トリグラフ八ヶ岳探検隊 —謎のスポット『49番トンネル』(中編)

「謎の49トンネル」を離れて、前日歩いたコースを忠実に逆に辿って行くと、やがて「不思議なカラス」と出会った森林エリアへと足を踏み入れた。

幸い、カラスが林の方向へ飛び去る直前の写真を目印となる朽ちた切り株と一緒に1枚撮影してあった。

1回目のお散歩で出会った「不思議なカラス」は、散歩道を右に外れた朽ちた切り株の側で立ち止まり、まるで私を待っていたかのようにして、左側の林に飛び立ったのだ

切り株は散歩コースの右脇にあったので、逆順路で歩いた場合、左側を気にすればよい。注意深く様子を見ながら歩いて行くと、進行方向前方の左手に「謎の構造物」を発見した。最初はシルエットの感じで、ポストかなと思ったのだが、こんな山中にそんなモノ有るわけないし、色も赤くはない。

散歩コースからかなり外れる事になるが、どうしても気になるので、林の中の道なき道を歩いて正体を確認に向かった。2分も要せずに到着。正面に回って見ると、ただの「元電話ボックス(残骸)」だった。ん?何でこんな場所に電話ボックスがあるんだ。まっ、イイか。

散歩道を1回目とは逆順路で歩いていたら、林の中に謎の構造物を発見。近付いてみたら「電話ボックス」の残骸であった。でも、どうしてこんな場所にあるんだ?

散歩道に戻ろうと、ショートカットコースを歩く。漸く見慣れた道に戻ったら、今度は林の中に「道標」らしき物を発見。何かと近付いてみると、枕木を鉛筆のように削って埋めてある。どうも不思議な空間である。

謎の「電話ボックス」からショートカットして散歩道に戻ると林の中に枕木を加工した道標らしき物を発見。近付いてみると、これまた不思議

この枕木の加工物の右手は急な下りの傾斜となっていた。昨日歩いた順路であれば左手側に相当し、あのカラスが飛び去ったのと同じ方向である。

耳を澄ますと遙か下の方から川が流れるような音がする。樹間を下の方に覗くと、コンクリートの柱と道らしき物が垣間見えた。あれっ?こっちにも散歩コースがあるのかな??

確かに傾斜は急だが、まったくの未整備という感じではない。むしろ、人が繰り返し通ったような気配がある。それを頼りに急傾斜を慎重に下りていくと、右手に電信柱のような物が見えてきた。さらに近付くと鉄道の「架線柱」だった。この時点で、道のように見えたのは「旧中央本線」の線路跡である事に気が付いた。

架線柱を通り過ぎてから、自分が歩いてきた道を振り返った。思ったよりも急斜面を下りてきた事にちょっと驚く。

枕木の道標らしきものの右側は急斜面。下って行くと「架線柱」を発見。写真は架線柱(写真左端のコンクリートの柱)を通り過ぎてから後を振り返って撮影したモノ。斜面が如何に急であったかに驚く。

さらに傾斜を下りていくと、やっと散歩道よりもはるかに幅のある平らな道に出た。傾斜地の反対(進行)方向には架線柱が何本か並んでおり、明らかに線路跡である。

急斜面を下りきると散歩道よりもはるかに広い「線路跡」に出た。架線柱が並んでおり、旧中央本線の跡(廃線)であるのは間違いない。

「予期せぬ場所に来ちゃったなあなんて呟きながら後を振り返った。『絶句』というのは、こんな時に使う言葉かもしれない。そこにはまた「トンネル」があったのだ

線路跡の後を振り返った瞬間「絶句」。またトンネルだ~今度のは、コンクリートではなく、スチールパイプの格子でらしき物で塞がれている。邪悪な生物の檻のようで、ハッキリ言って「超無気味」だ!

トンネルの開口部は、コンクリートで埋められてはおらず、金属製のパイプのような物で格子状に塞がれている。「邪悪な生物を閉じ込める檻」のようで無気味である。

近付くのをやめようと思ったが、位置的に、2つめに見つけた(第2の)トンネルの出口である事は間違いなさそうだ。この格子であれば、反対側の開口部の通風孔から光が射している写真が撮影できたのも辻褄が合う。

恐る恐る金属製の格子まで歩いて行って、隙間から中を覗いた。真っ暗ではないが、薄暗くて中の様子はよくわからない。仕方ない。またHX90Vで強制フラッシュ発光撮影だな

1枚目を撮影して、すぐに再生。おや?トンネルの途中が崩落して塞がっているじゃないか。だとしたら、第2のトンネルの通風孔から撮影した写真の「光」は何だったんだ。別のトンネルか??

