2013年6月13日《基礎工事編》7日目

オフィス基礎工事も7日目に突入。前日(12日:工事は1日お休み)のように雨が強く降る事はなかったが、終日曇り空の1日だった(正に梅雨空)。八ヶ岳ブルーの空と無縁なやや陰鬱な写真が続く。作業内容は「捨てコン(基礎の底面を平らにし、構造体の位置を決めるために敷くコンクリート)」打設。朝から生コンのミキサー車が枕木アプローチに入ってきて作業開始。「捨てコン」というのだから生コンを流し込むだけかと思ったのだが、丁寧で時間の掛かる作業だったのが意外。

13日も生憎の曇り空だが、幸い、雨は降らなかった。朝から生コンのミキサー車が枕木スロープに入ってきた。スロープに敷いた鉄板の効果は抜群。これがなければ枕木はボキボキ折れただろう。

捨てコン打設作業は傾斜の下側から始まった。上から始めて、傾斜を利用して下の方に流し込んでいくのかと予想していたのだが「そんなに雑な作業じゃない」と業者さんに笑われた。どうも「捨てコン」という表現が誤解を与えるのだと思う。

捨てコン打設は、生コンをザザーと流して、上からトンボで均すだけなのかと思っていたのだが、全然イメージと違った。コテを使った丁寧な作業で翌日も続くとの事。