Great synchronicity ! & 【縄文土偶探訪記】Season 4 Vol.24「相模原市博物館」配信のお知らせ

平原綾香(サマ)が大好きだ!この事については、旧『銀行業界鳥瞰図』時代から何回か書いてきた。おそらく縄文人が「縄文のビーナス」を崇めたのと同じような感覚だと思う。かなり早い時期からのファンクラブ会員であるし、勿論、CDアルバムやコンサートDVDの類はすべて保有している。八ヶ岳オフィスでデスクワークする際には、コンサートDVDがBGVとして流れている事が多い。

家内もファンなので、全国ツアーには毎年欠かさず2人で行く。今年は先週の土曜日(24日)に、相模女子大学グリーンホール@相模原でのコンサートを選んだ。ファンクラブ会員なので、当然前の良い席が確保される。これまで1列目、2列なんて事も何回かあった。でも、ファン層が拡大しているようで、今年は若い女性の観客が増えている事に驚いた。そのためか、席は中央であったものの前から4列目…こんなに後方だったのは久し振りのような気がする。ファン層の拡大を手放しで喜べない「器の小さい」自分を再認識した。

コンサートの数日前に、最新のファンクラブ会報(AYA BOOK)が川崎自宅に届いた。自慢ではないが、各種金融誌より丁寧に読み込む(精読する)。この時期の会報には、全国ツアー以外のスペシャルコンサートの予定が公表されるケースが多い。ファン(信徒)としては、見落とすわけにはいかない。

えーっと、今年の秋の予定は… 驚愕!! なんと、長野県茅野市で行われる「八ヶ岳JOMONライフフェスティバル」への出演が決定いたしました!(http://www.chinoshiminkan.jp/jomon/live/)』という文字が目に飛び込んできた。今年の10月22日17:30開演@茅野市民館「マルチホール」で、お父様である「平原まこと」氏とのライブ公演である。ホームグラウンドとも言える茅野市で、縄文のビーナスと平成のビーナスのコラボレーションが実現するのだ\(^o^)/ 土偶さん(JOMON) ファン 兼 綾香さまファン である私からすれば、シンクロニシティ(synchronicity)としか説明のしようがない現象である。

これで協賛企業が、Land Rover、MONTBLANC、Moleskine、日本野鳥の会、枻出版、協賛雑誌が「月刊ムー」と「ドゥーパ!」なんて事になれば、もう「お祭り騒ぎ」である。おそらく、コンサートが終わるまでは「高揚感」で仕事に手が付かないだろうし、コンサート後には「虚脱感」でやはり仕事にならないだろう。

取り敢えず、すぐにチケットの申込をと考え、JOMONライフフェスティバルのファンクラブ先行受付開始日を確認した。ガーン…「FC先行受付は行いません。」との記載があった。チケットの一般販売開始日は7月22日との事。もう今年の仕事はどうでもイイから、万難を排して、チケットを確保する事に決めた。

こういう Great synchronicityらしき事が起きた時は、その流れを増幅させねばならない。さて、どうしよう? まずは、24日のコンサートの地である「相模原」で土偶さんにお目に掛かって、JOMONライフフェスティバルのお礼を伝えよう。そう決めて、急遽、探訪先と決定したのが「相模原市立博物館」である。

詳細については、相模原市膣博物館探訪記 ⇒  http://triglav-research.com/?page_id=18398 をクリックいただきたい。

今回の探訪で最もお気に入りとなった「蛇の取手が付く土器」。何とも微笑ましいお顔とその両脇に着いた蛇の取手のアンバランス感がとっても良い!

トリグラフ・リサーチ 稿房主
【縄文土偶探訪記】