目覚めると、そこは『雪国』だった…

今朝は6時半前に起床。新聞やメールをチェックした後、朝のWalkingをマシンで終えた。この時点で時間は7時半を回ったところ。

ルーバーだけ半開にしてあったオフィス デスク前のブラインドを引き上げてビックリ。敷地内は一面雪に覆われ、そこは『雪国』だった。

トリグラフ八ヶ岳西麓気象観測所の外気温計はマイナス3.9℃を表示。時系列データをチェックすると7時前にはマイナス5℃まで低下していた事が判明。夜半から朝方に掛けて、雨が雪に変わったのだろう。

この八ヶ岳の「気紛れな天候変化」をお伝えするには、文章よりも写真の方が説得力があるだろう。題して『目覚めたら雪国10景』

まずは、昨日の「濃い霧」の写真と同アングルの状況。財産区林は「真っ白」に…

本宅もオフィス周辺も「真っ白」

敷地脇の町道もどん詰まりのロータリーも「真っ白」

当然ながら、D4も「真っ白」

オフィスの屋根も「真っ白」

枕木テラスもスロープも「真っ白」

当たり前だが、メインウッドデッキも「真っ白」

オフィスのウッドデッキも「真っ白」。手摺りの積雪量は4.5cm。

完全に雪解けしていたお庭も見事に全面「真っ白」

最後に、敷地の隅のツリーハウス建設予定地も「真っ白」

やっぱり「一雨ごとに春が近付く」なんて言葉は、気紛れな八ヶ岳の自然環境の中では安易に使ってはならないと実感。

Winter is coming back.

「八ヶ岳」の魅力をお伝えするために、にほんブログ村に登録しました。下記バナーをクリックして応援願います!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ
にほんブログ村