Site renewal 工事進行中 ①常設写真ギャラリーを「国宝&国指定重要文化財土偶さん」に変更

7月1ヵ月をかけて「稿房通信の第二本業(趣味)サイト」としての充実度・完成度を一気に高めると宣言し、2日には新コンテンツ【鳥と樹の家】を立ち上げた。さあ、これから何をしよう?

サイトのリニューアルと言っても、外部業者に委託するのではなく、すべて社長でもある私が対応する事になる。これまでがそうだったし、これからもそうである。

だが、残念ながら「本業(銀行向け調査・分析・助言業務を生業とする吟遊詩人だったような気がする..)」が超多忙で、割ける時間なんてほとんどない。新幹線での移動時間やホテル滞在時間を使う事になるだろう。結局「小ネタの積み重ね」だよね…

そんなわけで「小ネタ第1弾」として写真ギャラリーの変更を試みた。これまでも写真ギャラリーはあったのだが、ご登場いただく土偶さん達の選択に基準はなく、しかも、Season 2の途中で更新をストップしてしまったため「脈絡のないコンテンツ」として放置状態だったのだ。「楽しいか否か? お洒落か否か?」を物事の判断基準とするトリグラフ・リサーチ(と言うか私)としては「汚点」のような存在である。

そんなわけで「常設写真ギャラリ-」には、国宝土偶5体、国指定重要文化財土偶13体(計18体)の内、私が実物にご対面して、自身で撮影した写真(16体16枚)を掲載する事とした。

国指定重要文化財土偶さんの内、未対面は2体。1体は「山形県最上郡真室川町大字釜渕字五郎前出土」の土偶さんで「正源寺」というお寺さんが所蔵している。こちらは、山形県立博物館探訪時(http://triglav-research.com/?page_id=8144)にレプリカにご対面しているので、何となく肌触り感のようなものがある。だが、実物へのアプローチ方法はまだわかっていない。

こちらが山形県立博物館でご対面した国指定重要文化財土偶さんのレプリカ。山形県最上郡真室川町大字釜渕字五郎前出土で「正源寺」さん所有。実物にご対面するためにお寺に直接連絡してみようかな?それとも、今度訪問した際に、山形銀行の方にご紹介をお願いしようかな…

残る1体は「神奈川県足柄上郡大井町大字山田字中屋敷出土」出土の土偶さんだ。こちらは「個人所有」。写真で見た事はあるが、レプリカすら対面が叶っていない。そもそも収蔵先もまったく不明である。

「常設写真ギャラリーに18体すべてが並ぶのはいつの日になるのだろうか?」ってな事を考えながら、小ネタリニューアル工事第1弾は無事に完了!

国宝&国指定重要文化財以外の土偶さんは、どのようにご登場願おうかな?? 方法わからんが、ランダムなスライド表示がお洒落だな…

トリグラフ・リサーチ稿房主
【縄文土偶探訪記】