7月12日は前に1歩踏み出す日 — 「にほんブログ村」から卒業します!

会社には様々な「記念日」がある。弊社の場合、設立記念日は11月1日、開業記念日は1月1日だ。これらに次いで重要なのが、セルフビルドオフィスの完工日である12月30日(午後4時17分)である。

11月1日は「新年度入り」を意味するので、当然ながら重要な「節目の日」となる。開業と完工日は「年末・年始」なので、暦年の切り替わりと共に自然体で迎えている。実は、もうひとつ思い入れの強い「特別な日」がある。それが今日「7月12日」なのだ。

忘れもしない2013年7月12日午前8時7分、八ヶ岳本宅の枕木駐車場前にログキットを満載した大型Unic車が到着した。そして、その後172日間(ほぼ半年)に及ぶ「オフィス・セルフビルド工事」が幕を開けたのである。

忘れもしない5年前の午前8時過ぎ、八ヶ岳オフィスのログキットが搬入された。その後、172日間に及ぶ「セルフビルド奮闘記」の幕開けだった。

ログキット部材が搬入されるのと入れ替わりで、基礎工事でお世話になったユンボが、次の現場に運ばれていった。何か新しい事を始める場合には「別れ」も同時に起こる事が多い。

私は今年の9月の誕生日で57歳になるが、これまでの人生で、振り返ってみるとこの時期が「一番濃密」であったように思う。楽しくて、充実感や達成感を得られたと同時に、辛くて逃げ出したい事も何度もあった。この辺りの経緯については「オフィス・セルフビルド回顧録(http://triglav-research.com/?page_id=20329)」にまとめている。

ログキットを敷地内に配置する作業が始まった。部材パッケージの大きさは事前の予想以上で、その迫力に驚いた事をはっきりと覚えている。

時々、ランダムに読み返すようにしているのだが、講演で全国を飛び回りながら、よくまあ、あんな無謀なチャレンジをしたものだと、我ながら感心する(呆れるかな?)。

その後、かなりの期間、枕木アプローチはログキットに占有される事になる。ログハウスセルフビルドに取り組む際の最初のポイントは「部材をしっかりと置く場所」の確保だそうだ。枕木アプローチを作っておいて良かった…

あの日から今日で、ちょうど丸5年。この間、7月12日は、弊社にとって「何か始める日」或いは「1歩前に踏み出す日」として、しっかりと機能してきた。例えば、2016年のオフィス・ウッドデッキ増設基礎工事の正式依頼をしたのもこの日である。今年の「前に1歩」が何かというと「ビジネスWebサイト」の立ち上げである。

元々、当『稿房通信』は、弊社の本業である「銀行向け調査・分析・コンサルティング事業」の一環として、銀行業界のマクロ動向に関する情報を無料で配信するWebレポートとしてスタートした。『銀行業界鳥瞰図』というのが当初の名称である。配信開始から、ほぼ2年で1,000万ビューを達成するなど、かなり人気のビジネス・ブログであったのだ(無料で情報発信したからだが…)。

だが、弊社の業務が多忙になり、業務運営の見直しをするために、2015年6月末「無期休稿宣言」をした。2016年になると、FinTech(デジタルバンキング)関連の新たな業務にも携わるようになって、さらに忙しくなってしまった。そして、そのままズルズルと丸3年も「休稿」状態を続けていたのである。

「情報が命」の調査会社(リサーチ・ハウス)が、これじゃあマズいと考えて、情報配信体制の再構築に着手したのが、今年の年初(1月1日)である。まずは、弊社の将来の富士見(地方創生)事業のために当『稿房通信』を3ヶ月間の完全休稿の後、全面的にリニューアルして情報配信をスタート。

6月からは、旧『銀行業界鳥瞰図』コンテンツの新しいビジネスサイトへの移管を密かに進めてきた。7月1日には、新『銀行業界鳥瞰図』の情報配信を再開し、途中、WordPressにログイン不能になるというトラブルもあったが、何とかビジネスWebサイトとしての最低限の体裁を整えようと作業を進めてきたのである。

そして今日7月12日、漸く、銀行関連事業のWebサイト『銀行業界鳥瞰図』と富士見事業用の『稿房通信』の2本建て情報発信体制が完成した。相互のウィジェットにリンクを貼って、正式に立ち上げとなった\(^o^)/

この間、『稿房通信』の読者層拡大のためにお世話になったのが「にほんブログ村」さんである。今年の1月21日に登録し、翌22日から『稿房通信』にバナーを設けて運用開始。お陰様で新たな読者層は着実に拡大し、本日0時の時点で、「八ヶ岳情報(参加113サイト)」では、週間IN、OUT共に第2位、「中部地域ブログ(同12,832サイト)」では、IN 第4位、OUT 第7位にランクされるに至っている。

元々、弊社は基本的に「何でも自前・そして自己完結」を行動指針とし「独善的」業務運営スタイルをその美学としてきた。加えて、昨日配信した「易きに流れるチェック(http://triglav-research.com/?p=23628)」作業で「こりゃいかん」と感じたふたつの内のひとつが、この「にほんブログ村」への依存である。

旧『銀行業界鳥瞰図』は、外部の力に一切頼らずにコンテンツの中身で読者層を拡大させた。今振り返れば、ビュー数の中には botを排除できなかった部分も含まれていると思えるが、それでも、全国を講演で訪問する度に読者数の拡大を実感できたのは確かである。

そろそろ「卒業」のタイミングだな… なんて考えていた矢先、今日7月12日がやって来た。偶然にも、今日が「にほんブログ村」のバナーを貼ってから172日目。そう、オフィス・セルフビルドに要した期間とまったく同じ日数なのだ。「卒業」と同時に「前に1歩踏み出す」絶好の機会の到来である!

そんなわけで、このブログ記事の配信を締め括りとして、「にほんブログ村」から卒業する事に決めた。

トリグラフ・リサーチ八ヶ岳稿房としての情報発信は引き続き継続するので、RSS登録(http://triglav-research.com/?feed=rss2)等をご活用いただければ幸いである。また「銀行業界」の動向にも興味をお持ちの方は、弊社のビジネスサイト『銀行業界鳥瞰図(http://triglav-research.biz/)』にもお立ち寄りいただきたい。

最後になるが、「にほんブログ村」経由で当「稿房通信」をご愛読いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

「八ヶ岳」の魅力をお伝えするために、にほんブログ村に登録しました。下記バナーをクリックして最後の応援願います!

にほんブログ村