2013年6月6日《基礎工事編》2日目

基礎工事は2日目を迎えた。朝からいきなり「ユンボ」が搬入され、オフィス建設予定地とその周辺の整地作業が行われた。整地作業のメインは、基礎工事作業前に伐採した広葉樹や松の根の掘り起こしと処分である。幹の太さから想像していたよりも、根の部分ははるかに大きくて(そして重そうで)驚いた。以前レンタルした事のある小型のユンボ「ナナちゃん」では、とても対応できなかっただろう。

基礎工事作業2日目。働く車の代表格「ユンボ」が搬入された。工事の間、愛車D4は邪魔になるので、枕木駐車スペースから枕木のテラスへと移動。本宅ドアの前までD4が入って来られるように、枕木アプローチを頑丈に作っておいて良かった!

まずは、建築予定スペースの整地作業から着手。かつて、建設予定地の中に広葉樹が1本生えていた。基礎工事前に伐採したのだが、まずはその「根」を掘り起こす事から始まった。

建築予定スペース周辺にも、工事の前に伐採した松や広葉樹の根が数本が残っていた。工事の邪魔になるので、これらの一部も撤去する事になった。

根を掘り起こしているところ。幹の太さから想像したよりも、はるかに根の部分は大きくて重そうだった。枕木アプローチを作成する際に「ナナちゃん」という小型のユンボをレンタルした事があるが、ここまで大きな根だとナナちゃんクラスでは対応不能だろう。

完全に掘り起こされた根のひとつ。「何かに使えないかな?」と思ったのだが、これからいつまで続くかもわからないセルフビルド作業を控えているため、処分をお願いした。結果的に、この判断も「大正解」だった。