自身が「器が小さく、慎重で臆病な性格」である事は十二分に認識している。 COVID-19前の時代には「面倒でつまらない人間」という言葉でバサッと切り捨てられていたような気がする。 だが、With COVID-19時代には…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

チグハグな1日—ホスタの新芽に大喜び、そして大慌て

来週の月曜日、東京で講演や勉強会の予定が3件入っていたので、八ヶ岳疎開生活を数日だけ中断する事になった。 元々決まっていた予定なので、特に慌てる事もなく、朝7時過ぎにオフィスを発って、自宅に戻る計画を立てた。 午前6時前…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

よせばいいのに「極寒の中で庭仕事」— 生命の危険を感じた…

昨日と今日は雨模様との天気予報だったのだが、終日雨だった昨日とは違い、今日は目まぐるしく天気が変わり、形容しがたい1日となった。 薄日が射したと思ったら、急に雨が降り出したり、雪らしきものもパラついたり、いきなり強い風が…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

「催花雨」の1日 — 八ヶ岳ライフを楽しむための「準備の日」

今日の八ヶ岳は朝から雨。ちょっと肌寒さは感じるが、優しい雨である。 開花が始まろうとしている我が家の「異形のソメイヨシノ」にとっては、正に「催花雨(さいかう)」だ。 そして、この雨が上がれば、敷地内の木々の芽吹きが一気に…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

4月11日を絶対に忘れない!—対鹿軍団「西部戦線異状あり」

八ヶ岳は朝から快晴。先週木曜日のオフィス出社以来、ずっとこんな気持ちの良い天気が続いている。 今朝もオフィスのウッドデッキで庭の様子を見下ろしながら朝食を楽しむ。 簡単な食事を終えた後、「異形のソメイヨシノ」の観察基準花…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】 【自然・生物との闘い】

新たなる戦いの序曲2021—春、鹿軍団との知恵比べが始まる

自宅書斎の隣の部屋にもウォーキング・マシンを設置して、ほぼ6ヵ月が経過した。 八ヶ岳オフィスに置いている機種と同一メーカーの同一シリーズを選んだので、朝のマシン・ウォーキングをしている時だけは、八ヶ岳ライフの気分に何とな…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【四方山話】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

3.11ルーティン—「太陽の蓋」と「Fukushima 50」を通しで視聴

今日、2021年3月11日で東日本大震災から10年を迎えた。改めてこの震災でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、被災地の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。また、現在も被災地復興のために尽力されている関係…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自宅にて】 【自然・生物との闘い】

今年も嘘のように「花粉症」が軽い!

小学校3~4年生の頃からずっと重症の「花粉症」に悩まされてきたので、もう50年程の付き合いになる。 春先にクシャミや鼻詰まりの症状が出始めた頃は、耳鼻科で「アレルギー性鼻炎」と診断された。当時は「花粉症」なんて言葉はなか…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【森での仕事の作法】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

緊急事態!八ヶ岳オフィス ステーション・ブラックアウト(SBO)—IoT化の脆さを知る

ステーション・ブラックアウト(Station Blackout: SBO)とは、本来は「原子力施設における全電源喪失状態」を言う。 だが、我が社では、2019年10月の台風19号被害による「大停電」を経験してからは、PC…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との闘い】

早朝の「八ヶ岳撤収戦0214」

まずは、今回の福島県沖地震の被害が軽微なことを心からお祈り申し上げます。 ちょうど7年前となる2014年2月14日は、八ヶ岳界隈で1mを超える積雪となった「平成26年豪雪」の初日だった。 当時、私は(幸い)青森に出張中。…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

甦る20年前の八ヶ岳—『伊達と酔狂』の物語の始まり

デスクトップPCやGoogle Nest Hub等の画面の背景画像は、八ヶ岳滞在中に撮影した写真をランダム表示する設定にしている。 毎月月末が近づくと対象フォルダを変更するのが習慣化しているので、昨晩、その作業を済ませた…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

「諏訪湖全面氷結」と「1万円札」に思う—身曾岐神社に初詣

昨日は「諏訪湖が3シーズンぶり全面結氷」とのニュースが繰り返し報じられて、ちょっと嬉しくなった。 記憶は定かではないのだが、確か、東日本大震災の前にも全面氷結しない年が2~3年続いたような気がする。 震災後に、本来は凍る…

Posted in 【Lifehackと遊び心の部屋】 【八ヶ岳ライフ】 【我が友D4】 【自然・生物との闘い】

あっ、雪だ… D4で「重要緊急出動」だ!

あっ、雪だ…  朝の10時過ぎ頃から、八ヶ岳オフィス周辺は今年初めての本格的な雪が降り始めた。 午後3時頃までには5~6cmは積もっただろうか? 私は、生まれが本州で最も温暖と言われる房総半島最南端の町なので…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【森での暮らしの作法】 【自然・生物との闘い】

八ヶ岳『雪の10景 2020』— HPも初雪だ~!

