2013年6月7日《基礎工事編》3日目

オフィス基礎工事3日目。朝から水道工事をお願いする業者さんのユンボが搬入され、建設予定地の地盤整備(整理)と下水道管の敷設工事が並行して進められた

朝は曇天であったが、昼前から小雨となり「雨の中の工事」となった。本宅と合併浄化槽を結ぶ既存の下水管がオフィス基礎部分と重なってしまうため、新たなルートを確保するための工事だ。予定していたルートの地中に大きな岩が埋もれていた場合は厄介な事になるらしいのだが、幸い、無事に工事は終了した。

基礎工事の絵面(えずら)はどうしても地味になってしまうのだが、オフィス・セルフィビルドを成功させるための正に「基礎」なので本当に大切な工程である。

朝は曇り空だったが、お昼前から小雨が降り始め「雨の中の工事」となった。ユンボと並んだところを眺めて見ると、改めてD4の大きさを実感。「この車、大きくて重そうだね?」と工事の方に聞かれたので「車重2.5t(厳密には2,580kg)あります。」と答えたら、驚いていた。前愛車のLC100は2.3tだった。車は、大きくて、ごつくて、頑丈なのを、大排気量・高馬力・高トルクのエンジンでゆったりと走るのが好きだ!

下水管の敷設作業。凍結深度が深いので、私が予想していた以上に深い穴を掘った。下水管の「勾配は100cmで1cm」なのだそうだ。初めて知って勉強になった。