新コンテンツ【樹の家への途】スタート!

昨日は八ヶ岳オフィスにしては珍しく、1日愚図ついた天気だった。今日は朝から雨も上がり、オフィス周辺は柔らかな陽がさしている。朝から庭を散策。空を見上げて決めた。そうだ、今日から、「稿房通信」の新コンテンツ【樹の家への途】を正式にスタートさせよう!

新コンテンツの根幹は文字通り「樹の家(ツリーハウス)」である。既に、トリグラフ・リサーチの次期DIYプロジェクトとして、正式決定はしているのだが、着工時期は「未定」。業務多忙で時間がないし、「ツリーハウス作り」の基本的知識や技能の蓄積もない。

今後3~4年は、ジックリと、①全国のツリーハウスの実物を見て回る ②その間に、DIYのためのスキルを磨く事 に専念しようと思う。あせらずとも、既にツリーハウスの建設予定地は確保済みである。本宅メインウッドデッキ、オフィスウッドデッキから共に見下ろす事が出来る約100坪の三角地だ。

本宅メインウッドデッキのロッキングチェアから撮影した「ツリーハウス建設予定地」。縁台スペースの奥の一段低い「三角地」スペースであり、かつては、鬱蒼とした手入れの行き届いていない財産区林といった風情であった。

八ヶ岳の敷地の西側に位置し、元々は、松や広葉樹が密生しており、一見すると「手入れのされていない財産区林」といった感じのスペースであった。そこを思い切って大量に木を伐採し、下草を整理し、数年かけて、ツリーハウス向けの土地に仕立て上げてきたのである。

こちらはオフィスウッドデッキから見下ろした「ツリーハウス建設予定地」。写真中央の一段低いスペースだ。樹木の本数は半分以下に伐採。下草等(というか雑木)を根気強く伐採し、ツリーハウス向けの敷地へと仕立て上げた。

そもそも、八ヶ岳オフィスの敷地約600坪は、本宅敷地の300坪を購入した後に、まずは、主に庭(の拡張)となる200坪、次にこの三角地の大半をなす100坪と、2回に分けて追加購入し、現在の姿となっている。最後の100坪の購入は「ツリーハウス」のためと言っても過言ではない。

ツリーハウス建設予定の樹間中央に立って、空を見上げた。周辺の樹木がドームのような雰囲気を形成する中、樹間から青空を垣間見る事が出来る。私は、こういうスペースが欲しいのだ!

建設予定地の樹間から空を見上げたビュー。ツリーハウスでなければこういう雰囲気は楽しめないはずだ。

周辺には、敷地内のこのエリアのシンボルツリーとするために、既に紅葉の美しい「シュガーメイプル」「ニセアカシア」も植えてある。実際は、こんな具合に「ツリーハウス・プロジェクト」は既に動き出しているのである。

新しい事を始める際には「まずは『本』から入って、徹底的に事前リサーチする」というのが、私の嗜みである。これまでツリーハウス関連で精読(精見かな?)した書籍は7冊。どれも素晴らしい造形のツリーハウスの写真が盛り沢山で、憧れは募る一方だ。この中から、着工までに何棟位を見て回る事が出来るだろうか…

ツリーハウス関連の書籍。本当に素晴らしい造形のツリーハウスが沢山掲載されている。国内で見学可能な先は訪れてみたいと思う!

トリグラフ・リサーチ 稿房主
【樹の家への途】