タグ: 森林インストラクター

新たな脅威への『宣戦布告』! 対タケニグサ防衛戦

「好奇心」「探究心」「闘争心」なんて類に衰えを感じるようになったら、人間生きていても全然面白くないだろうなと心底思う。八ヶ岳の豊かな自然環境は刺激に満ちていて、色々な場面で感性を磨く機会を与えてくれる。だから好きだ。

稿房通信で何回か紹介してきた『鹿』との闘い(庭の樹木防衛戦)なども、傍から見ればアホらしく見えるかもしれないが、私は本気で取り組んでいるのだ。「敵(脅威)」の存在は、生物の本能を活性化させる重要な要素だと思う。

最近、八ヶ岳の我が家の敷地周辺に、私の本能がアラートを発する「謎の植物」が大繁茂している。敷地西側に位置する財産区林の大規模間伐が実施されてから3年。針葉樹の多くを伐採し広葉樹を温存する「雑木林化(里山化)」が図られた結果、財産区林の陽当たりは劇的に向上した。そこで一気に勢力を拡大したのが、この謎の植物だった。

3年前に財産区林の大規模な間伐が行われ、林床の陽当たりは驚く程に良くなった。下草はシダ類が中心であったのだが、昨年頃から正体不明の植物が繁茂し、今年の夏には財産区林の涸れ沢は、この「謎の植物」で埋め尽くされた。

昨年までは「何か知らない草(木?)があるなあ~」程度の認識だったのだが、今年の初夏になって、財産区の下草は、ほとんどこいつばかりになってしまった。「異常な繁茂力」だ。植物図鑑やインターネットで検索したのだが、どうしても名前がわからない。そうこうしている内に、我が家の敷地内にも侵入してきた。当然ながら、草刈機による「殲滅戦」で対応した。その結果「茎が空洞」である事はわかったのだが、残念ながら種類の特定には至らなかった。

「謎の植物」の葉と茎。我が家の敷地に侵入したものは草刈機で殲滅。茎は空洞で黄色っぽい樹液が滲み出る(毒性がある事が判明)。葉の形は、どう見ても在来種ではなさそうだ(裏白)。八ヶ岳、外来種、掌状の葉、裏白の葉、茎空洞等々、様々なキ-ワードで検索したが、それらしい物にヒットしなかった。また、誰に聞いても「知ってるけど、何だっけ?」といった反応ばかり…

我が家を所用で訪れる地元の方に片っ端から、この謎の植物の名前を尋ねた。「ええと、なんて言ったかな?確か外来種なんだけど…」とか「最近、財産区でよく見るけど、名前は知らないなぁ。」といった類の情報しか得られなかった。

オフィス・セルフビルドでお世話になった友人Tさんが、8月のお盆の時期に八ヶ岳に滞在した際にも、この植物について質問した。Tさんも異常な繁茂ぶりに驚いたようで、ウッドデッキに置いたロッキングチェアに腰掛けて、スマホで30分程検索していた。色々と候補にあがった植物の写真を見せてくれたのだが、どれも違った。結局、この謎の植物の名前は判明しないまま、9月を迎えた。

先週の八ヶ岳ショートステイの際にもこいつが気になって仕方なかった。一段と勢力を増したような気がしたからだ。「確か川崎自宅に詳しい植物図鑑があったな…。写真だけ撮影して、暇な時にジックリと調べよう!」と決めて、3日(日)の朝、八ヶ岳オフィスを後にした。

昨日は、東京Day。帰りの小田急線の車中で、かつての緑豊かな里山が、無機質なマンション街に変わってしまった様子にいつものように心を痛めた。自然界で共存していた植物や動物からすると人間こそが「異常な繁殖力の外来種」かもしれないな…

ん? そう言えば、森林伐採や開発、山火事や洪水などで裸地となった土地に、真っ先に侵入して繁殖する植物の事を森林インストラクターの試験勉強の時に学んだな? ええっと、何だっけ? そうだパイオニア(先駆)種だ!よく考えたら、八ヶ岳の謎の植物は「パイオニア種の典型」である。

ついでに、高尾山での実地講義(研修)の際に、「樹種判定」の講師の先生が教えてくれた事を思い出した。「樹木名の判定がつかない場合は、調べようとしている樹木に似ている種の名前をメイン・キーワードとして、さらに、その樹木と特徴(葉の形状、幹の色等)を加えて画像検索を掛けると、沢山並んだ写真の中から、かなりの確度でターゲットの樹木を見つけ出す事が出来ますよ。」って、講義していたな…

自宅に帰ってすぐに、森林インストラクター(試験)の知見を頼りに、謎の植物を再リサーチした。まずは試しに「植物 パイオニア種 竹(茎が空洞だから)」と入力して画像検索。と、謎の植物の写真がいきなり数枚現れた。見事な「一発ヒット」である\(^o^)/

謎の植物の名前は「タケニグサ(竹似草・竹煮草)」だった。別名は、チャンパギク。チャンパとは、インドシナ地方(南ベトナム付近)の古い国名で、このエリアからの帰化植物であるらしい。欧米では観葉植物として栽培されているとの事。