午前7時前にオフィスの窓のブラインドを開けて(°0°)。敷地内が一面、雪で覆われていた。八ヶ岳滞在中の本格的な積雪は今年初めて。 記念に「八ヶ岳 雪の10景 2020」を記録に残すことに決めた。 昨日の社主さまとの「三十…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との闘い】

「熊目撃情報」の看板を2枚発見 その違いは何を意味するのかな?

一昨日の午後から今日の昼過ぎまでのほぼ丸2日は、オフィスに閉じ籠もって仕事に没頭。決算分析の山籠もりも本格化してきた。 これからは「決算短信が我が友」とも言える生活が続くのだが、何故かそんな時期になると身体(頭かな?)が…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との闘い】

今日は本当に「八ヶ岳ブルー」の空が広がった — 「冷感タオル」に学ぶ

今日は朝から、正真正銘「八ヶ岳ブルー」の空が広がった。やっぱり「八ヶ岳ライフ」はこうじゃなくっちゃ! さて、今日は何をしようか? そうだ、異常な長雨に乗じて、我が家の敷地内に侵攻してきている「笹(Bamboo grass…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との闘い】

「ありきたりな日」の楽しみ — 八ヶ岳にオフィスを構えるという事

昨日は「梅雨の中休み」。仕事は細かい計画を立てない「調整日」。三十三番土偶札所巡りも「結願前の休息日」と位置付けて、要するにちょっとまったりと過ごした。 何か大きな作業をするわけでなく、デスクワークに飽きたら、気の向くま…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との闘い】

久し振りの完全休養日—八ヶ岳ライフは色々な「闘い」で忙しい

予定通りに仕事が進んでいるので、今日は久し振りの「完全休養日」とした。5月中旬に銀行の決算発表が本格化して以降、丸1日仕事から離れるのは2日目だろうか? もっとも、休暇は自分で自由にマネージできるので、好きで仕事に没頭し…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

とても怖い夢を見た — そして生身の人間と12日ぶりに会話

元々、夢はほとんど見ない(見たが覚えていない)のだが、八ヶ岳滞在中はさらにその傾向が強くなる。八ヶ岳で見た夢で、鮮明に記憶に残っているのは、昨年3月3日、2m位のお姿で現れた「国宝土偶 仮面の女神さま」が最後である。 だ…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との闘い】

タケニグサ『局所殲滅戦2020』— イイ汗をかいたな…

昨日は午前10時過ぎからずっと雨。決算分析作業に集中するには「最高の環境」であり、ついつい調子に乗って午前3時頃まで仕事をしてしまった。 いつものように6時前に目覚めたのだが、その後、珍しく二度寝をしてしまい、通常よりも…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との語らい】 【自然・生物との闘い】

涸れ沢を歩き、タケニグサ殲滅戦の構想を練る…

今日の八ヶ岳は、まるで「真夏のような暑さ」だった。全国の気温で上位6位までが長野県の観測点であったと言うのだから「異常」である。 生憎、トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所の屋外観測計がちょうどバッテリー切れになっており、昨日…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との闘い】

我が社(家)の誇る『匠の技』

山籠もり生活中は、基本的には八ヶ岳の敷地内とその周辺で過ごす事にしている。 今日も朝の8時半から昨日と同じコースをウォーキング。社主さまが山間(林間かな?)の起伏はあるがしっかりと舗装された道を気に入ってしまい、これから…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との闘い】

アライグマ夫婦の山籠もり日記(参)今日は「木樵作業」

意志の強さを試されているのではないかと思える程、ふらふらと出歩きたくなるような「穏やかで爽やかな天候」が続いている。だが、今は「日本国民としての嗜み」を守るべき時だ。今日も八ヶ岳敷地内から1歩も外に出ない「山籠もり生活」…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との闘い】

「雪」に願いを…

本来は、COVID-19パンデミックが収束(終息)するまでは、ずっと八ヶ岳に山籠もりしたいところなのだが、世の中そんなに甘くはない。講演以外にも仕事はあるし、当然ながら不要不急と割り切れないプライベートの所用にも対応せね…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【自然・生物との闘い】

対COVID-19 防疫戦線 — 我が社(家)の対応もセカンド・フェーズへ

新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)による感染症の名称が「COVID-19」に決定し、今日で早6日目。不思議なもので感染症の固有名詞が決まると、脅威のレベルが1段階アップしたように感じるのは私だけだろうか? 我が社…

Posted in 【八ヶ岳ライフ】 【樹の家への途】 【自然・生物との闘い】

獣道を進む!—タケニグサとの果てなき闘いに備えて

タイトルに「獣道を進む」と書いたのはちょっと大袈裟かな?でも、嘘ではない。 今回の八ヶ岳滞在は社主さまにご同行いただいているが、講演週の途中なのでふらふらと遊び歩く事はない。外食に出掛ける程度で、基本的には本宅とオフィス…