「雨の八ヶ岳」も悪くない…

昨日の内に八ヶ岳オフィスに出社し、これから数日間は山籠もり作業だ。

年明けから相次いで公表されている11月、12月の銀行マクロ統計をアップデートしていたら「銀行アナリスト」としての心にちょっとした「さざ波」が立ってきた。マイナス金利政策導入以降、同じような形状を描いていた旧『銀行業界鳥瞰図』お馴染みのグラフが一斉に変化を示し始めてきたのだ。

まだ、アラートと言える程のモノではないが、銀行アナリスト稼業も丸30年目に突入しており「勘」のようなものが働き出すのだ。こういうザワザワ感が、振り返ってみると「重要な局面変化のシグナル」であったという事を何回も経験している。それにしても、ストックベースの貸出約定金利(総合)が、9月 0.955%⇒10月 0.955%⇒11月 0.954%と横這ってきたのは意外だった。こんなデータを見るのは2007年以来かな? それも、カードローンの伸びが一気に低下した局面なので、余計に面白い…

おっと、いけない。『稿房通信』では、銀行ネタは御法度だった。銀行ネタについては、復活に向けて準備最終局面を迎えている(と言っても、まだ1ヵ月以上は要すると思うが)『銀行業界鳥瞰図(頑張れ!日本の地域銀行)』のためにキープしておかなくちゃ駄目だった。新『銀行業界鳥瞰図』は、色々な意味で「限定」の多いビジネスWebサイトになるが、『稿房通信』で使っている WordPressではなく、weeblyで作成しているので、また違った雰囲気を楽しめると思う。

ここから本題⇒ 今朝は6時過ぎに起床。オフィス内の温湿度計を見たら。室温は21.6℃と快適だが、湿度はなんと10%。カラカラじゃないか。まずい、空気清浄機の加湿用水タンクが空っぽだったと慌てて給水。

オフィス内の温湿度計(netatomoではない普通のやつ)。さすがに湿度10%はマズいよな…

が、庭に出たら、本当に静かに小雨が降っていた。外気温は4.7℃と暖かいので、雪は相変わらずまったく無い。まっ、こんなしっとり感なら、雨の八ヶ岳も悪くないな…

オフィス敷地内に相変わらず雪はまったくない。本当に静かに雨が降っている。こんなシットリ感も悪くない。今日のBGMは、George Winstonの Forestで決まりだな。

そうだ、社主さまから、リースをお正月用から、これからのシーズン(真冬)用に付け替えておくよう指示があったんだ。と、八ヶ岳オフィス敷地内で拾った松ぼっくり等をベースとした社主さま手造りのリースをオフィスドアで掛け替える。

社主さまの指示で、オフィスドアのリースを交換。こっちがお正月用。弊社社主は、プロテニスプレイヤーであると同時に、リース作家であり、凄腕の屋根貼り職人だ。

で、こっちがこれからの季節(真冬)用。なんで?は禁句。「上司に絶対服従」が弊社の長き伝統である。

「ん? なんで前のがお正月用で、新しいのが真冬用なんだ?? よくわからないぞ。」などと疑問を抱くのは禁物である。弊社社是が『伊達と酔狂』である事を読者諸氏はご存じと思うが、コーポレートカルチャーの筆頭に来るのは『上司(社主さま)への絶対服従』なのだ。