「植物 パイオニア種 竹」と入力して画像検索したら、見事に一発でヒットした。謎の植物の名は「タケニグサ」。森林インストラクター試験の知見が役に立ったぞ!欧米では「観葉植物」らしいが、私にはまったく好みではない。我が家の敷地内への侵入は完全阻止するぞ! タケニグサへ「宣戦布告」した。

そしてアルカロイドの一種を含む(茎や葉を折ると黄色い汁が滲み出る)有毒植物である事も判明した。ナルホドね!だから、あの何でも食い尽くす鹿さん達が見向きもしないんだ。外見的に私の好みではないし、有毒植物(皮膚炎やアレルギーを引き起こす)である以上、我が家の敷地への侵入は「絶対阻止」するしかない。

トリグラフ・リサーチは、新たに「タケニグサ」に対して9月4日に宣戦布告。新たな脅威との防衛戦に突入したのである。

あ~あ、でも「謎の植物」が何か判明してスッキリした。大嫌いな混み合った電車の中で、自然破壊に心痛めるのも、まあ悪くはないな…

在庫定番資料大放出! 総預金動向分析 ①—『預入主体別』編

預金関連の在庫定番資料放出は今日も続く。昨日掲載した4つの預入主体毎の預金種類別残高を足し合わせて作成した「国内銀行国内店銀行勘定総預金」ベースの資料である。まずは「預入主体別」動向を配信しよう。

【今日も面倒な解説は省略。下段右下の前年同月比増減額グラフを見れば、終わった2015年3月期の預金増加については「一般法人預金」の貢献が極めて大きかった事が再確認できるだろう。但し、一般法人預金の残高は、個人預金と比較するとかなり変動が大きい。直近では、2007年3月末から2008年9月末まで4半期連続での減少局面を経験している。また、昨日の第731号で「金融機関預金はブレる」と書いたが、下段左下の前年同月比増減率グラフがそれを示している。

総預金 預入主体別残高動向(2015年3月版)難関「森林インストラクター試験」をガチで受験し合格している私は、かつては金融業界でも有数の「森林知識保有者」であったと自負している(過去形である点がポイント)。2次試験(実技・面接)の際、女性の試験官に「あなた、この試験は、営林署や林業関係の先生とかが受けるものよ。全然関係ない金融機関の人が勉強して合格したら快挙よ。もしかすると初じゃないかしら?」と言われた事を思い出す。もう10年前の事だ。

今だから告白できるが、インストラクター試験の後に「樹木医」を目指そうかと考えた事があった。だが、そのために費やすであろう労力を知って諦めた。当時、銀行業界には「虫食い」「立ち枯れ」状態に近い木(銀行)がまだかなりあったので、銀行アナリストとして、そちらを見守る事を優先したのだ。

さて、「樹木医」を夢見た頃から10年が経過した。銀行業界の現状はどうだろうか? 表面上、葉は生い茂り、樹幹は隆々に見えるが、実は幹の中では空洞化が着実に進んでいる。いつかは必ず訪れる「与信費用の急増」という嵐に耐えられるか、正直、心許ない状況だ。個人的には、2005年よりもさらに「銀行としての収益の質の悪化」が進んだと見ている。

森林インストラクターである私は、これまで銀行業界を「森(業界マクロ)」と「木(個別銀行)」という2つの切り口で分析してきた。そして、前者に係わる情報発信の場として無料Webレポート『銀行業界鳥瞰図』を立ち上げたのである。実は、今本決算の分析からは、これを「山(日本経済全体)」「森(銀行業界全体マクロ)」「林(銀行業態別・主体別等セミマクロ)」そして「木(個別銀行)」という軸で再整理し、資料作成時の組み合わせやアウトプット(レポート・講演資料等)の仕方の参考にしている。勘の良い読者諸氏は、もうお気付きと思うが、昨日配信した4本の『銀行業界鳥瞰図』は、すべて「林」情報だ。そして、今日はこれを「森」の目線で俯瞰するように工夫している。

「山森林木」軸を導入する事によって、私の分析の弱点のようなものが浮かび上がってきた。ひとつは、国内不良債権問題が最悪期を脱した頃から「山」情報がかなり手薄になってきた事だ。これはある程度は実感していた。もうひとつの弱点は、自分でも意外だったのだが「林と木」の組み合わせ資料が驚く程に少なかった。データは、勿論、完備しているのだが、何故か、いきなり「森と木」を組み合わせて資料作りをしていた。これはおそらく「癖」のようなものだと思う。7月からスタートする全国講演では、新たに作成した「林と木」それから「山と森」の組み合わせ資料をいくつか披露しようと考えている。

この「山森林木」軸は、森林インストラクター試験の最難関「樹種判定」試験対策で、私が考え出したものだ。先月、川崎自宅の書斎を整理していた際に、樹種判定試験用に使っていた分厚い「樹木図鑑」が書棚の奥で眠っているのを発見した。パラパラと捲ってみると、自分でも感心する位に上手く、樹木の特性を整理・分類していた。「あぁ、これ仕事にも使えるな」と直感、すぐに実践したのだ。でも、もっと凄いなと感心したのは、樹種判定の知識を「み~んな清々しく忘れてしまっている事」である。

今、旬なのは、やっぱり「縄文土偶」なのだ!

