八ヶ岳オフィス ウッドデッキ増設基礎工事《3日目:最終日》

8月11日、オフィス・ウッドデッキ増設基礎工事は3日目(最終日)を迎えた。最終日も、守屋建設さんは3名での作業。8時過ぎから基礎の型枠やヒューム管剥がしが始まった。その手際の良さに感服する。

現場監督さんに確認すると、今日は機材の撤収を含め、午前中に作業を終える予定との事。あっと言う間に、7本の基礎は、枠が外され、ヒューム管も剥がされて、ほぼ完成形となった。

最終日の作業は、どんどん進んでいく。大袈裟ではなく、あっと言う間に基礎の型枠とヒューム管が外されて(剥がされて)、7本の基礎はほぼ完成形となった。

最終日の作業は、どんどん進んでいく。大袈裟ではなく、あっと言う間に基礎の型枠とヒューム管が外されて(剥がされて)、7本の基礎はほぼ完成形となった。

取り外された基礎の枠とヒューム管の残骸。1日間、ご苦労様でした。

取り外された基礎の枠とヒューム管の残骸。1日間、ご苦労様でした。

9時過ぎには、ユンボによる土の埋め戻し作業が始まり、凸凹していたオフィス周辺の地面は、どんどん均されていく。10時半頃には、ユンボによる埋め戻しもほとんど完了。手作業による細かな地均しに移行した。

ユンボでの土の埋め戻し作業はすごいペースで進んだ。基礎や水道管、樹木等を上手くかわしながら、器用に動き回るのだ。

ユンボでの土の埋め戻し作業はすごいペースで進んだ。基礎や水道管、樹木等を上手くかわしながら、器用に動き回るのだ。

ちょうどその頃、オフィスの窓から3t車が敷地内に入ってくるのが見えた。すぐに注文したウッドデッキ部材(ウェスタン・レッドシダー:WRC)の搬送だと気が付く。

10時半頃、3トン車が敷地に入ってきた。他の荷物も積んでいるのかと思ったら、私が注文したWRC材だけだった。荷台の左側がパカッと上に開き、次から次へとWRC材が運び出された。

10時半頃、3トン車が敷地に入ってきた。他の荷物も積んでいるのかと思ったら、私が注文したWRC材だけだった。荷台の左側がパカッと上に開き、次から次へとWRC材が運び出された。

今回もデッキ材は『木工ランドhttps://www.mland.gr.jp/さんに注文した。本宅のウッドデッキやオフィス・セルフビルドの際にも、WRCはすべて、同社のWebから発注。価格、品揃え、対応の迅速さ等、文句なしの業者さんなのだ。

本社が甲府市で、八ヶ岳オフィスから近いのも親近感があり、私「御用達」のひとつである。運送業者さんも手慣れたもので、5分程で枕木駐車場のアプローチ寄りのスペースに、WRC部材の小山が出来上がった。

これがウッドデッキ作成のためのWRC材。「最高の部材を最も安い価格で無駄なく使う」というのが私のモットーである。今回も、厳密に計算した上で部材を発注した。

これがウッドデッキ作成のためのWRC材。「最高の部材を最も安い価格で無駄なく使う」というのが私のモットーである。今回も、厳密に計算した上で部材を発注した。

この間、基礎工事はさらに進み、部材の片付けや基礎の凹凸の仕上げ作業に移っていた。10時50分頃には、ユンボをトラックへ積む作業が始まり、続いて、最後の大作業、枕木アプローチの上に保護用に敷き詰めた5枚の鉄板の積み込みが始まった。

最後の大仕事である鉄板(1枚800kg)の積み込み作業。大仕事と考えているのは、私だけのようで、20分程でアッサリと作業は終わった。

最後の大仕事である鉄板(1枚800kg)の積み込み作業。大仕事と考えているのは、私だけのようで、20分程でアッサリと作業は終わった。

鉄板の重さは、1枚800kg。作業を誤って落下したら惨事となる「危険物」である。これをUNICクレーンを自在に操って、20分程で積み終えてしまった。正に「匠の技」である。

最後に現場の掃除やら小物の工具の片付けを終え、11時半ちょっと前にすべての作業が完了。本当に計画通りに午前中に終わったよ… 思わず感心してしまった。

作業完了後の写真はご覧の通り(12日朝撮影。作業1日目の1枚目と8枚目の写真と比較して欲しい!)。まるで、ユンボを入れた工事などなかったかのように整然としている。

ウッドデッキ基礎工事完成後の写真を8月12日の朝、記念撮影。3年前のオフィス・セルフビルドの際に、ウッドデッキの基礎杭だけでも打っておけば良かったのだが、当時はそこまで気が回らなかった。地面を掘り返したため、洋芝の種を蒔き直せねばならない。

ウッドデッキ基礎工事完成後の写真を8月12日の朝、記念撮影。3年前のオフィス・セルフビルドの際に、ウッドデッキの基礎杭だけでも打っておけば良かったのだが、当時はそこまで気が回らなかった。地面を掘り返したため、洋芝の種を蒔き直せねばならない。

守屋建設の皆さんは、昼食を終え、午後1時前に撤収。「今回も本当にお世話になりました。また何か作る時には、よろしくお願い致します(次は何をやるんだろう?)」と心からの感謝を伝え、3名の「匠(マイスター)」を見送った。

夕方、ユンボ作業のために一時的に退避させていたホスタさん達を植え戻す。次に、届いたWRC部材を作業場となるメイン・ウッドデッキに運ぼうかと試みたのだが、その重さにちょっと驚く。

家内(社主)からは、私が一人で力仕事をすると碌な事がないから無理をするなと命じられている。13日には、三男が夏休みで八ヶ岳にやって来るので、WRCの移動作業は彼を待つ事にした。

12日は、朝から所用がギッシリなので、オフィスのウッドデッキ増設工事は丸1日の完全休暇となる。

トリグラフ・リサーチ 稿房主
【オフィス・ウッドデッキ増設工事記】