【縄文土偶探訪記】Season 2 蔵出し作業 ⑦「じょーもぴあ宮畑」

【縄文土偶探訪記】Season 2 後半戦蔵出し作業の第7館目は「じょーもぴあ宮畑」。家内、長男、三男を伴った(に伴われた?)2泊3日の福島・那須旅行の初日である2015年9月22日が探訪日。第1回目の訪問である。こちらの展示館「じょいもん」には、国指定重要文化財である「しゃがむ土偶」さんが展示されている。

これまで何回かご対面にチャレンジしたのだが、収蔵・展示博物館が不祥で、私からすると『幻の土偶さん』であった。「じょーもぴあ宮畑」が2015年8月にオープンし、ここに正式に収蔵・展示される事が判明し、今回の探訪に至った。

詳細については、じょーもぴあ宮畑探訪記 ⇒ http://triglav-research.com/?page_id=18074 をクリックいただきたい。

土偶さん単体として「国宝」指定されているのは5体、「国指定重要文化財」指定は13体である。合わせてもわずか18体。「しゃがむ土偶」さんは、その内の1体であり、やはり発するオーラが半端ではない!

国指定重要文化財「しゃがむ土偶さん」のアップ写真。「哲学者」のようなオーラを発していると私は感じた!

トリグラフ・リサーチ 稿房主
【縄文土偶探訪記】