【縄文土偶探訪記 Season 4 Vol.11】 長野県『茅野市尖石縄文考古館』特別編

探訪博物館: 長野県 茅野市尖石縄文考古館
(http://www.city.chino.lg.jp/www/toppage/1444796190237/APM03000.html)
探訪日: 2017年3月28日
探訪目的: 国宝土偶 縄文のビーナス、仮面の女神

平出博物館から尖石縄文考古館までの移動に要した時間は、コンビニ等への立ち寄りを含めて約1時間10分。尖石着は午後3時半ちょっと前となった。

尖石訪問は、ふらっとした立ち寄りも含めると今回で6回目だったように思う(最近、ふらっと型訪問は正規の探訪にはカウントしていない)。【縄文土偶探訪記】専用のデジカメを持参せずに訪れた場合は、探訪記録が正規モードではなくなるため、やや記憶が怪しくなる。もしかすると5回目かな…

お馴染みの尖石縄文考古館。私が、気が向いた時に訪れるのは、オフィスに近い此方と井戸尻考古館、そして通勤途中にある釈迦堂遺跡博物館だ。

.エントランスの入館チケット発券機で家内と2人計1,000円の入館料を支払い、早速、探訪開始だ。

エントランス正面では、縄文のビーナスと仮面の女神の大型レプリカが仲良く並んで、入館者を迎えてくれる。ちなみに、このレプリカのツーショット写真は、私のLINEのプロフィール画像となっている。

勝手知ったる尖石なので、エントランス右手奥に控えている国宝土偶さん2体の特別展示室に躊躇せずに直行。最優先すべきは、国宝土偶さんへの御挨拶なのだ。勿論、家内も一緒である。

国宝土偶「縄文のビーナス」と「仮面の女神」の特別展示室。特別展示室と言うのは、私が勝手に使っている表現で、実際は何だったかな? 他の国宝土偶さん「かっくうちゃん」「縄文の女神」「祈りの土偶」も素晴らしい環境で別格の待遇を受けている。

「この子達は何なの? 大きくて立派で、これまで見てきた土偶と、全然迫力が違うじゃない...」と家内の第一声。国宝土偶さんを「この子達」扱いするのは不謹慎だが、私もまったく同感である。

日本全国には様々なパワースポットが存在するのだろうが、部屋単位で考えた場合、国宝土偶さん2体の特別展示室に勝るものは無いように思える。

奇をてらわずに、正面右斜めからの角度で写真を撮影。今回は、新しい試みとして、縄文のビーナスと仮面の女神それぞれの『国宝指定書』も紹介しよう!

「縄文のビーナス」 The JOMON Dogu 的存在である。何度見ても溜め息が出てしまうような美しいカーブと膨らみの造形美だ。

国宝土偶さんの証である「国宝指定書」。土偶1箇と記載されるだけで、縄文のビーナスというお名前は、どこにも記載されていない。ちょっと味気ない気がする。

私が1番大好きな「仮面の女神」 八ヶ岳オフィスには全国の考古博物館を回って購入した土偶さんのレプリカが溢れているが、最も数が多いのが仮面の女神で、大小合わせると7体もあった。八ヶ岳オフィスの守り神である。

仮面の女神の国宝指定書。「仮面の女神の国宝指定へ」と報じられた翌日の尖石縄文考古館の一般客来館第1号は私だった(と信じている)。詳しくは、【縄文土偶探訪記】Season 1の尖石編をご覧いただきたい。

特別展示室を出たり入ったりして約10分。十分に穢れを払い、土偶さんの発する神秘エネルギーを吸収できたと確信し、隣の展示室に移動した。こちらは縄文土器中心の展示だが、奥の方には土偶さんの展示スペースもある。

国宝土偶さん以外の土偶さん達の展示スペース。2トップの存在感があまりにも大きいので目立たないが、よく見ると味わいのある土偶さんが多い。さすがに「八ヶ岳縄文王国」の頂点をなす博物館である!

国宝さん達の存在があまりにも偉大であるために、ついつい看過してしまいがちだが、よく見ると、結構味わいのある土偶さん達だ。普通の博物館だったら主役扱いを受けてもおかしくない。

顔面把手の破片も数点展示されており、吊り目美人さん系のお馴染みのお顔が並んでいた。

顔面把手が並んだ展示スペース。色々なタイプの吊り目美人さん系がある。やっぱりこの系統の頂点「究極の美」は、縄文のビーナスのお顔である。

私的には、縄文のビーナスのお顔が、吊り目美人さん系の「究極の美」なのだ。八ヶ岳縄文王国の気候が穏やかであった頃の「豊穣の美」と言い得るだろう。

これに対して、仮面の女神は、八ヶ岳の自然環境が過酷になった中で、縄文人の様々な願いを一手に引き受けた「巫女」であるように思える。「献身の美」って感じだろうか? ちょっと物悲しい雰囲気が伝わってきて、そこに魅了される。

この2体のまったく異なったオーラを放つ土偶さん達がひとつの部屋に並んでいるのが、尖石縄文考古館の素晴らしさであり、凄さでもある。

幸いなことに、八ヶ岳オフィスからは、尖石も井戸尻も車で15~20分程度の距離だ。今後もこの近場の2つの考古博物館と通勤途中にある釈迦堂遺跡博物館には、足繁く通う事になるだろう。

トリグラフ・リサーチ 稿房主
【縄文土偶探訪記】