八ヶ岳を離れて19日目 「禁断症状」の発症と「多忙な春」の到来

今日で八ヶ岳を離れてもう19日目。八ヶ岳オフィス完工以降のワースト記録に近付きつつある。そして、遂に『禁断症状』が出てきた。

今朝、目覚めたら、目、鼻、耳、喉が熱を持ったかのような感覚を覚えた。そして、痒い。おそらく粘膜がひどい炎症を起こしているに違いない。鏡を見たら目が真っ赤に充血していた。そしてクシャミが止まらなくなった。八ヶ岳をあまりにも長く離れたため、体の抵抗力が落ちてきたのであろう。この症状は「ウィルス性出血熱」に近い。エボラか? マールブルグか??

弊社は役職員が伝染性の疾病に感染・発症した恐れがある時は、リスク管理上、直ちに上席者に報告する事となっている。代表取締役である私の場合は「社主さま(家内)」である。マニュアルの手順に沿って、すぐに家内に症状や発症時期を報告した。すると即座に「花粉症でしょ!昨晩、薬を飲み忘れたんじゃないの。」という冷徹な判断が下された。

慌てて、自宅書斎の机上のピルボックス(1週間分の薬やサプリがしっかりと用意してある)を確認したら、ちょうど昨晩飲む分がそのまま残っていた。

これは、トップマネジメントの的確な判断で、会社が混乱状態(小鉢男の病気に罹ったぞシンドローム)に陥る事を事前に回避した希有な事例である!会社経営における「経営者の資質」の大切さを学んだ。

落ち着きを取り戻したところで、カメラ一発で今朝のオフィスの状況を確認。

3月22日の大雪から1週間超が経過。30cm位積もった雪は、その後の2日間程でほとんど解けてしまった。これで「2年連続雪掻き無し」となる公算がさらに高まった。メインウッドデッキには朝陽が降り注いでいる。今日も八ヶ岳は快晴なのだろう!

3月22日に30cm程度積もった雪(写真左側)は、その後2日程で見事に解けてしまった(写真右側)。まだ油断は禁物だが、どうやら「2年連続の雪掻き無し」となりそうだ。

今朝も八ヶ岳は快晴のようで、メインウッドデッキには朝陽が降り注いでいる(写真右下)。もう少しすると、オフィスのウッドデッキにも朝陽が射し始めるだろう。八ヶ岳滞在中であれば、マシン・ウォーキングを終えて、トリグラフ流ダイエットの定番モーニングを食している頃だな。

次回出社時に、ガーデンベッドとテーブルをオフィスの地下室から出しても良いだろう。そろそろ鹿さん達との「ホスタ防衛戦」http://triglav-research.com/?p=15533)の準備もしなければならないな… 鹿さんとの戦いは「先手必勝」だ。「結界石」の在庫はまだあったかな?と、次から次へと八ヶ岳での To do リストの項目が増えて行く。

八ヶ岳の『多忙な春』の到来である!

「八ヶ岳」の魅力をお伝えするために、にほんブログ村に登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村