スチール製の格子の隙間から強制フラッシュモードで内部を撮影。途中で崩落し、完全に塞がっている。だとしたら、第2のトンネルの通風孔から撮影した写真の「光」はどこから射していたのだろうか?

写真の右上の方で壁が崩落している、妙に赤っぽい色で気味が悪い。ややズームアップして、その方向を撮影。確認したら、煉瓦の色だった。

強制フラッシュモードで、トンネルの壁の崩れた部分を撮影。赤く見えたのは「煉瓦」であった。

もう一度目を凝らしてトンネル内を眺めたが、やはり光が射すような隙間はまったくない。気味が悪くなってきたので早々にトンネルを離れ、反対方向に歩いて行った。

距離にして5060m程歩くと(あくまでも大雑把なイメージ)、前方に今度は金属製の「立ち入り禁止フェンス」のような物が見えてきた。そして、その先には「赤錆びた鉄橋らしき物」が先へと伸びていた。

トンネル入り口から足早に遠ざかり、反対側に5060m程進むと、今度は立ち入り禁止のフェンスがあった。その先には、鉄橋らしき構造物が見える。「旧立場川橋梁」である事に気が付いた。

えっ。これが「旧立場川橋梁(たつばがわきょうりょう)か?こんなすぐ近くにあるのか?」絶句の次は『驚愕』だった。

極度の高所恐怖症である私は、近寄りたくもない構造物であるが、折角ここまで来たので、フェンス手前50cm程まで近寄って写真撮影。「もうボロボロじゃないかこれ崩れないのか?」

高所恐怖症の私が、立ち入り禁止フェンスに近付いて橋梁の線路跡を撮影。ボロボロで、とても渡れそうな状態ではない。立ち入り禁止は当然である!

さらに勇気を振り絞って、フェンスの左手下方からズームアップして橋梁部分を写真撮影。赤錆の浮いた構造物特有の「朽ちたもの悲しさ」が伝わってきた。

旧立場川橋梁の立ち入り禁止フェンスの脇から橋梁を撮影。赤く錆びて「朽ちた雰囲気」が伝わってくる。これって、地震や台風で崩壊するんじゃないか?

さらに急斜面を下って、橋梁部全体を撮影しようと試みたが、鉄橋は私が予想していたよりも長い。そして恐ろしい程の高さがある。

旧立場川橋梁脇の斜面をさらに下り、橋梁の全体を撮影しようとしたが、その長さと高さに驚く。だが、橋梁の対面側の道路を車が走っているのが見えた。な~んだ、D4で反対側を見に行けばいいじゃないか。即座に「撤収」決定!

ふと、斜面から鉄橋の対面側を眺めると自動車が走っているのが見えた。「な~んだ反対側は車で近付いて見えるのか」と思ったら、これ以上無理をして写真撮影するのが急にアホらしくなってきた。

この「合理的な諦めのよさ(=根性無し)」で、私はこれまでの人生を要領よく生き延びてきたのだ。躊躇なく「撤収」を決め、下ってきた急斜面を今度は四苦八苦しながら上ったのである。

斜面を3分の2程登ったところで、さすがに息が切れてきた。すると下りの際には気が付かなかったが、右手の方にもう少し緩やかな「迂回路」のようなものを見つけた。その道を3-4分歩くと、急に目の前が開けて散歩道に出た。

目の前には「朽ちた切り株」のようなものがある。「これ見覚えがあるぞ」と瞬間閃いて写真撮影。iPhone Xを取り出して照合すると、「カラスが林に向かって飛び立った切り株」に間違いなさそうだ。

迂回路らしき道を歩いて斜面を上ったら、散歩道に戻った。目の前には見覚えのある「朽ちた切り株」があった。1枚目の写真と比較したら、どう見ても同じ。そう「不思議なカラス」が飛び立った切り株だった。

「な~んだ、あのカラスは、旧立場川橋梁を案内したかったのか」と妙に納得。正直、拍子抜けしてしまった。要は、旧立場川橋梁の案内人(鳥)ね!

その後は、散歩コースから外れる事なくD4が待つ駐車場に直行。エンジンボタンを押して、時計を見たらちょうど10時。長く感じたが、所詮はたった1時間の「小探検」であった。

さあ、続いてD4で、旧立場川橋梁の全景を眺めに行こう!

「八ヶ岳」の魅力をお伝えするために、にほんブログ村に登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村