 トリグラフ・リサーチ 稿房主

【銀行業界鳥瞰図】Vol.732

債券5勘定尻と与信費用の異次元ワールド【個別銀行版】— 「木」も見て「森」も見る

【Quick Bird’s-eye View】
「債券5勘定尻と与信費用の異次元ワールド」個別銀行版をXYプロット図を用いて作成した。決算マクロ分析(森の分析)では厳しいコメントを連発しているが、個別銀行分析(木の分析)では『美点凝視』をモットーとしている。財務データに垣間見える「良い兆し」を見失う事の無きよう細心の注意を払って分析作業に取り組んでいるのだ。ご安心いただきたい。私は色々な意味で『木の分析のプロ』である。

2013年3月期マクロ決算分析も終盤戦。主要項目の内、残すところは「営業経費」と「包括利益」のみとなった。これらを6月中に終わらせる予定だ。今週に入って有価証券報告書の公表が始まったので、来月からは、本格的な個別銀行分析作業に着手する。同時に、新オフィス建設の大工作業も始まる。どちらが「本業」になるかは、現時点ではわからない。もし、ログハウスのセルフ・ビルドに嵌まってしまっても、トリグラフ・リサーチとして対応できるように、会社定款には「ログハウス、ドームハウス等の販売代理店事業」等、金融機関向けリサーチ&コンサルティング事業以外の事業目的も加えてある。

今日は、決算短信ベースの「仮置き」版ではあるが、個別銀行分析資料(XYプロット図)の一端を紹介しておこう。3月21日第79号 http://triglav-research.com/?p=1526 で扱った「債券5勘定尻と与信費用の異次元ワールド」の2013年3月期本決算版である。個別銀行向けの講演では、すべて銀行名を付すのだが、『銀行業界鳥瞰図』のルールに従って、点の分布状況のみを示すスタイルとしてある。第79号で詳しく書いたので、本日は解説を省略する。与信費用は、決算マクロ分析版と異なり、「償却債権取立益」を含めている点に留意いただきたい。

なお、これまで個別銀行分析に係るXYプロット図は、連結版は「全上場銀行持株会社及び全上場銀行」、単体版は「全上場銀行持株会社傘下銀行及び全上場銀行」を対象に作成してきた。現在、これに「非上場銀行」を加える作業を進めている。但し、点の数がさらに増えて、XYプロット図がより煩雑になるので、実際には「非上場銀行追加版」はお蔵入りとなる公算も大である。今回は、お試し版として、非上場銀行の内、単体総資産が2兆円を超える2行を分析・作図対象に加えてみた。下掲グラフをご覧いただきたい。債券5勘定尻と与信費用の異次元ワールド【個別銀行版】-2013年3月期版

グラフのスケール外とした2行を除くと、分析・作図対象行は105行となる。105行合算ベースの対コア業務純益比率は、債券5勘定尻が+23.1%、与信費用が▲11.8%である。分析・作図対象の範囲が若干異なるが、2012年9月中間期の数字は、それぞれ、+39.9%、▲5.8%だった。2011年3月期決算以降「債券5勘定尻を上期に大きく積み、下期に与信費用が膨らむ」という傾向が定着しており、その動きを反映した数字となっている。

勿論、このグラフで重要なのは、個別銀行分布のバラツキである。私は、決算マクロ分析でかなり厳しいコメントを書いてきたが、これらはあくまでも「業界全体(森)」の動向に関しての見解である。今回のグラフが示すように、個別銀行の決算構造は、正に『千差万別』なのだ。厳しい経営環境の中でも、着実に収益力、収益の質を向上させている銀行は、少なからずある。「森」全体の動きをしっかりと俯瞰した後に、「木(個別銀行)」と向き合う事により、銀行経営の優劣がはっきりと浮かび上がってくる。

話は逸れるが、私は「森林インストラクター資格」なるものを保有している。私が受験した頃は、営林署、林業従事者、林業関係の教育者などが主に受験する、かなりの難関資格だった(アナリスト試験の5倍位の時間を費やした)。2次試験(口頭・面接)で「もし合格すれば、金融関係では第1号かもしれない」と面接官に告げられたことを記憶している。1次試験は「森林」「林業」「森林内の野外活動」「安全及び教育」の4科目からなり、「森林」の中に「樹種判定」という難関項目がある。木の写真をノートに貼って、ひたすらその樹木名と特性を丸暗記した。試験に合格したのは2005年だったので、今年で8年目を迎えた事になる。銀行アナリスト歴の25年には及ばないが、合格以来、自然観察に対する目線は明らかに(プロ風に)変わった。私は色々な意味で『木を見る専門家』だということを認識いただきたい。

トリグラフ・リサーチ 稿房主

(Vol.158)